本を読む

読書やコンピュータなどに関するメモ

「續 さすらいエマノン」

續 さすらいエマノン (リュウコミックス)
鶴田 謙二 梶尾 真治
徳間書店 (2013-11-30)

 鶴田謙二氏によるエマノンのコミック化シリーズ新作。エマノンが熊本で学究肌の男性と暮らすエピソードが、土地の風景やエマノンの夢をまじえて絵で描写されていて、いい。行きつく先はアレなのだけど、最後もいいね。

 実は私は、原作を「おもいでエマノン」ぐらいしか読んでないんだけど、オビによるとこれから徳間文庫でいままでのシリーズ作品の新装版が連続刊行されるとか。こっちも期待。

おもいでエマノン: 〈新装版〉 (徳間文庫 か 7-4)
梶尾真治
徳間書店 (2013-12-06)
売り上げランキング: 6,923

 しかし、気付いてみると、「妹先生 渚」から二作連続で、熊本+美少(?)女+風景+しみじみエピソードのマンガについてブログに書いたな。作風は違うけど。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://emasaka.blog65.fc2.com/tb.php/1186-49041245

 | HOME | 

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

emasaka

emasaka

フリーター。
連絡先はこのへん

Monthly


FC2Ad