本を読む

読書やコンピュータなどに関するメモ

「決戦! 本能寺」

決戦!本能寺
決戦!本能寺
posted with amazlet at 16.01.11
葉室 麟 冲方 丁 伊東 潤 宮本 昌孝 天野 純希 矢野 隆 木下 昌輝
講談社
売り上げランキング: 8,314

 「決戦! 関ヶ原」「決戦! 大坂城」に続いて、いまイキのいい歴史小説家が1つのテーマでそれぞれ別の人物を主人公とした短編を競作するシリーズに、第3段として本能寺編が登場した。

 どの作者も織田信長を主人公にしないところが、このシリーズらしいヒネりで楽しい。それぞれの主人公から見た、織田信長像と、信長をとりまくさまざまな思惑を描いている。

 以下、ネタばれアリアリで。

 歴史に詳しくない私には明智光秀の軍のイメージってなかったんだけど、織田信長の下で活躍していたんだから弱いわけがない。葉室麟「鷹、翔ける」は、その明智衆の斎藤利三(内蔵助)を主人公にした作品だ。野望を胸に秘めた細川幽斎を主人公にした木下昌輝の「幽斎の悪采」でも、斎藤内蔵助をはじめとする明智衆の姿がエピソードとして描かれている。

 また、明智光秀本人を主人公にした作品が冲方丁の「純白き鬼札」だ。それにしても、光秀の「キンカン」という呼び名が、外見でなく語呂あわせだったとは知らなかった。

 イメージといえば、矢野隆の「焔の首級」は、森乱丸(蘭丸)が主人公。武人のイメージがなかったけど、やはり武功のある家の出身なのだよな。

 本能寺の変がなぜ起こったかの謎を、伊東潤の「覇王の血」は、信長の子の一人である織田信房の目から解く。

 本書では秀吉も名前ぐらいしか出てこない。その一方、徳川家康については、宮本昌孝の「水魚の心」が、幼少期から家康が見てきた信長との関係を描く。また、秀吉は出ないけど、商人の島井宗室を主人公とした天野純希の「宗室の器」では、千利休が印象的に登場している。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://emasaka.blog65.fc2.com/tb.php/1322-ffa4261c

 | HOME | 

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

emasaka

emasaka

フリーター。
連絡先はこのへん

Monthly


FC2Ad