本を読む

読書やコンピュータなどに関するメモ

「Software Design」2013年5月号

 発売から10日たってるけど通読メモ。

 第1特集「IT業界ビギナーのためのお勧め書籍55冊+α」。ITの各分野の先人たちが、新人向けに仕事のための学習に役立つ書籍を紹介している。で、そうした場合は良くも悪くも定番書が並ぶのだけど、各人ごとに「+α」のコーナーを設けて、テーマにとらわれない変化球のお勧め本を挙げているのが工夫されている。それをさらに、Part 2では「IT業界副読本」として、仕事に関連する(?)マンガやアニメなどを紹介している。なお、Part 1ではページ右上がドッグイヤーに見せた絵になっていて、Part 2では柱がマンガ雑誌風になっているのが、凝っているところ。

 第2特集が「正規表現をマスターしていますか」。これも主に新人向けなのだけど、第4章が「世界最速の正規表現JITエンジン」の@sinya8282氏が、正規表現の理論と処理系実装について解説している。

 新連載もいろいろ。「enchant〜創造力を刺激する魔法〜」はUEI清水氏のエッセイ。タイトルのところの写真は、本誌発売後に公開されたenchantMOON PV #4のもの? 「自宅ラックのススメ」は、tomocha氏による自宅ラックの実際の紹介。「コード0でアプリを作ろう」は、(Xcodeで?)自分でコードを書かずにiPhoneアプリを作る手順の紹介。「偏愛キーボード図鑑」は、ちょっと変わったキーボードの紹介で、今回はDvorak配列とColemak配列を切り替えられるTypeMatrix。

 「バーチャルネットワークコントローラ2.0開発の実際」は、OpenFlowコントローラを作るフレームワーク「VNC 2.0」の開発の背景と、実装した機能の紹介など。マルチベンダーでOpenFlowスイッチ対応とするためのハマり所なども。ちなみに「トラヒック」って表記が通信屋さんっぽい。

 Linuxカーネル観光ガイドが、最近とみに話題に上がるCPUのCステート・Sステート・Pステートの解説と、それを制御するLinux 3.9で追加されたIntel PowerClampドライバについて。

 Debian連載が、PostgreSQL公式リポジトリと、新しいパッケージングツール「dh」の解説。後者は、最近debian/rulesがいきなり数行だけになっているアレについて、どんな考え方と仕組みで従来の形式と同じことをやっているのかが解説されている。

 Ubuntu連載が、LibreOffice 4.0からCMISプロトコルで文書を読み書きできる文書管理サーバーNuxeoについて。レッドハット連載が、「JBossのやりかた」の紹介。

 そのほか、ハイパーバイザ連載が、/usr/sbin/bhyveからのシステムコールでvmm.koがVMEntryするコードの解説。シェルスクリプト連載が、AWKでちょっと便利なワンライナーの定番技の紹介。はんだづけカフェ連載が、Raspberry Piで赤外線センサ付きUSBカメラマシン。Android連載が、ここ1年でのAndroidの開発環境や周囲の状況の変化について。IPv6連載が、ルータの設定での注意点。Hack for Japan連載が、International Open Data Hackathon Tokyoの報告。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://emasaka.blog65.fc2.com/tb.php/1124-468c85f3

 | HOME | 

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

emasaka

emasaka

フリーター。
連絡先はこのへん

Monthly


FC2Ad