本を読む

読書やコンピュータなどに関するメモ

「信長の忍び」1〜10巻

信長の忍び 1 (ジェッツコミックス)
重野 なおき
白泉社 (2009-06-29)
売り上げランキング: 3,685

 評判いいらしいと聞いていたけど、アニメ化したのをきっかけに読んでみた。まずは1巻を読んだら、いま最新刊の10巻まで一気に読んでしまった。

 織田信長を中心に戦国の人達をデフォルメしてキャラを強調し、かわいいキャラで、4コマギャグまんがにしている。ただし、4コマ完結ではなくて、どんどんストーリーが続いていくタイプの4コマだ。印象的かつ盛りすぎないキャラが、けっこう史実や最新の説をふまえたストーリと組み合わさって、物語として読ませる。たとえば、信長が下戸で甘党という設定が何度もネタになっているけど、これはそういう説をふまえてのことらしい(諸説あるらしいけど)。

 主人公が子供っぽい天才女忍者で、全体のトーンは朗らかだし、各人物は良いところを描く方針になっている。たとえば、松永弾正はチョイワルおやじ武将だし、斎藤龍興や朝倉義景は愚かなんだか賢いんだかわからない武将として登場する。とはいえ、比叡山焼き討ちとかのヘビーなエピソードも描き込まれている。

 というわけで、自分の中では「風雲児たち」と同じカテゴリーに入った(異論は認める)。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://emasaka.blog65.fc2.com/tb.php/1343-03cac899

 | HOME | 

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

emasaka

emasaka

フリーター。
連絡先はこのへん

Monthly


FC2Ad