本を読む

読書やコンピュータなどに関するメモ

「リーダーにカリスマ性はいらない」

リーダーにカリスマ性はいらない
赤井 誠
KADOKAWA/中経出版
売り上げランキング: 26,033

 飲み友達が1月にビジネス書を出した。こんな惹句にあるようなエラい人だったとは(笑)。知人バイアスはあるかもしれないけど、基本的に普通に自分で買って読んだメモ。

 エンジニア上がりの著者が、日本HPで当時社長の樋口氏(現日本マイクロソフト)にいきなりLinux事業のリーダーの役割をふられ、未体験でとまどう中で自分なりにうまくやって、300億円事業に成長させた経験から教訓を語っている。

 タイトルにあるように、テンションがんがん上げて勝負していく本ではなくて、身の丈にあった方法を気負わず実践する様子が書かれている。まあ、その身の丈がずいぶん高いとは思うんだけど。ちなみに著者は、京大工学部卒でMBAでラガーマンと、スペックは恐そうだけど、わりと飄々としたキャラの人。

 というわけで、以下のような教訓が、固くない、上から目線ではない筆致で書かれている。

  • トラブルの本当の原因を考え尽すより、仮説を立てて動く
  • 新プロジェクトでは、イシュー(本質的課題)から解決するのではなく、小さな課題から解決して実績と経験を作る
  • ブレークスルーを狙うより、早いサイクルの仮説検証と、素早い軌道修正
  • 時間軸の目盛の違いをすり合わせるのがリーダーの役目
  • エグゼクティブを動かして部下を褒めてもらう
  • 協業先のノルマ達成に協力して味方につける
  • ロジカルな言い訳重要
  • 部下の異動・転職は全力で応援する
  • 自分個人のブランドより成果を重視

 あと、以下のような著者のHP Wayへの共感も語られている。社内での仕事の連絡で「コンサートツアーに出るのでしばらく連絡がとれなくなる」とメールが来て、その人は実はジョー・ペリー・プロジェクトのボーカルでもあった、というエピソードも(笑)。

  • 10ステップ
  • 仕事に支障をきたさなければ、社外の活動を認める
  • リーダーが人事部となる

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://emasaka.blog65.fc2.com/tb.php/1227-6c8c4ded

 | HOME | 

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

emasaka

emasaka

フリーター。
連絡先はこのへん

Monthly


FC2Ad