本を読む

読書やコンピュータなどに関するメモ

「日経Linux」2013年3月号

 Fedora 18の特別企画が、主にsystemdとfirewalldを中心に解説していて参考になる。特にsystemdは、RHELやほかのディストリビューションにも影響があるので、Fedora以外を使う人もチェックしておくとよいのでは。それにしてもsystemdは機能が巨大化してるなあ。

 Samba 4の特別企画も。主にAD DC機能について、概要やgetting startedな解説を、図をまじえて掲載している。

 特集1が「Linuxカーネルだからできること」。初学者向けの四コママンガや、おなじみカーネルビルド方法はもちろん、BIOSの設定やECCの情報の読み出し、ソフトウェアRAID、netfilterを設定するipsetなども解説していて面白い。ただ、タイトルなどの切り口と内容とが違う方向を向いているように見えるのはもったいない感じもする。

 特集2が「5大定番ソフト徹底活用法」。LibreOffice、GIMP、VirtualBox、Firefox、Rythmboxの活用Tipsをビジュアルで紹介している。

 特集3が「初めてのRaspberry Piでモノ作り」。GPIO+LED、小型LCDディスプレイへの表示、時計+タイマーとステップアップしながら工作していく。PCっぽいやりかたができるのは便利だなあ。

 Androidアプリ連載が新シリーズになって、Processingで電子アートを作る連載が開始した。「Linuxサーバーの基礎原理」連載は、メモリが不足してきたときの、ディスクキャッシュやスワップ、OOM Killerの発動を観察する話。mruby連載は、拡張機能のためのmruby C APIや、それを組み込むためのmrbgemのあたりについて。

 特別企画「電子書籍リーダー「Kindle Paperwhite」完全利用法」は、Linux PCを母艦としてさまざまな形式の電子書籍を送り込んで読む方法の解説。

 そのほか、OSS開発者インタビューがPostgreSQLの石井達夫氏。NDK連載は、CPU固有の機能を使うために実行時にCPU機能を判別するcpu-featuresライブラリ。LPIC連載は、ランレベルまわりのCentOSとUbuntuでの違いのあたり。旧型PC復活連載は、ThinkPad X41+無線LANカード+Mageia 2。特選フリーソフトがFreeFileSync。美女Linux連載がmount。あと、「#!シス管系女子」は、sort、uniq、head、tailといったフィルタ系コマンドを解説。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://emasaka.blog65.fc2.com/tb.php/1098-a46b42cf

 | HOME | 

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

emasaka

emasaka

フリーター。
連絡先はこのへん

Monthly


FC2Ad