本を読む

読書やコンピュータなどに関するメモ

「Software Design」2013年9月号

 ようやく通読したのでメモ。

 第1特集が「今からはじめるsed/AWK再入門」。第1章で概要を説明したあと、第2〜3章が入門な解説になっている。で、第4章part1〜2で実用的な応用例を解説しているんだけど、トリがいきなり「AWKでマインスイーパ、ネットワークプログラミング、OpenGLによる3Dグラフィック」という大技。いいね。

 関連する記事で、シェルスクリプト連載が、CGIスクリプトをXHRで呼び出す話。XHRから呼び出したCGIスクリプトがsshでsarを実行するとか、豪気だ。

 第2特集が、エンジニアとMac。メインになるのが、それぞれ方向の異なるエンジニアさんがどうMacを使っているかの紹介。これを見る限りでは、最近はiTerm2よりTerminal.appのほうが使われているらしい。

 OSネタでは、Fedora 19の記事も。OpenShift Origin、OpenStack、MariaDB、Checkpoint / Restore機能、ライブストレージマイグレーションについて、「やってみよう」付きで解説。特にOpenShift OriginとOpenStackについては、かなり地雷を除けながら動かしてみせている。

 ほかOS関係では、Debian連載がDebian WheezyのRubyパッケージやrbenvについて。レッドハット連載が、Jboss AS(WildFly)の話と、レッドハットでのサポートの仕事内容について。Ubuntu連載が、LibreOffice 4.1について。Linuxカーネル観光ガイドが、TCPの再送の遅れを防ぐTCP TLPや、プロセスを保存・復元するCRIU関連、open()のO_TMPFILEフラグ、Linux 3.11のロゴなど。ハイパーバイザ連載が、Virtqueueとそれを使ったvirtio-netの実装について。

 ほか、Jenkins連載が、プラグインの紹介。Riak連載が、S3風バックアップを想定したRiak CSのセットアップと運用について。セキュリティ連載が、脆弱性について、この訳語が当てられた背景もまじえて。

 自宅ラック連載が、スイッチとルータ。結城浩氏連載が、Cacheという概念について。enchant連載が、UEIとマルチタッチについて。キーボード連載が、片手で入力できるキーボード。はんだづけカフェ連載が、Arduino・mbed・Raspberry Piの比較。Anrdoid開発連載が、2013年版の開発環境のセットアップガイド。iPhoneアプリ連載が、Labelによる文章表示や文字装飾について。Hack for Japan連載が、「オープンデータIDEA BOXブレスト in Sendaiの紹介とそこで出た意見の紹介。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://emasaka.blog65.fc2.com/tb.php/1160-3df41c28

 | HOME | 

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

emasaka

emasaka

フリーター。
連絡先はこのへん

Monthly


FC2Ad