本を読む

読書やコンピュータなどに関するメモ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「日経Linux」2012年11月号

 あと少しで次の号が出る時期だけど、次の号の「ディストリビューション100連発」特集で執筆に参加していたため(←これは宣伝)、それが終わってこの号をようやく通読した。

 特集1は「タブレット機ならLinux」ということで、タブレット端末をLinuxにつないだり、UltrabookにLinuxを入れたり、ブラウザーOSを使ったり、Nexus 7のrootを取ったり、Galaxy TabにchrootのUbuntuを入れたり、Koboを改造したり。しかし、UltrabookにLinuxを入れるのって面倒なんだな。

 特集2は「Linuxエンジニアが今知るべき7つの技術」として、AWS、OpenFlow、OpenStack、HTML5、Node.js、Hadoop、KVMを図解で紹介。

 特集3が「Windows 8 vs. Ubuntu」。Ubuntuを使ってる人にとっては、Windows 8の特徴の紹介となるか。

 「GREE年間総合大賞ソーシャルゲームの裏側」と題した記事の前編が載ってる。gumiの「FIFAワールドサッカー」でのトラブル事例とその対策を中の人が解説する記事。今回は、memcachedが高負荷→すべてのユーザーが同じデータを参照していた→アプリのロジックを変更、という件と、KVSのTokyoTyrantがメモリに乗り切らなくなると性能が出ない→MySQLをKVSに、という件。ここまでリリースから6日間でのできごとだとか。

 特別連載で、アシスト社が社内のWindowsをUbuntuにリプレースした体験記がスタート。今回は、社内の全PCでUbuntuをLive CDから起動して、ハードなど(各種ボタンとかプロジェクターとか)の動作状況を調べた話。

 レッドハット中井氏のサーバー構築連載は、DNATとSNATによるNATの構築について解説し設定している。

 Matz氏のmruby連載は、mrubyをとりあえずビルドして動かす方法や、CRubyとmrubyの違いについて。

 マンガ「#!シス管系女子」は、シェル変数によるシェル内のパーツの共通化。「一家で痴漢」ってw。ちなみに、ちょっとしたところだけど、著者による訂正も出てる。LPIC連載は、PHPやPostgreSQLをyumでインストールする対話型説明に、試験例題をからめて展開。Linux活用超入門連載が、アプリの自動起動というテーマで、GNOMEでの自動起動、Upstartやsysvinit互換スクリプトによるサービスの起動、cron、at。

 旧型PC+Linuxディストリビューション連載は、百数十MBの容量でUSBメモリから起動してXMBCのメディアセンターになる「GeeXboX」。

 そのほか、USPシェルスクプト連載が、curlによるTwitterボットと、Tsukubaiによる予実管理。ハイブリッドAndroidアプリ開発連載が、Node.jsとExpressによるサーバー側のプログラム。PaaS連載が、HerokuでのJavaアプリの実行。カーネル機能連載が、メモリーのオーバーコミットをさせないようにするカーネルパラメータ。あと、開発者インタビューがVA Linuxの山幡為佐久氏。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://emasaka.blog65.fc2.com/tb.php/1048-cbff6421

 | HOME | 

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

emasaka

emasaka

フリーター。
連絡先はこのへん

Monthly


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。