本を読む

読書やコンピュータなどに関するメモ

「アフターマン 人類滅亡後の地球を支配する動物世界」

 5000万年後(人類絶滅後)の生物を想像した、ポピュラーサイエンス本。図解を多用し、想像上の姿を描いていて面白い。
 20年以上前に発行された本の復刻版だが、初めて読んだ。

 著者がマジメな人なのか、それほどブッ飛んだ想像は少ない。よく使っている手法としては、生態的地位(ニッチ)の空位にほかの動物が就くというもの。具体的には、シカのように進化したウサギ、狼のように進化したネズミ、クジラのように進化したペンギンなどだ。

 なお、表紙になっている動物は、地上の捕食動物に進化したコウモリ(体高1.5メートル)。

アフターマン 人類滅亡後の地球を支配する動物世界
ドゥーガル・ディクソン 今泉 吉典
ダイヤモンド社 (2004/07/09)
売り上げランキング: 7,305

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://emasaka.blog65.fc2.com/tb.php/118-629e8331

 | HOME | 

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

emasaka

emasaka

フリーター。
連絡先はこのへん

Monthly


FC2Ad