本を読む

読書やコンピュータなどに関するメモ

GNU make 4.0で組み込みScheme

 GNU make 4.0がリリースされたというアナウンスを見ました。

 今回の新機能の一つとして、SchemeインタプリタのGuileを組み込めるようになったそうです。そこで試してみます。

 あらかじめGuileをインストールしておき、GNU make 4.0をダウンロードし、展開して./configureしてmake。

 Guileが組み込まれたかどうかは、.FEATURES変数で確認します。“guile”が含まれていればOKです。

$ cat features.mk
all:
        @echo $(.FEATURES)
$ ./make -f features.mk
target-specific order-only second-expansion else-if shortest-stem undefine oneshell archives jobserver output-sync check-symlink guile load

 Schemeの処理が入ったMakefileを用意します。Makeのguile関数に引数として与えた文字列が、Guileで処理されます。

$ cat scm.mk
sexp = (map (lambda (x) (+ x 3)) (iota 10))

all:
        @echo $(guile $(sexp))

 実行。

$ ./make -f scm.mk
3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

 以上、やってみただけのエントリーでした。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://emasaka.blog65.fc2.com/tb.php/1170-b23b2b31

 | HOME | 

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

emasaka

emasaka

フリーター。
連絡先はこのへん

Monthly


FC2Ad