本を読む

読書やコンピュータなどに関するメモ

「「超小型」出版」「ルポ 電子書籍大国アメリカ」

 電子書籍論関連で対照的な立ち位置の本を続けて読んだ。どちらも興味深かったけど、いずれも読む人を選びそう。

「超小型」出版:シンプルなツールとシステムを電子出版に
プレ/ポスト (2013-01-10)
売り上げランキング: 171

 「「超小型」出版」は、日本在住8年の経験を持つ米国人による電子書籍論。というかFlipboardの元プロダクトデザイナーの人。

 ノリとしては、30分ぐらいで読める、ゆる目のエッセイっぽい感じ。N360かわいい。

 テーマは、既存の出版の前提を取っ払った電子書籍のビジョンである“「超小型」出版”。要件として挙げられているのは、「小さな発行サイズ」「小さなファイルサイズ」「適正な購読料」「流動的な発行スケジュール」「スクロール(今のところ)」「明快なナビゲーション」「HTMLベース」「開かれたWeb」。

 私も電子書籍のキラー領域はKindle Singleみたいな路線かなと思っているので(もちろんそれ以外も重要だという前提で)、いろいろ考えながら読んだ。ただ、ここまで行くと、ブログでいいのではという気もしてくるのも確か。2010年に、「電子書籍は、Webを旧来のビジネスモデルに乗せる仕組みにすぎないのでは?」という問題提起があったのを思い出した。

 そんなこんなもひっくるめて、自分が日頃考えていることの触媒として面白く読んだ。一方、電子書籍全般について勉強しようという人だと、物足りなく感じるかも。

ルポ 電子書籍大国アメリカ (アスキー新書)
大原 ケイ
アスキー・メディアワークス
売り上げランキング: 35,783

 「ルポ 電子書籍大国アメリカ」は、米国在住の出版エージェントの人による本。

 2010年の本なのと、著者の立ち位置が「電子書籍はフォーマットの一つにすぎない」というものなのとで、米国での電子書籍最新事情という感じではない。

 ただ、米国内の既存の(主に紙の)出版業界や書店業界などについて、出版エージェントの目から見た姿が紹介されているのが特徴。そうしたテーマについて興味のある人には、面白いと思う。

コメント

雑誌のコラムのようなイメージ?

「超小型」というのは、ファイルサイズもさることながら、内容も「小型」なのですね。
書籍と言うよりも、雑誌のコラムのようなイメージでしょうか。
印刷しようとすると、コスト的に割に合わないですが、電子データですと、多かろうと、少なかろうとコストは関係ないので実現できるのでしょうか。

こんにちは。
コラムや短編小説、解説記事など、雑誌の記事一本ぐらいのまとまりで電子書籍にするイメージだと思っています。紙の書籍にする量じゃないし、雑誌に入れるには枠があるし、という。
あとはフットワークの軽さ(超小型さ)も定義のうちのようです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://emasaka.blog65.fc2.com/tb.php/1087-0701d274

 | HOME | 

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

emasaka

emasaka

フリーター。
連絡先はこのへん

Monthly


FC2Ad