本を読む

読書やコンピュータなどに関するメモ

「Software Design」2013年1月号

 年末に通読したのでメモ。

 この号は新春特大号で、特別付録として「法輪寺電電宮 情報安全護符シール」が付いている。第2特集も「キーパーソンに聞く 2013年に来そうな技術・ビジョンはこれだ!」として、OS、ソフトウェア開発、情報技術、ネットワーク技術、SIerのそれぞれについて識者が語る。

 第1特集は、「いざというときに備えるシステムバックアップ」と題して、バックアップを中心としたディスク関連の解説。バックアップ今昔、dumpやddなどのUNIXバックアップ系コマンド、Nifty Cloud上の運用サービスで使っている方法(Amanda等)、AWS上のバックアップサービスAWS Storage Gateway、ハードディスクに関する蘊蓄、復旧業者インタビューときて、最後はFusion-ioの長谷川氏によるFlashストレージの特性の解説。

 Flashストレージといえば、Linuxカーネル連載も、NAND Flashストレージに特化したF2FS(Flash Friendly File System)の解説。

 単発記事「インターネットを陰で見守るAkamai」は、AkamaiのCDNのベースであるAkamai Intelligent PlatformとGHostのあと、EdgeCacheやWAF、Siteshield、Blackholding、ダイナミックマッピングなどの「攻撃防御」サービスを紹介している。また、「クロス開発環境『Qt Quick』入門」は、Qtを使いJavaScriptでGUIを開発するQt Quickの解説。

 インタビュー連載「Software Designers」では、ジャクソン法の人の息子のDaniel Jacksonが、MITのオンライン教育「edX」などについて語る。

 そのほか、Ubuntu連載が、UbuntuからNexus 7とデータをやりとりする方法で、特にMTPまわり。ハイパーバイザ連載が、割り込みのしくみの基礎。レッドハット連載が、支給PCで仮想マシン作成自動化環境を作った話。Emacs Win64連載が、IMEまわりの実装と、w3m.elやascopeの紹介。シェルスクリプト連載が、grepによるMaildirの振り分け。IPv6連載が、組織内での計画プロセスのあたり。iPhone開発連載が、アプリのプロモーションについて。Android開発連載が、マルチプラットフォーム開発環境の第2回でRhodesの紹介。温故知新連載が、CPUのバグや、暴走の元になる仕様(?)の例。はんだづけカフェ連載が、Maker Faire New Yorkレポート。Hack For Japan連載が、IT Bootcampスタッフ&講師陣による、ふり返り。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://emasaka.blog65.fc2.com/tb.php/1080-2557139f

 | HOME | 

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

emasaka

emasaka

フリーター。
連絡先はこのへん

Monthly


FC2Ad