本を読む

読書やコンピュータなどに関するメモ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「Software Design」2012年12月号

 第2特集が「Nginx構築・設定マニュアル」。ハートビーツの馬場氏と滝澤氏が、インストールや基本設定、リバースプロキシ + Unicornの例、php-fpm + WordPressの例、uWSGI + Movable Typeの例を解説している。なお、誌面の地(ページ背景)はキリル文字とロシア正教会っぽい屋根。

 第1特集が「なぜエンジニアは文章が下手なのか」。タイトルを一目見て想像する方向とは異なり、文章術というより、文章を書く「前」の心得を語る内容。特に、文章を介した異文化コミュニケーションを意識することや、論理構造を整理することについて解説している。末尾には、著名人4人による文章にまつわるショートエッセイが2ページずつ。ショートエッセイの誌面の地は、ノート。

 単発記事「エブリデープログラマの発想と実践」は、“四十の手習い”でプログラミングを始めた著者が、日常的な不便を解消するツールを作っている話をエッセイ形式で紹介している。

 連載「Linuxカーネル観光ガイド」は、Linux 3.7でのARMマルチプラットフォーム化で、特にブートでのATAGとDevice Treeそれぞれとその違いについて。

 「Ubuntu Monthly Report」は、12.04からデフォルトで/etc/resolvを管理するresolvconfについて、ポイントを解説。ここでは主にサーバーでの話だけど、デスクトップでのNetworkManager + resolvconf + dnsmasqの設定の関係なども機会があれば読みたい。

 新連載「IPv6化の道も一歩から」、第1回は、現在の時点でIPv6に対応しないリスク面と、組織での対応ロードマップについて。

 インタビュー連載「Software Designer」は、教育活動シリーズ第2回で、Girl Develop ItのVanessa Hurst氏。「米国でさえ、ほとんどの企業がいまだに学位の有無で採用の判定を行っています」とのこと。

 ほか、「Mahaut勉強会レポート」は、Grant Ingersoll氏来日により開催された勉強会のレポート。連載「ハイパーバイザの作り方」は、I/OでのVMExitのあたりについて。「Emacs 64bit化計画」は、DLL呼び出し機能の実装編。シェルスクリプト&USP連載は、Maildirの整理にxargsを使う話。Android連載は、マルチプラットフォーム開発環境として、言語や、PhoneGapのようなプラットフォーム、Monacaのようなクラウド開発環境、Unityのようなゲームライブラリを紹介。iOS連載は、「App Storeで成功しているアプリは2人組で開発したものが多い」という視点から、著者(たち)自身の2人組開発の経験を語る話。レッドハット連載は、ベンダーじゃない構築運用側がRed Hatやupstreamにパッチを投げて取り込んでもらうOSSスタイルについてUNIX連載は、Webセキュリティテストのためのスキャンツールの紹介。Hack for Japan連載は、岩手で開催したOSMの復興マッピング活動について。はんだづけカフェ連載は、ARMマイコンのプログラムを作る開発環境eXodusino。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://emasaka.blog65.fc2.com/tb.php/1065-9a008934

 | HOME | 

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

emasaka

emasaka

フリーター。
連絡先はこのへん

Monthly


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。