本を読む

読書やコンピュータなどに関するメモ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「アカマイ―知られざるインターネットの巨人」

アカマイ―知られざるインターネットの巨人 (角川EPUB選書)
小川 晃通
KADOKAWA
売り上げランキング: 8,174

 「geekなページ」の“あきみち”(geekpage)さんが、一般向けの新書っぽい感じで、Akamaiについてその基礎となるインターネット技術とあわせて解説している本。一般向けといっても、そこは技術的な解説がしっかりしていて、ルーティングやDNS、TCP、海底ケーブルなどのしくみを説明しながら、それをふまえてAkamai自身を説明している。最近、CloudFlareのブログでちょっと話題にのぼった、トランジットとピアリングとかもね。

 もちろんAkamaiのいろいろなサービスについても解説されている。単純なCDNサービスがコモディティ化して収益性が低く、SuperRouteなどのWebパフォーマンス系事業が大きくなっている、といったビジネス面も含めて。AkamaiとGoogle、Equinixが同じ年に設立された、というトリビアも。

 そうしたAkamaiの変化からインターネット全体の変化についても考察しているのも特徴だ。ハイパージャイアンツとか、インターネットの中立性とか。全体のノリとか視点は、「インターネットのカタチ」と同じ路線。非エンジニア以外に、「アカマイ? ああ、CDNね」という非ネットワーク屋なエンジニアにも参考になるのではなかろうか。

 というわけで、出張の移動中にさくっと読んだ。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://emasaka.blog65.fc2.com/tb.php/1258-85223c4d

 | HOME | 

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

emasaka

emasaka

フリーター。
連絡先はこのへん

Monthly


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。