本を読む

読書やコンピュータなどに関するメモ

「Software Design」2013年11月号

 発売から約半月たっちゃったけど、以下、通読メモ。

 特集1が、前月のVimに続いて「我が友『Emacs』」。Emacsとの出会いに関する和田祐介氏の軽妙なエッセイに始まり、各人のこだわりの設定を紹介。アリエルの井上誠一郎氏、Rubyのまつもとゆきひろ氏、小飼弾氏によるコラムも。そして最後は「Emacs実践入門」の大竹智也氏による、Web開発者を想定したおすすめライブラリの紹介。

 特集2が「サーバサイドフラッシュFusion-io全方位解説」。フュージョンアイオー社の長谷川猛氏が、NANDフラッシュの基礎、フラッシュストレージの基礎、ioDrive2の特徴、フラッシュメモリのAPIであるOpenNVMの順で解説。また、ユーザーサイドでサイバーエージェントの桑野章弘氏と長谷川壮介氏が、ioDrivejのアトミックライトあたりのベンチマーク結果を掲載している。

 Ubuntu 13.10の記事も。雑誌発売直前に正式版リリースだったので細かいところの違いはしょうがないとして、Ubuntu Japanese Teamの長南浩氏が詳しく解説していて参考になる。また、Ubuntu連載が、モバイルデバイス向けの「Ubuntu Touch」の概要と試しかた、中身の解説。Debian連載が、DebConf13のレポートと、それに関連して最近のDebian開発のトピック、Deiban 7.2など。エンジニアのレッドハット連載が、精神的な話。

 FreeBSDの新連載「チャーリー・ルートからの手紙」も登場。今回は、psの出力の見方。特別企画で「魔法少女リリカルなのはINNOENT」の舞台裏の話の前編が載っていて、イベント期間中の備えの話など。

 Linuxカーネル連載が、カーネルパニックなどのログを保存するpstoreと、起動パラメータでパーティションを指定するcommand line partition。ハイパーバイザ連載が、I/Oや割り込みのVMExitのあたり。シェルスクリプト連載が、テキストの表記チェックの例。自宅ラック連載がサーバーの選定。

 はんだづけカフェ連載が、DIPマイコンにmbed SDKを載せる話。iOSアプリ開発入門連載が、ボタンによる分岐。Android開発連載が、2013年版アプリ開発入門の続きで、カスタムViewでの手書きやNavigation Drawerの実装。

 そのほか、enchant連載が、デザインにからめて樋口真嗣監督登場。キーボード連載がTruly Ergonomic Mechanical Keyboard。Jenkins連載が最終回で、環境のバックアップやコピーについて。Riak連載が、EC2でRiakを動かして冗長&スケールアウト構成を組む話。セキュリティ連載が、UNIXのアクセス制御とwp-config.php問題の話。jus連載が「LLまつり」のレポート。Hack for Japan連載が、「Spending Data Party 2013」レポートと、「税金はどこへ行った? 宮城県石巻市版」に関するコラム。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://emasaka.blog65.fc2.com/tb.php/1181-a6a223e2

 | HOME | 

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

emasaka

emasaka

フリーター。
連絡先はこのへん

Monthly


FC2Ad