本を読む

読書やコンピュータなどに関するメモ

「日経Linux」2012年10月号

 新連載「組み込み用Ruby「mruby」のすべて」がスタート。まつもとゆきひろ氏自身によるmrubyの解説。今回は開発の背景と概要について。

 特集1が「Linuで楽々アプリ開発超入門」で、具体的な題材を使ったプログラミング入門。シェルスクリプトが、Webのコンテンツをメールで送る例。JavaScriptとCoffeeScriptが、マウスクリックイベントを使ったゲームと、そこでのオブジェクトやthisなどについて。Ruby on Railsが、Amazonの商品情報を検索する蔵書管理アプリ。ADK+Androidが、Androidで取得した天気情報をLEDの色で表示するガジェット。で、なぜかErlangとHaskellのパートがあって、nクイーン問題を解いてたw。

 シェルスクリプトといえば、シェルスクリプト連載が、ncでSMTPを叩く方法と、TODOリストのCGIアプリ。

 あと、みんな大好き「シス管系女子」も、「#!シス管系女子」となって、シェルスクリプト編に突入していた。

 特集2がトラブルねた。2コママンガを使ってインパクト強くまとめている。消したファイルの復活などけっこう詳しく書いてて参考になるけど、狙いの落としこみに若干ブレと思われる点も(rmに--no-preserve-rootオプションを付けるとか)。

 特集3が中華Pad。Part1がかつての悪いイメージに対して今は実用的になっているという話、Part2がカスタムROMの導入。Androidタブレットでは、巻頭のレポートコーナーで、Nexus 7でroot取得して横向きに対応するネタも。

 LPIC連載が新しくなって、「新人エンジニアのLinuxサーバー構築ストーリー」に。今回はUbuntuをちょっとかじった新人が、CentOSでパッケージをインストールする話。ちょうど、「Linux活用超入門」連載も、Ubuntuのパッケージやパッケージ管理システムの使い方。

 enakai00氏のサーバー構築・運用連載は、KVMに仮想ネットワークを追加し、仮想マシンに仮想NICを追加し、ブリッジにする話。次回は発展してNATとのこと。

 OSS開発者インタビューは、Linuxのkprobesメンテナーの平松雅巳氏。

 旧型PC+Linuxディストリビューション連載が、Core SoloマシンにAndroid-x86。ちなみに、巻頭のレポートコーナーでもディストリビューション紹介があった。

 ほか、美女Linux連載が環境変数の設定。ハイブリッドAndroidアプリ連載が、画面の切りかえや、画面サイズに合わせた描画、変数のスコープについて。PaaS連載がGoogle App Engine。カーネル機能連載が、/dev/zeroや/dev/nullなどの疑似デバイス。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://emasaka.blog65.fc2.com/tb.php/1039-f621073a

 | HOME | 

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

emasaka

emasaka

フリーター。
連絡先はこのへん

Monthly


FC2Ad