本を読む

読書やコンピュータなどに関するメモ

「映画は中国を目指す」

映画は中国を目指す (映画秘宝collection)
中根 研一
洋泉社
売り上げランキング: 151,172

 映画「トランスフォーマー/ロストエイジ」には、中国の舞台や商品などが全面的に登場した。「パシフィック・リム」も、香港に基地があった。「アイアンマン3」でも、中国の事物を登場させたほか、中国の登場人物やシーンを増やした中国版が作られた。

 このように、最近ではハリウッドが中国市場の“爆視”を狙って作品を作っていると、本書をはじめしばしば言われる。その爆視の対象は、ダントツで、VFXなどの特殊効果をふんだんに使った実写SF娯楽巨編に偏っているという。別の本だが「マリファナも銃もバカもOKの国」によると、それによってハリウッド側でも制作する作品傾向が変わっているとか。

 日本の作品でいうと「ウルトラマン」シリーズ、特に平成三部作がずっと人気があるそうで、本書によると、しまいには首相が「孫がウルトラマンをよく見ているが、中国作品も見てもらいたい」と発言したとか。で、政治家と愛国者はウルトラマンを日本叩きの対象としたが、子供と特撮好きはそんなの関係なくウルトラマンシリーズのファンで、サモ・ハン・キンポーも「出演したい」と言っていたとか。「パシフィック・リム」が中国でヒットしたのも、そのあたりが下地になっているのかもしれないと本書はいう。

 また、アクション好みの中国市場には珍しく「ドラえもん」が長年大人気だとか。3代続きのファンもいて、「STAND BY ME ドラえもん」が大ヒット。中国で上映された日本映画として過去最高の売り上げとなったという。

 というように、中国市場へのハリウッドの接近や、日本の特撮・アニメ作品の中国市場での業績、あるいは中国製の特撮作品などを、本書では紹介している。さて、この世界経済情勢の中、これからどうなるか(成り注)。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://emasaka.blog65.fc2.com/tb.php/1311-41b8c1b9

 | HOME | 

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

emasaka

emasaka

フリーター。
連絡先はこのへん

Monthly


FC2Ad