本を読む

読書やコンピュータなどに関するメモ

「Software Design」2014年1月号

 発売から半月ぐらいたってるけど、通読メモ。

 新年号ということで、去年に続いて電電宮の「情報安全護符」ステッカーが綴じ込み付録になっていた。

 第1特集が「あなたの好きなシェルは何ですか?」。タイトルだけ見て、最初fishとかが出る系かと誤解したけど、実際は真っ当なシェル入門解説。シェルの種類から、リダイレクト、組み込みコマンド、制御構文など、Unix系OSの入門者はおさえておきたいあたりを説明している。まあ、zshでないと文法エラーになるサンプルがあるとか、IFSのサンプルがIFSと関係ないとかはご愛嬌。

 第2特集が、「10ギガビットを実現するケーブリング技術」。イーサネットとFCのそれぞれの10G規格に始まり、10GBASE-Tを長期運用するための選択や敷設のノウハウ、ラックでの整理や給排気を考えたケーブルマネジメントときて、最後に著者の会社がこだわって開発したRJ-45コネクタ「Z-MAX」の紹介。ちょうど、自宅ラック連載も、ケーブリングについての話だった。

 1ページ連載が2つ新登場。小飼弾氏の「SDでSF」は、SF作品を紹介するコラムで、第1回は川原礫「ソードアート・オンライン」。もう一本が、くつなりょうすけ氏によるLinuxマンガ連載「ひみつのLinux通信」で、第1回のネタは「OOM killer」。

 Debian連載が、init系システムの変更に関する議論とそれにまつわる難しい問題、標準インストールデスクトップ環境に関する議論とそれにまつわるsystem問題、台湾MiniDebConfのレポート、パッケージ作成のチュートリアルについて。Ubuntu連載が、Ubuntu 13.10の日本語入力設定を助けるim-setup-helperと、そのためのzenityおよびkdialogによる実装について。レッドハット連載が、OpenStack開発へのコミットと、新卒入社について。FreeBSD連載がtopねたの続きで、カーネルプロセスやカーネルスレッド、I/Oモードの表示について。

 カーネル観光ガイド連載が、トレースツールktapの紹介。ハイパーバイザ連載が、IOMMUの実装であるVT-dの詳細について。

 サーバ計測連載が、MySQLのベンチマークとしてmysqlslapとSysBench、tpcc-mysqlの紹介。セキュリティ連載が、贅沢ふせん事件にからめて、TLS/SSLの問題として、共有鍵の選択の問題、デジタル証明書の信頼性の問題、TLS/SSLでは解決できない問題などについて。Riak連載が、Riak CS内部話の続きで、GCとアクセス履歴、セカンダリインデックス。IPv6連載が最終回で、外部ネットワークからIPv6接続を確認する方法。特別企画『魔法少女リリカルなのはINNOCENTの舞台裏(後編)」は、前半が開発をリーンにする体制やデプロイ・テスト・品質保証などについて、後半がIDCフロンティアによる高トラフィックをさばくためのストレージやネットワークの解説。

 iPhone開発入門連載が、画面長押しで時計を出す機能の実装など。Android開発連載が、2013年版入門の続きで、プリファレンスやSQLiteでのデータ管理について。

 ほか、デジタルガジェット連載が映像プログラミング環境。結城浩氏の連載がコンピュータと実社会の「Critical Section」について。enchant連載が、ミニ四駆の前田氏との出会いから前田ブロックへ。キーボード連載が、キータッチのよいメンブレンキボードの富士通Libertouch。はんだづけカフェ連載が、Maker Faire Tokyo 2013。ITむかしばなし連載がFM-7で、YAMAUCHIコマンドなども。Hack for Japan連載が、石巻ハッカソンの続きで、「チャレンジング部門」「どや部門」の紹介と、成果発表。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://emasaka.blog65.fc2.com/tb.php/1195-084bafb4

 | HOME | 

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

emasaka

emasaka

フリーター。
連絡先はこのへん

Monthly


FC2Ad