本を読む

読書やコンピュータなどに関するメモ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「日経Linux」2013年9月号

 特集1「Linuxで復活 XPマシン」の執筆に参加したので、宣伝。恒例の、WindowsからLinuxへの移行ネタです。私はPart 2「WindowsでよくやることがLinuxだとどうなるか」のうち、ゴミ箱などのアイコンをデスクトップに表示する方法や、Nautilusの右クリックから「新しいドキュメント」を使う方法などのコネタを書きました。

 自分関係はそれぐらいにして、以下、通読メモ。

 特集2「お手軽ボードでモノ作り入門」は、けっこう豪華な執筆陣によるマイコン関連の特集。表紙にもなっているRaspberry Piロボット「ラピロ」を中の人が解説してPS3のDUALSHOCKで操作できるようにしたパートや、レゴ・マインドストームの最新版「EV3」が実はLinuxマシンなので増井雄一郎氏がクロス開発環境でプログラムを作ったり、DACキットを暇村氏の指導によりWebデザイナーさんがハンダづけしてVoyage MPDのRaspberry Pi「RaspyFi」からMPDで音楽を再生したり。さらに後半はマイコンをプログラミングする話で、無線マイコン「TWE-Lite DIP」でMMLを再生したり、Arduino互換ボード「がじぇるねGR-KURUMI」とWebベースの開発環境で音に反応する行灯を作ったり、PICと開発環境MLABXでLinuxマシンのロードアベレージに応じてLEDを光らせたり。

 ガジェット系ではほかに、Google Glass開発の短期連載が最終回で、位置情報から写真を表示するサンプル。Raspberry Pi連載が、MPDでインターネットラジオを聴く話。ビジュアルAndroidアプリ連載が最終回で、物理エンジンBox2DのProcessing版「PBox2D」の解説。

 特別企画で、PCIe接続のメニーコアコプロセッサ「Xeon Phi」のパフォーマンスを検証した結果の記事もあった。そっち方面では、Matz氏の連載がマルチスレッドでのデータについての解説で、ロックやキュー、イミュータブルデータ、STMについて。

 中井悦司氏の新連載も登場。サーバー構築自動化がテーマで、1回ずつ「libvirt」「KickStart」「Puppet」など各要素を解説する模様。今回は基礎となるKVMについて。ほか、システム構築系では、Samba 4連載が最終回で、RSATやWindowsのレジストリからSamba 4を設定する方法について。LPIC連載が、viのさまざまな機能の紹介。

 特別企画でFedora 19のレポートも。BIND 10が入ってるんだな。同じくFedora 19が、旧型PC連載でも取り上げられていて、ソフトウェアRAIDの構築に使われていた。美女Linux連載が、いきなりquotaのかけかた。

 ほか、亀澤氏のカーネル連載がTLBまわりについて。フリーソフト連載が、音楽ストリーミングサーバー「Streeme」。なぜかこの号、音楽再生ネタが多いな。毎度おなじみ「#!シス管系女子」がシェル関数。大野先輩がノリツッコミ。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://emasaka.blog65.fc2.com/tb.php/1155-3a7a7b36

 | HOME | 

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

emasaka

emasaka

フリーター。
連絡先はこのへん

Monthly


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。