本を読む

読書やコンピュータなどに関するメモ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「Software Design」2013年8月号

 ようやく読み終わったので通読メモ。

 第1特集が「3Dプリンタが未来を拓く理由」。3Dプリンタについて、背景と状況、方式と種類、3Dモデルの作り方、実際の出力、機種選びと、それぞれのフェーズについて解説している。しかも、概要だけじゃなくて、ハマりポイントなどを含めた実際に使うための話が書かれていて、けっこうな充実度だ。はんだづけカフェ連載も連動企画になっていて、作成した物の写真がカラーで載っていたりもする。しかし、3Dプリンタで3Dプリンタを作るというのが普通にやられている世界なんだな。

 第2特集が、コードの中身と直接関係のないメトリックスから問題の兆候を知る手法について。そのほか、「ソースコードをソートして眺める」といった細かいテクニックも紹介している。

 仮想ネットワーク復習&ツッコミの短期連載が最終回で、テーマはOpenFlow。今回のツッコミは、コントロールプレーンが分離されている(から途中が心配)、L1〜4を1つで扱う(からチューニングが不利になる可能性がある)、プログラマブルである(からプログラムしなくてはならない)、という、言われている長所と表裏一体のところ。

 Debian連載は、Debian 7.0の特徴の続きで、デスクトップまわりや7.1、次バージョン、ISSでの採用について。Ubuntu連載が、LibreOffice 4.xに入ったLogo言語環境「LibreLogo」について。レッドハット連載は、Red Hatのサポートから見た導入先の「ウチの子」の話。

 Linuxカーネル観光ガイド連載が、使われていないコアのタイマ割り込みを止める機構と、RCUの同期機構との関係について。ハイパーバイザー連載が、virtioの仕組みについて。シェルスクリプト連載が、CGIネタの続きで、QUERY_STRINGを利用する方法について。

 Android連載が、ARM CPUとFPGAが入ったチップである、XilinxのZynqの紹介と、そこでのAndroidについて。こんなチップもあるんだな。

 Riak連載は、高可用性のための仕組みとそのためのDistributed Erlangについて。内容はさておき、構成図のノードが“{ }”の文字で示されていたり、注がほとんど本文中にインラインで入っていたり、リードが長くて途中に箇条書きが含まれたりと、形式はちょっと独特。

 そのほか、結城浩氏連載が「Consistent」と人間について。enchant連載が「一億総プログラマー計画」。キーボード連載が、キーのないキーボード2種。Jenkins活用連載が、容量やジョブの実行、通知などについて現場に合わせて工夫した点の紹介。セキュリティ連載は、標的型攻撃まわりについて。iPhoneアプリ連載は、画面のサイズを判別して画像を切りかえる処理の例。IPv6連載が、アプリケーションでの注意点。Hack for Japan連載が、「International Space Apps Challenge」ハッカソンのレポート。ハッカソンなのにDPZの林さんの名前が出てきてちょっとびっくり。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://emasaka.blog65.fc2.com/tb.php/1151-3614222b

 | HOME | 

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

emasaka

emasaka

フリーター。
連絡先はこのへん

Monthly


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。