本を読む

読書やコンピュータなどに関するメモ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「東映ゲリラ戦記」「トラック野郎風雲録」

 5月に映画の鈴木則文監督が亡くなった。代表作はやはり「トラック野郎」シリーズか。娯楽に徹したケレン味の強い作風で、「下品こそ、この世の花」とうそぶく。「ドカベン」「コータローまかりとおる!」「パンツの穴」といった、まあ割り振られたんだろうなという企画も多く手がける職人タイプの監督。今でいうと、三池崇史監督の路線だろうか。

東映ゲリラ戦記 (単行本)
鈴木 則文
筑摩書房
売り上げランキング: 263,347

 「映画は花火のように消えゆくもの」と言って自作を語ることの少なかった鈴木監督の珍しい回顧録が「東映ゲリラ戦記」だ。「わたしはいわば花火職人であり、職人であるわたしが、打ちあげる花火の火薬の種類がどうの、調合がどうの、と言うのはわたしの性格に合わない」とか。

 話は、ポルノ映画監督に転向し、会社(というか社長)の無茶振りの中、スピードとアイデアで作品を作っていくところから。いわく、「時代の風をモロに受けるポルノ路線は、その時代のもつオーラを素早くつかまなければ<時代の花>になえないのだ。拙速といわれようと即断即決はゲリラ隊の勝利の方程式であると確信した」。

 なにしろ、出てくる作品名からして「温泉みみず芸者」「女番長ブルース 牝蜂の逆襲」「徳川セックス禁止令 色情大名」「温泉スッポン芸者」「エロ将軍と21人の愛妾」「不良姉御伝 猪の鹿のお蝶」などなど、B級さ爆発。本書でも「B面賛歌」という言葉が出てくる。

 ちなみに、「ポルノ」という言葉も「温泉みみず芸者」の宣伝のために使って普及したものだとか。同じく「スケバン」も映画のキャッチフレーズから。

 そのほか、多岐川裕美のデビュー作「聖獣学園」や、志穂美悦子のデビュー作「女必殺拳」、あの実写版「ドカベン」、小林旭版「多羅尾伴内」、真田広之の「忍者武芸帖 百地三太夫」「吠えろ鉄拳」、「伊賀野カバ丸」「コータローまかりとおる」といった作品のエピソードも。

 本書で、娯楽とサービス精神に徹する様子を描きながら、詩情のようなものをそこはかとなく感じさせるのが、著者なりのダンディズムなのだと思った。

 ちなみに、本書でも「映画の本道はアクションとメロドラマである」が持論と書かれていて、「トラック野郎風雲録」ではそのあたりのセンチメンタリズム多めに書かれている。

トラック野郎風雲録
トラック野郎風雲録
posted with amazlet at 14.06.30
鈴木 則文
国書刊行会
売り上げランキング: 114,499

 愛川欽也の深夜ラジオ番組のリスナーである長距離トラッカーを題材にスタート。まさに祭や花火のイメージで、わっしょいと盛り上げた舞台裏を語った本。ちなみに、デコトラ(アートトラック)も当時は多くなく、「トラック野郎」シリーズから広まったのだそうだ。

 「東映ゲリラ戦記」と比べると、多くの関係者やロケ地への郷愁などをわりと多めに吐露している。娯楽に徹した映画作りを何度も語りながらも、「娯楽映画の使命は弱い人間、孤独な人間への応援歌をつくることにある」なんてロマンチックな言葉も。

 「トラック野郎」はいわば裏「寅さん」で、グラビア系マドンナが毎回登場するのだけど、そのマドンナたち、なかでも夏目雅子の思い出なども。

 「トラック野郎」シリーズの映画そのものの話だけではなく、デコトラの話や東海道中膝栗毛、ほかの娯楽映画作品の話など、周辺の話題もエッセイ形式で語られている。

 しかし、「カミオン」誌の連載が国書刊行会から書籍化ってのも、両者のキャラを考えるとすごいな。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://emasaka.blog65.fc2.com/tb.php/1245-ab0be67a

 | HOME | 

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

emasaka

emasaka

フリーター。
連絡先はこのへん

Monthly


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。