本を読む

読書やコンピュータなどに関するメモ

「ゲゲゲの家計簿」上・下

 水木しげるの自伝はいくつかあるけど、また1つ登場。今回は家計簿を軸にした話で、水木荘時代から水木プロ設立までを、時代背景を折り込みながらマンガで描いている。あいかわらず、苦労話なんだけどどこかのほほんとした作風で、「水木しげるの最高傑作は水木しげるかもしれない」(呉智英氏?)というのも納得。

 なお、「ゲゲゲの女房」ヒットに刺激されてか、下巻は布枝夫人との生活が描かれている。上下巻続きで夫人との対談も載っていて、これがいい味出してた。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://emasaka.blog65.fc2.com/tb.php/1074-b5320b63

 | HOME | 

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

emasaka

emasaka

フリーター。
連絡先はこのへん

Monthly


FC2Ad