本を読む

読書やコンピュータなどに関するメモ

「日経Linux」2013年6月号

 執筆に参加したので報告と宣伝。といっても、もうじき次の号が出ちゃう時期なんですが、ようやく読んだので。

 特集1の「Linuxを超使いやすく&快適にする77テクニック」は、主にデスクトップユースでのちょっとしたカスタマイズのTips。私は、パート3のソフト追加と、パート7のキーボード&マウスを書きました。後者はTinkPadネタを中心に。

 特集2の「No.1ディストリビューションはこれだ」は、目的別にディストリビューションを6つ選び、その理由を3つ挙げるというもの。私は“使いやすさでUbuntu”というお題を編集部からいただき、“Debianをベースに提供側がベストプラクティスと考える完成形をリリース”というようなことを書きました。13.04のことも触れていますが、4月執筆だったのでβ版での記載です。

 Ubuntu以外では、Fedora、CentOS、Arch Linu、Tiny Core Linux、openSUSEが取り上げられていて、どれも興味深いものだと思います。

 自分関係はそのぐらいにして、以下、通読メモ。

 付録で「最新LibreOffice徹底活用100選」という冊子。派手な機能とかを狙わず、日常的に使いそうなTipsを100個紹介していて、役に立ちそう。読者の評判もいいらしい。

 まつもとゆきひろ氏の新連載「言語の世界」も評判がいいようだ。自身のコンピュータとプログラミング言語の遍歴を語るようで、今回は少年時代の話から、Lispを知って影響を受けたことのあたり。

 ほか新連載で、「Samba 4によるMicrosoftネットワーク構築」。今回は、Microsoftネットワークの基礎(SMBやドメイン)と、Samba 4の特徴、インストールのあたり。

 特集3が、タブレットやスマートフォンでUbuntu TouchとFirefox OSを動かす話。Nexusシリーズだと、それほど苦労しないで動きそう。ガジェット系ではほか、Raspberry Pi連載が、動画アクセラレータのドライバを有償で買う話と、XMBCで動画アクセラレータを使うまで。

 Linuxサーバーの基礎原理連載では、pingをtracerouteで追っていたと思ったら、シェルスクリプトでtracerouteを実装していた。話の展開が面白い。

 開発者インタビューが、LibreOffice日本語チーム。「LibreOffice mini Conference」のときの写真も。

 カーネルハッカー連載が、reclaim処理の続きと、モバイルデバイスでのメモリの使い方の特徴、vmpressureの案などについて。

 旧型PC+ディストロ連載が、Core 2 Duoノート+SSD+Fuduntu+I/Oスケジューラの変更。Fuduntuは省エネを意識しているとのこと。

 ほか、おすすめフリーソフトが、ディスクの重複排除のOpendedupと、デスクトップ録画のrecordMyDesktop、写真管理のdigiKam。美女Linux連載がtar。Linux超入門連載が、トラブル対策系。AndroidのProcessingプログラミング連載が、加速度センサーの使い方と、それを使ったゲームの操作のサンプル。LPIC連載が、タイムゾーンとcron。みんな大好き「#!シス管系女子」は、if文。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://emasaka.blog65.fc2.com/tb.php/1131-97ccc943

 | HOME | 

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

emasaka

emasaka

フリーター。
連絡先はこのへん

Monthly


FC2Ad