本を読む

読書やコンピュータなどに関するメモ

「Software Design」2014年5月号

 通読したのでメモ。

 新人歓迎号のようで、第1特集が「ネットワーク技術超入門 ポートとソケットがわかればTCP/IPネットワーク技術がわかる」。ソケットとポート、IP・TCP・UDP、DNS、ICMP、pingとtracerouteといったあたりの基礎を解説。技術的に正しくかつわかりやすく説明する“あきみち”(geekpage)氏の文章に、「小悪魔女子大生のサーバエンジニア日記」のaicoさんのイラストが合わさっていて、これはためになる。作りの面でも、説明のための図がすべて、普通の図ではなくaicoさんのイラストになっているという力作。

 第2特集が「UNIX必須コマンドトレーニング」。くつなりょうすけ氏が新人エンジニア向けに、Unix系OSのコマンドライン操作の基礎を解説。コマンドラインの意味やPATH、パーミッション、標準入出力とパイプ、find・xargs・forなどを使った一括処理、ps・killall・ifconfig・lsof・telnet・curl・rsyncなどの管理系コマンド、smbclientやcadaverによるファイルサーバー接続などを扱っている。あと、unar知らなかった。

 新連載がいろいろ。短期集中連載「Rettyのサービス拡大を支えた“たたき上げ”DevOps」は、グルメ系サービスRettyのインフラをInfrastructure as Code化した体験談で、初回はVagrantをインフラのリバースエンジニアリングに使った話。

 同じく短期集中連載の「Web標準技術で行うWebアプリのパフォーマンス改善」は、html5jエンタープライズ部の川田寛氏によるW3Cの「Web Performace Working Group」のパフォーマンス改善手法の解説。

 「るびきち流Emacs超入門」は、るびきち氏によるEmacs解説連載で、第1回は、Emacsの特徴の説明。

 「.SPECS」は、Red Hat Enterprise Linuxについて、純粋に技術的とは言えない話題を扱う連載とのことで、第1回はサブスクリプションやサポートとはどういうものかについて。

 その一方で最終回もいくつか。短期集中連載「Mac as a desktop Service」の最終回は、いくつかのモデル構成の解説。Riak連載の最終回が、データをなくさないための技術のしめくくりで、レプリカの不一致や不足が起きたときにレプリカを復元する手法の解説。「サーバーマシンの測り方」の最終回が、abより強力なHTTPベンチマークツールを使ってボトルネックを探る話。

 Linuxカーネル観光ガイド連載が、Piになるとかならないとか言っていたLinux 3.14のコードネームの話と、デッドロックによるカーネルパニック時にロックの依存関係を調べるlockdepの話。ハイパーバイザ連載が、bhybveの仮想NICやTAPの実装のあたり。

 Debian連載が、SqueezeのLTSサポート(ちょうど掲載号発売ごろに決定)と、apt-lineの「ピン留め」の解説。Ubuntu連載が、AMDのAPU「Kaveri」でUbuntuを使う話で、LibreOfficeでのOpenCL利用やビルドでのベンチマークなど。BSD連載が、BSDでのBINDからUnbound+LDNSへの変更について。レッドハット恵比寿連載が、シンガポール支社やグローバルなキャリアパスについて。

 セキュリティ連載が、スノーデン事件を受けて、NSAやODNI、PRISMなどの米国政府の諜報活動についての解説。その世界では「Open Source」というのは、公開されている情報を分析するインテリジェンス活動のことなのだとか。

 Hack For Japan連載が、会津若松市内にBeaconを設置してそれを使ったアプリケーションを考える「Hack For Town in Aizu」のレポート。

 Digital Gadget連載が、夢の操作とガジェット。enchant連載が、工場の問題の対応と、ソフトウェア開発のてこ入れ、文系女子大生にenchantMOONでプログラミングを教える話。キーボード連載が、小型メカニカルキーボードいくつか。はんだづけカフェ連載が、ステッパー編後編で、A4988と励磁モード、mbed接続。

 ほか、「シェルスクリプトではじめるAWS入門」は、ローカルに簡易Web API環境を立てる話。結城浩氏連載が「Hook」。jus連載が、OSC東京での東京大会で、よしおかひろたか氏によるオープンソース話の巻。温故知新連載が、杉田正氏によるPCハードディスク接続インターフェイスの話。小飼弾氏の「SDでSF」は、J.P.ホーガンの「断絶への航海」。Linuxマンガがエラーメッセージを読めという話で、モヒカン先輩というより……(以下略)。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://emasaka.blog65.fc2.com/tb.php/1228-a632d803

 | HOME | 

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

emasaka

emasaka

フリーター。
連絡先はこのへん

Monthly


FC2Ad