本を読む

読書やコンピュータなどに関するメモ

第112回カーネル読書会に参加

 Linuxカーネルとその周辺関する勉強会の第111回カーネル読書会に参加してきました。

 今回は、よしおかさんのOSCONのレポートと、楽天の方によるOpenStackの話でした。

LT(組み込みの人さん)

 飛び入りLT。ハンドル名どおり組み込み屋の人がDockerの話を聞いて、chrootみたいなものだろうと思っていたけど、実際に触ってみたら手軽で便利だったという話でした。

「OSCON 2014, trip report」(よしおかさん)

 オライリーのイベント「OSCON」に参加した報告。参加者が3,000〜4,000人ぐらいで、日曜〜木曜の5日間。最初の2日間がチュートリアル中心で、残りの3日がそれぞれのセッションだったそうです。年齢層は幅広く、中学生によるキーノートもあったとか。

 技術ハンズオンからコミュニティ運営までいろいろなセッションが紹介されたほか、スライドが15秒間隔で自動的に送られるLTイベント「Ignite」とか、ジョギング大会とかのレポートもありました。

 ちなみに、開催地のポートランドなどオレゴン州はUSAの地ビールの名産地だそうで、会場近くの公園でもビール祭をやっていたとのことでした。

「OpenStack, Hacking, Community」(Sasakiさん、Makigakiさん)

 楽天のSasakiさんとMakigakiさんによる、OpenStackの話。Sasakiさんが、楽天で使うためにソースをいじった話、MakigakiさんがOpenStack開発コミュニティの紹介でした。

 まずSasakiさんの話。楽天では、Hadoopや一部データベースを除いてほとんどのサーバーが仮想化されているとのこと。現在VMware vSphereベースで独自のクラウド管理基盤を使っていて、それをOpenStackに移行する予定。2月ぐらいからOpenStackを検討して、まだ開発環境のみだが、11個のデータセンターに順次OpenStackを入れていくとのことでした。

 いろいろ問題があってソースをいじった中でも、「すでに動いているVMを無停止でOpenStackで管理できるようにする」という要請にいかに応えるかの話が語られました。管理情報を直接移すのはうまくいかなかったので、OpenStackのNova(コンピュートノード)に手を入れて、VMを立ち上げるかわりにvSphereからinstance_id(UUID)をSELECTして、あたかもNovaが起動したVMであるかのように騙すという方法をとったとか。これは、もともとNovaのvCenterプラグインは特殊で、操作をvCenterに丸投げしているのでうまくいくそうです。

 Makigakiさんの話はOpenStack開発コミュニティの紹介。スポンサーとTechnical CommiteeからBoardに人を出す運営方式で、Linux Foundationに似ているようでも違うようでもあるとのこと。あと、「Linusみたいにキレる人はいない」とw

 コミュニケーションはIRC中心。GitHubにgitミラーがあるがあくまでミラーで、そちらのプルリクなどは無視されるとのこと。イシュー管理はLaunchpad、コードレビューはGerrit、CIのテストはJenkins。

 コードがマージされるまでは、まずGerritでレビューを受け、すべてのテストが通り、コアレビュアーのレビューを通り、コアデベロッパーがapproveするという過程を経るそうです。Gerritのcommunity reviewでは、アカウントを持っている人は誰でも+1/-1を付けられるとか。

 OpenStack Summitではコントリビューター入門講座の「Upstream Training」というのも開かれていて、Makigakiさんも参加したそうです。事前審査に合格すると無料で参加でき、ツールの使い方から、開発コミュニティに参加する心がけまで2日間で学ぶとのこと。また、レゴを使ったアジャイル研修もあったそうです。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://emasaka.blog65.fc2.com/tb.php/1251-eecf6f50

 | HOME | 

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

emasaka

emasaka

フリーター。
連絡先はこのへん

Monthly


FC2Ad