本を読む

読書やコンピュータなどに関するメモ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HTML5 Conference 2012のパネルディスカッション「Web最先端、エキスパートたちの視点から」メモ

 HTML5 Conference 2012のパネルディスカッション「Web最先端、エキスパートたちの視点から」を観たメモです。なお、全文書き起こしでもなく、ご本人のしゃべった通りの言葉遣いや順序でもなくて、キーワードを抜粋した箇条書きのようなものです。

パネリスト

  • 白石俊平氏
  • 小松健作氏
  • 羽田野太巳氏
  • 及川卓也氏
  • モデレーター:新野淳一氏

テーマ1:この3年間を振り返って

白石:波が来るとは思っていたが、こんな大きなイベントになるぐらい大きな波になるとは思わなかった。最初の勉強会はマンションの一室で、7人ぐらいしか集まらなかった。

新野:2009年。MSもAdobeもHTML5をスルーしていた頃。

小松:衝撃を受けた。APIなど。それが今では、会社でHTML5の仕事ができるようになった。

羽田野:もともとCanvas APIが面白いと思っていた。canvasというドメインは取れなかったので、html5.jpというドメインを取った。2007年。当時は冷たい視線だった。最近はいい意味で語られるようになった。デバイス系APIなどでWeb業界以外の人もホットになってきた。

及川:Google Chromeの登場が、会社にも自分にも世の中にも大きかった。気が付いたらブラウザにOSにIMEと、前の会社と競合していた(笑)。よい競争。白石さんや羽田野さんを巻き込んだり、小松さんが作ったWebSocketのサンプルでデモしたら会場に本人がいたり。

テーマ2:Webはなぜ成功したか

及川:誰もが勝手にいじりまくれる。ハック、マッシュアップ。それが標準に還元される。「永遠のβ」、つまり進化し続ける。

新野:Webの新技術は、出たときには未成熟なのが面白い。それをみんなで叩いていって成熟する。

小松:意外性。CanvasやLocal Storageなど、ブラウザでそれをやるかという、技術者から見た衝撃。Webはとんでもないポテンシャルをもっていて、それが引き出されている。

白石:先に仕様書が出てきて、誰がこんなマニアックな仕様を実装するんだと思ったら、あっという間に実装される。で、実装してバグが見つかり、仕様が変更される。わくわく感が続いている。

羽田野:わざと冷たく違う側面を言うと、「Appleのおかげ」または「Appleのせい」ともいえる。iOSでFlashが動かず、やむをえずHTML5に、ということで一般の人に浸透した面がある。また、AppleやAppStoreの規制に不満を持ってWeb技術でアプリを作るケースも。

及川:スマートフォンの影響も。今はそうでもないが、かつてはほぼWebKitだったので、マルチプラットフォームをあまり考えなくてよかった。また、モバイルの(比較的)低速な回線で、画像でなくCSSで工夫するようになった。

羽田野:ハードウェアの進化。スマートフォンのCPUやタッチパネル。リーズナブルな価格のクラウド。

テーマ3:これから、3年先

白石:予想は難しい。JavaScriptやWeb技術がいまより使われるとは思う。

新野:「JavaScriptは業務アプリの開発言語として有力な存在になる」というエントリーを書いた。コメントで賛否両論が来た。

白石:自分は信じる側。

小松:デバイスAPIにより、関わる業界が増えている。TV、家電、自動車など。それにより、いまでは想像できないことが起こっているのではないか。

羽田野:あらゆるディスプレイがWebでできている世界。カーナビやTVなど。ふたを開けたらWebだった、という。

新野:そのための鍵は。

羽田野:WebIntentなど。技術はだいたい揃っている。あとはコストや安全性。APIがどうこうというところとは別のものが鍵になる。

及川:やれることが広がる。デバイス間やデバイスとクラウドがつながる。スマホをリモコンにするとき、認証はクラウド、コントロールはピアで、など。また、いままでWeb技術はWebの人どうし、同じノリの中で作ってきた。disる意図はまったくないが、これから家電業界や自動車業界など、ノリの違う人たちも入ってくる。そこでいかにドライブ感を保っていくか。

白石:ところで、3年後には「HTML6」が出てる?(笑)

小松:HTML5.1ぐらい?(笑)

羽田野:「5」とか番号はなくなるかも。

白石:「新しいHTML」(笑)。

羽田野:「HTML.next」という名前もあって、それ「新しいHTML」と変わらない(笑)。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://emasaka.blog65.fc2.com/tb.php/1037-105378a6

 | HOME | 

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

emasaka

emasaka

フリーター。
連絡先はこのへん

Monthly


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。