本を読む

読書やコンピュータなどに関するメモ

「ドロファイター」全7巻

ドロファイター(1) (少年サンデーコミックス)
小学館 (2013-06-04)
売り上げランキング: 125,436

 大昔に少年マンガ雑誌で見てたマンガで「兄と妹とメカマニアの3人が、アメリカ横断キャノンボールレースに出走する」「コワモテの警官が道路マニアを無理矢理相棒にして追いかけてくる」「レースの名前が“55(ダブルニッケル)レース”」という話を思い出した。で、ググってみたら「ドロファイター」だとわかり、しかも電子書籍で販売されていたので、さっそく買って全巻を読み返してみた。インターネット便利。

 ちなみに、映画「キャノンボール」が1981年公開、本作がWikipediaによると1979〜1981年連載だから、こちらのほうが時期が早い。

 さてこのマンガでは、キャノンボールだけじゃなくて、ミゼットカーレースにドラッグレース(トップフューエル)、オフロードレース、ストックカーレースと、いかにもアメリカンなカーレースが次々と登場する。で、異父兄妹が貧乏旅をしながら転戦し、車主を見つけて出場するという設定だ。いずれも、今でも日本では知名度が低い競技だけど、1970年代にはもっと知られてなかったなあ。

 ストーリーは単純明快で、日系ながら巨漢な主人公がアメリカンドリームを夢みて、怪力と気合いと腕で豪快にピンチを切り抜けていく熱血ストーリーだ。

 あ、そうそう、作者は「赤いペガサス」「JIN-仁-」などの村上もとか氏。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://emasaka.blog65.fc2.com/tb.php/1327-6ac153f8

 | HOME | 

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

emasaka

emasaka

フリーター。
連絡先はこのへん

Monthly


FC2Ad