本を読む

読書やコンピュータなどに関するメモ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「Webサービスのつくり方」

 アイデアひとつでWebサービスを作るうえでの心得を、先輩が後輩に向けて語りかけるような感じで解説している本。といっても、スピリチュアル系でも技術リファレンスでもなくて、タイトルやスタイルの元になっているんじゃないかと思われる「アイデアのつくり方」のような感じで、企画・設計・開発・運用・プロモーションまでの各段階での“著者なりのやり方”を具体的に説明している。

アイデアのつくり方
アイデアのつくり方
posted with amazlet at 12.11.29
ジェームス W.ヤング
阪急コミュニケーションズ
売り上げランキング: 607

 なので、ここで語られている“やり方”や“道具”をマネしてでもまずは始めて、少しずつ経験値を積んでいく中で“著者はなぜそのやり方を選んだのか”という面を自分なりに消化していき、“自分なりのメソッド”をつかんでいく、というのが理想的なんじゃないかと思う。

 一方、すでにばんばん開発している人も、著者はこう考えてこういうやり方をとっているんだ、というあたりを横目で見たりするといいんじゃないかと思う。よくわからないけど。

Disclaimer:私はちょっとだけ関係者ですが、発売後は利害関係はありません。読むにあたっても普通に書店で買いました。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://emasaka.blog65.fc2.com/tb.php/1064-211b83ed

 | HOME | 

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

emasaka

emasaka

フリーター。
連絡先はこのへん

Monthly


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。