本を読む

読書やコンピュータなどに関するメモ

「Software Design」2013年12月号

 もうすぐ次の号が出る時期だけど、ようやく通読したのでメモ。

 第1特集が「SDN/OpenFlowで幸せになれますか?」。今年ぐらいのSDNまわりのトピックとして、NFV(ネットワーク機能の仮想化)やOpenDaylightあたりが中心に取り上げられていて、9月のイベントSDN Japanあたりとネタも人も共通している感じ。OpenDaylightの入門記事って日本の雑誌では初めてかも。ほか、あきみち氏による「マスタリングTCP/IP OpenFlow編」執筆の内幕なども。イラストの飛行機は、“コントロールプレーン”とかの“プレーン”にかけてるのかな。

 第2特集「エンジニアの伝わる図解術」は、説明する前の思考や、すでにある文章を、図にして構造づけする話。

 新連載「サーバマシンの測り方」が登場。今回は、I/Oレイテンシーをiopingやfioで計測する話。一方、シェルスクリプト連載が最終回で、cronでの実行について。

 単発記事「LinuxとFreeBSDのファイルシステムの良い・悪いところをご存じですか?」は、FreeBSDのUFS系ファイルシステムのSoft updatesについての解説。カーネル系の記事では、Linuxカーネル観光ガイド連載が、Linux 3.12の新機能として、btrfsの重複排除と、Device Mapperの統計情報について。ハイパーバイザの作り方連載が、PCIとPCIパススルーのあたり。

 Debian連載が、GSoCでのDebianの成果の紹介と、Debian 8の予定の話、DebianサーバーのCDNやミラーの話。Ubuntu連載が、ALSAのデバイス〜カーネルスペース〜ユーザーランドにまたがる構造について。レッドハット連載が、認定資格プログラムについて。FreeBSD連載が、topの上部に表示される情報の見方。

 単発記事「iOS 7アプリの魅力はどうやって引き出すのか」は、iOS 7で変わったUIまわりの新機能のあたりを開発・デザインの視点から紹介。ほか、iOS開発連載が、イメージを動かしてアニメーションさせるところ。Android開発連載が、2013年版Androidアプリ開発入門の続きで、インテントで音声入力・認識を呼び出す例。

 単発記事「未来を見透すヘッドマウントディスプレイ」は、ヘッドマウントディスプレイ「Mirama」とFeeBSDベースの専用OSについて。ガジエット系では、「DIGITAL GADGET」連載が、クラウドファンディングとそこに出た製品について。キーボード連載が、キーボードやマウスをBluetooth化させるKVMスイッチ。はんだづけカフェ連載が、Arduino地元イタリアでのMaker Faire Rome。

 そのほか、セキュリティ連載は、wp-login.phpへのアクセスやsshポートへの接続などのログから「攻撃は日常的に発生している」と説明。Riak連載が、Riak CSの構造の解説。結城浩氏の連載が、ランダムサンプリング。enchant連載が、9leapコンテスト。ITむかしばなし連載が、Apple III・PC-100・Lisa・MZ-2861・BeOS・3DO REAL・ピピンアットマークという、早すぎた製品の話。Hack for Japan連載が、第2回石巻ハッカソンと、その中で開かれた中高生向け「IT Boot Camp部門」のレポート。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://emasaka.blog65.fc2.com/tb.php/1189-83d1c72f

 | HOME | 

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

emasaka

emasaka

フリーター。
連絡先はこのへん

Monthly


FC2Ad