本を読む

読書やコンピュータなどに関するメモ

「俺と悪魔のブルーズ」3巻

 平本アキラが、ヘタレ黒人のRJとチンピラのクライドを主人公に、狂気と幻想と不条理と暴力とブルーズを描くマンガ。

 この巻では音楽の要素がほとんどなくて、かわりに不条理な暴力と狂気が全体を支配している。でもそれもまたブルーズかも。

 なんつーか、すげーですよ、このマンガ。

俺と悪魔のブルーズ 3 (3)
平本 アキラ
講談社 (2006/07/21)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://emasaka.blog65.fc2.com/tb.php/133-fb2a046a

「俺と悪魔のブルーズ 3巻」

リンチ間近の<禁酒の町>クライドが屋敷の地下で見たものは!? 最近ずーっと「ロバート・ジョンソン」ばっかり聴いている・・・。さて第3巻。RJはずっと牢屋に入ったままだ。このマンガが載っている雑誌「アフタヌーン」は月刊誌だから、単行本は半年に1冊しかで

 | HOME | 

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

emasaka

emasaka

フリーター。
連絡先はこのへん

Monthly


FC2Ad