本を読む

読書やコンピュータなどに関するメモ

「できるPRO Red Hat Enterprise Linux 7」

できるPRO Red Hat Enterprise Linux 7 (できるPROシリーズ)
平 初 できるシリーズ編集部
インプレス
売り上げランキング: 29,272

 編集のお手伝いをした書籍が、6/25に発売になるので、宣伝です。早売りの店では、6/24から並ぶかと思います。

 図解をまじえた入門書シリーズ「できるPRO」で、Red Hat Enterprise Linux(RHEL)7の解説書の登場です。最終的に、RHEL 7.1で動作確認をしています。

 著者は、レッドハットのクラウドエバンジェリストのたいらはじめさん。執筆依頼では、「新人エンジニアや学生さんを対象に、1日コースのハンズオンセミナーをするような内容」とリクエストしました。そのとおり、順を追って体験できるようにわかりやすく書いていただきました。いやー、レッドハットのハンズオンを3,000円前後で誌上体験できる(しかも好きなだけ何度も)というのは、ありがたいですね。

 メインは「Linuxの入門」ですが、Linux経験者にとっても「RHELの入門」や「RHEL 7の入門」として役立つのではないかと思います。たとえば、Red Hatのサブスクリプションの考え方や使い方などは、RHEL以外のLinux入門書では出てこない内容です。また、RHEL 7では以前とはいろいろ管理体系が変わっています。systemdやfirewalldでのシステムの正しい操作方法も、ネットで断片的な情報を見ていても案外知らないことがあったりするものです。

 最後は、KVMやDockerまで扱っています。Dockerについては、Red Hat独自のDockerレジストリを有効にしてRHELコンテナを動かします。

 ただし、ハンズオンセミナーとして体験するという目的を優先したため、本書はいくつものサービスを実用的に構築して運用するだけの知識を詰め込むという目的は重視していません。著者も「まえがき」で書いているように、本書で体験した知識をベースとして、新しい知識を学習していっていただければと思います。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://emasaka.blog65.fc2.com/tb.php/1300-813e28b5

 | HOME | 

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

emasaka

emasaka

フリーター。
連絡先はこのへん

Monthly


FC2Ad