本を読む

読書やコンピュータなどに関するメモ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「Software Design」2012年8月号

 これも1か月遅れで、もうすぐ次号が発売になってしまうけど、通読したのでメモとして。

 第1特集はブックガイド「エンジニアのパワーアップ読書」。エンジニアリング力、UNIX系、ソフトウェア開発、エザイン、ネットワーク、データベースなど、分野別の選者が勧める本が並ぶ。特に第2部が顕著だけど、その本と自分のエンジニア経験をからめて紹介しているあたりなど、平板なセレクションにならないように工夫されていると思う。

 第2特集は「いま改めてお勧めするOSはこれだ」として、FreeBSD、Debian、Ubuntu、CentOS、Gentooの5つのフリーのUnix系OSを紹介。それぞれの著者が、独自機能とか特徴とかの細かいことだけでなく、それよりむしろ、そのOSや開発コミュニティ自体を熱く語っている(ように見える)のが面白く読んだ。

 ほかにOS系では、「Linuxカーネル観光ガイド」がYama、x32 ABI、Btrfsまわりのアップデート、uprobe、ext4のmetadata checksumなど。「Ubuntu Monthly Report」が、Ubuntuでのソフトの不具合をDebianにレポートしてUbuntuにSync Requestした工程のレポート。「システムで必要なことはすべてUNIXから学んだ」は、USBメモリなどにread onlyの小型FreeBSD環境を作る「NanoBSD」の解説。

 短期集中講座「機械学習ライブラリ『Mahaut』入門」が始まり、第1回はMahautや機械学習の概要と歴史。新連載「Emacs 64bit化計画」は、EmacsのWindowsへの独自移植版を作ってきた著者によるWindows 64bit移植版の話。ほか、OpenBlocksAファミリーの新連載も。

 LL Decadeは終わっちゃったけど、「Lightweight Languageの歴史と進化」は、この10年のLLイベントの歴史をふり返る記事。

 インタビュー連載「Software Designer」はDave Thomas編の後編。つるはし本、Rubyの“驚き”、CodeKataなど。

 そのほか、はんだづけカフェ連載が、Arduino周辺で著名なSparkFun社の訪問記。USP連載は、並列処理としてのパイプ。iOS連載は、“放置型RPG”ゲーム「ゆけ!勇者」の開発と運営の記録。Android連載は、ADKとWebSocketを使ったリモコンの操作。Hack for Japan連載は、復旧・復興支援制度データベースとそのAPIハッカソンの紹介。ダイエット連載が最終回で、タニタの体組成計と活動量計について。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://emasaka.blog65.fc2.com/tb.php/1025-2a15df35

 | HOME | 

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

emasaka

emasaka

フリーター。
連絡先はこのへん

Monthly


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。