本を読む

読書やコンピュータなどに関するメモ

「日経Linux」2012年8月号

 これ書いてるのが1か月遅れ状態で、あと数日で次号が出るけど、ようやく通読したのでメモしておく。

 「アジアLinux/オープンソース最新事情」連載は、Linuxカーネルコミッターの小崎氏インタビュー。これから何回か、日本人Linuxカーネルコミッターのインタビューになるとか。

 特集1はLinuxディストリビューションの作り方。ubuntu-defaults-builderを使わずrootfsを展開してLive CDをカスタマイズする方法、Live CDディストリビューションPorteusの日本語化、静的リンクしたbashだけのOS環境をQEMUの中で起動する方法、カーネル、kmod、glibc、BusyBoxだけのOS環境を起動しさらにXやFirefoxを動かす話。

 特集2はカラダに効くフリーソフト30。DebianやMEPIS、shredなども含まれているあたりはご愛嬌。

 特集3は、Fedora上のGIMPによるRAW現像まわり。カラーマネージメントなども。

 特別企画で、Linuxサーバー+Arduino+室温センサー+赤外線リモコンで室温をコントロールする話。本題も面白いけど、「ECサイトの特売をNagiosで監視」に笑った。

 最終回が2本。Android 4.0 UIプログラミング連載は、フラグメントの話。ARMボードLinuxマシン連載は、PandaBoard+Linaro版Android 4.0と、BeagleBoard+TI版Android 4.0、あとAnazon EC2でARM版Ubuntuの話。

 新連載がいくつか。中井悦司氏の「クラウド時代のサーバー構築・運用の基礎」は、KVMと仮想ネットワークを使ってネットワーク&サーバー環境全体を作る話のようだ。うすだひさし氏の「Linux活用超入門」第1回は、コマンドライン入門。石川高専の人の「バトルゲームで楽しく学ぶハイブリッドAndroidアプリ開発」第1回は、Titanium Mobileで占いアプリ。

 ほか、美女Linux連載がsshでの公開暗号鍵認証の設定。CPU再入門連載がGPU。LPIC連載が共有ライブラリとパッケージ管理。旧型PCとディストリビューション紹介の連載が、Core Duo世代でopenSUSE。この文章を書いてるPCもCore Duo世代のマシンだけどw。トラブルシューティング連載が、alacarteのライブラリ問題と、JDKの選択、ドライバ。カーネル機能連載がbindマウント。

 マンガ「シス管系女子」はtop編の続きで、メモリ不足によるスワップアウトでI/O負荷が高くなるケース。けっこう本格的。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://emasaka.blog65.fc2.com/tb.php/1024-c65b5e8a

 | HOME | 

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

emasaka

emasaka

フリーター。
連絡先はこのへん

Monthly


FC2Ad