本を読む

読書やコンピュータなどに関するメモ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ubuntu 12.10のibus-skkでローマ字ルールをカスタマイズする

 Ubuntu 12.04のibus-skk(1.3.9)までは、~/.config/ibus-skk.jsonでローマ字ルールをカスタマイズできた。

 Ubuntu 12.10のibus-skk(1.4.1)では内部構成が大幅に変更されて、変換エンジン本体がlibskkというものになっているようだ。で、~/.config/ibus-skk.jsonが読まれなくなって、かわりに~/.config/libskk/rules/hoge以下で、hogeというタイピング方式を定義する。

 以下、メモ。

デフォルトのローマ字ルールに、"z "→全角スペースというルールを追加する例

(ここではemasakaというタイピング方式を定義)
$ mkdir -p ~/.config/libskk/rules/emasaka/rom-kana
$ cd ~/.config/libskk/rules/emasaka
(キーマップはデフォルトをそのままもってくる)
$ ln -s /usr/share/libskk/rules/default/keymap .
(メタデータをこんなふうに記述)
$ cat metadata.json
{
    "name": "emasaka",
    "description": "Typing rule for emasaka"
}
(ローマ字ルールの追加をこんなふうに記述)
$ cat rom-kana/default.json
{
    "include": [
      "default/default"
    ],
    "define": {
        "rom-kana": {
            "z ": ["", " "]
        }
    }
}

 ibusをメニューから再起動すると、ibus-skkの設定で、「動作」タブの「タイピング方式」から「emasaka」を選べるようになる。

参考文献

コメント

長音記号

御参考して、かな、カタカナ、英数字の切り替えができるようになりました。しかし、長音記号ーが割り振りできません。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://emasaka.blog65.fc2.com/tb.php/1057-def79aa0

 | HOME | 

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

emasaka

emasaka

フリーター。
連絡先はこのへん

Monthly


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。