本を読む

読書やコンピュータなどに関するメモ

「Software Design」2012年9月号

 第1特集がCのポインタで、最初甘く見てたけど面白かった。Part5がLinuxカーネルでのポインタの例で、ネットワークスタックのsk_buff構造体のメモリ管理と、ファイルシステム操作での関数ポインタ。Part6がOpenBSDのネットワークスタックでのmbus構造体まわりのメモリ管理。もちろん、その前のポインタ入門記事も、アドレスと型というポインタの2つの側面をやさしく解説している。

 それに近いあたりで、Windows 64bit Emacs連載が、ポインタ型の違いの問題や、malloc()再定義とVC++の最適化による問題、フォントなど。

 第2特集がSELinux。SELinuxを中心とするMACの解説にはじまり、SELinuxの仕組み、セキュリティコンテキストやbooleanの設定、audit2allowによるポリシー生成などが解説されている。

 「Linuxカーネル観光ガイド」がLinux 3.5の新機能の続き。スナップショット機能とそのTCP接続の復元の例、目的別にカーネル設定をまとめて有効にする方式の議論など。あと、カーネルパニック時にダンプをQRコードで表示する案は笑った。

 インタビュー連載「Software Designers」が、エンジェル系ハッカソンAngelHackのGreg Gopman。投資と直結したハッカソンの世界があるんだな。

 そのほか、「Mahaut入門」後編が、実際にMahautを使ってレコメンデーションを実装する例。Ubuntu Monthly ReportがLibreOffice 3.6の新機能。Hack for Japan連載が、復旧・復興支援制度データベースAPIハッカソンの続き。はんだづけカフェ連載が、米国のいろいろなタイプのハッカースペースの紹介の続き。USP連載が、プロセスのバックグラウンド実行。iOS連載が、大学生がiOS開発を始めた体験記とノウハウ。Android連載が、Kinectを使ったNUI(Natural UI)。dankogai氏連載がLisp。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://emasaka.blog65.fc2.com/tb.php/1031-4ef2c9f9

 | HOME | 

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

emasaka

emasaka

フリーター。
連絡先はこのへん

Monthly


FC2Ad