本を読む

読書やコンピュータなどに関するメモ

Clojure 1.5のsome->

 Clojure 1.5がリリースされてた。

 ヌルい私にも、some->とsome->>が便利そうだと思った。

 ふつうの->だと、「値またはnilを返す」処理をはさむと面倒。

user=> (-> {:foo 3, :bar 4} :foo (* 2))
6
user=> (-> {:bar 4} :foo (* 2))
NullPointerException   clojure.lang.Numbers.ops (Numbers.java:942)

 some->だと、途中でnilだったらnilを返す。

user=> (some-> {:foo 3, :bar 4} :foo (* 2))
6
user=> (some-> {:bar 4} :foo (* 2))
nil

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://emasaka.blog65.fc2.com/tb.php/1101-623fd82c

 | HOME | 

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

emasaka

emasaka

フリーター。
連絡先はこのへん

Monthly


FC2Ad