本を読む

読書やコンピュータなどに関するメモ

「本当はブラックな江戸時代」

本当はブラックな江戸時代
永井 義男
辰巳出版
売り上げランキング: 8,547

 人間は極端から極端に走りやすいもので、「いままでAと言われていたが、実はBだ」という説が出ると、一気にBに走りがちだ。健康情報とか、人物評とか。

 江戸時代についても、古くて非合理な時代という認識だったのが、江戸は実はそれなりに進んだ都市だったらしいという説が出ると、一気に「江戸はユートピア」のような声も出てくる。

 本書はそれに反論して、江戸社会の悪い部分を取り上げている本。まあ実際には本書でも書かれているように、同時代の他国より進んでいた部分がある(ヴェルサイユ宮殿の庭が糞尿だらけだったという時代)が、現代から見ると遅れているわけで。いい面と悪い面を合わせてバランスをとって解釈するのがいいと思う。あと、「エコな社会というより、物が高かったのでリサイクルが進んだだけ」というのは、まあそれは別にいいんじゃないかと思った。

 本書で取り上げられているブラックな江戸時代からいくつか。

  • 住み込み奉公での休日は年2日
  • 大店で31年間に326人が辞職したうち、病気で郷里に帰ったのが82人、死亡が64人、出奔が44人、解雇が26人
  • 通り魔殺人は多かった。動機として「生きた人間を槍で突いてみたかった」と、現代の通り魔殺人と似たような供述も
  • 窃盗でもすぐ死罪になるので、かえって届け出のない犯罪が多かった
  • 鮮魚を食べて当たっても普通
  • 便所は汲み取りだし生ゴミのビニール袋もないしで、長屋は悪臭
  • 声がつつぬけの長屋でも孤独死
  • 武士でも文盲多し
  • 幕末のイギリス人外交官アーネスト・サトウいわく「大名は権力もなく、知能の程度は水準をはるかに下回っている」

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://emasaka.blog65.fc2.com/tb.php/1355-f475c1a2

 | HOME | 

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

emasaka

emasaka

フリーター。
連絡先はこのへん

Monthly