本を読む

読書やコンピュータなどに関するメモ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「日経Linux」2014年4月号

 執筆に参加したので、報告と宣伝を。

 特集2「Raspberry Pi超入門」で、「サーバー用フリーソフト25」のコーナーにいくつか書きました。nginx、lighttpd、vsftpd、Samba、NFSといった基本のところから、DokuWikiやMiniDLNA(ReadyMedia)、Gyazo、Gitoliteあたりまでを取り上げてます。あと、サーバーという言葉を広めにとって、メディアプレイヤー系もいくつか。Google Coderとかも面白かったな。

 自分関係はさておき、特集2はそのほか、入門編と、電子工作編も。電子工作編は、PCはわかるけど電子工作は素人という人を対象に、LEDの抵抗のところからやさしく説明している。

 Raspiネタでは「Raspberry Piで始めるモノ作り超入門」が、各種センサーの調達とピンの仕様の読み方、Fritzingでのパーツの追加など。あいかわらず本格指向(の入門)。

 特集1は「Linuxステップ100」。Linuxって何? からステップアップしていく恒例の特集で、入門やインストールだけでなく、後のほうではsysstatやtop、dstat、LVM、RAIDあたりの話も。

 特集3が、Windows XPからLinuxへの移行で、Windowsマシンの増強やWine、Q&Aなど。

 まつもとゆきひろ氏の新連載「作りながら学ぶプログラミング言語」が登場。mrubyをベースに自分の言語処理系を作ってみよう、という連載だどうで、初回はプログラミング言語を作る意義について。しかしGAME言語って中島聡氏作なんだなあ。

 新連載としては、LPIC連載がリニューアル。前回までと同じ形式で、生徒だった若田君が先輩役に。もう1つの新連載が「Linux&OSSゼロ円マスター」は、鶴長氏の旧型パソコンの発展形のような感じで、旧型PCに「Linux」と「OSS」を選定して、「最適な環境構築」という3ステップの形式になるようだ。今回はCore 2 Duo世代マシン+CentOS 6.5+Wordpress。

 中井悦司氏のOpenStack連載が、いよいよ実際の構築に。ここでは、複数サーバーを使った構成にするために、Fedora 18上のKVM上でNested KVM構成を使って、各サーバーを立てるという方法をとっている。

 亀澤氏のカーネル連載が、氏がメンテナーをつとめるmemory cgroupについて。特に、スワップやメモリー回収への影響などについても。なお、メモリー編は今回で終わりだそうな。

 そのほか、巻頭レポートが、Androd-x86 4.4やsystemd、OpenStack Foundation COOインタビュー、Yocto Project Japan勉強会レポートなど。フリーソフトコーナーが、解析用プロキシーサーバーFillder。メイドさんのAndroidアプリ開発連載が、TextViewのプロパティいじり。コミュニティー訪問がCODE for JAPAN。

 みんな大好きLinuxマンガ「#!シス管系女子 Season 2」は、sedネタ。今回は単純な置換を解説して、条件などの応用が次号へのヒキ。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://emasaka.blog65.fc2.com/tb.php/1208-d93d9dc4

 | HOME | 

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

emasaka

emasaka

フリーター。
連絡先はこのへん

Monthly


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。