本を読む

読書やコンピュータなどに関するメモ

「鉄道忌避伝説の謎」

 私の出身地では、「江戸時代まで栄えていたわが町では、鉄道を通すときに反対運動が起きて、駅のできた隣の町のほうが栄えるようになった」と言われていた。長じてみると、同様のことが言われている土地があちこちにあると知った。

 本書は、そうした「鉄道忌避伝説」について検証する本だ。著者は、鉄道忌避伝説はあくまでも伝説であり事実と異なるとする立場。なのだけど、そのような運動が“なかった”ことを証明するのは、悪魔の証明とかブラックスワンとかいうやつで、難しい。で、著者がいろいろ資料を出していくところが見所だ。

 たとえば、中央線が東中野あたりから立川あたりまで直線なのは、もともと甲州街道沿いに作ろうとして反対されたからという伝説について。著者は、最初の計画から現在のルートであり反対運動が記録に残っていないことや、もともと線路は直線が望ましいことなど、間接的な材料を提示する。

 また、中央線に先立つ馬車鉄道が反対されていたという資料から、それと混同されたのではないかと推測。さらに、忌避伝説が、第二次対戦後の地方史誌により急に広まったことなどを指摘している。

 もっとも、すでに栄えていた土地には鉄道を通しにくく、結果として鉄道が通らないことになる。千葉の船橋の鉄道忌避伝説がそのパターンで、中心部を外れたところに駅が作られている。これも、忌避伝説を調べてみると、むしろ誘致運動の記録が見付かっているという。

 そのほか、当時の汽車の性能などから高台にある町を避けた例(上野原)や、川に橋を架ける位置の関係で外れた例(岡崎)なども、間接的な材料として解説。さらには、本当に鉄道忌避運動があった例(伊勢に向かう参宮線)まで紹介されている。

 このように、「鉄道忌避なんてあるわけない」と一刀両断する本でなく、否定的なケースもまじえて地道に材料を重ねていく本で、それにより明治時代の鉄道計画が見えてくるところが面白かった。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://emasaka.blog65.fc2.com/tb.php/1184-dc6beaf7

 | HOME | 

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

emasaka

emasaka

フリーター。
連絡先はこのへん

Monthly


FC2Ad