本を読む

読書やコンピュータなどに関するメモ

「Software Design」2012年7月号

 また発売から10日以上たってしまったけど、通読メモ。

 第1特集が「VimとEmacs」。それぞれについて、“あまりカスタマイズしないで使う編”と“カスタマイズして使いこなす編”を分けて解説しているので、求道的じゃない人でも読んで参考になると思う。

 第2特集は「もしも、新卒女子SEが『アジャイル』をマスターしたら」。タイトルでえっと思ったら、書いてるのが「間違いだらけのソフトウェアアーキテクチャ」の人。アジャイルの基本を押さえつつ、身も蓋もない話をコミカルに書いてる。あと、アストロ球団を読んで五体投地するアジャイル、笑った。

 「データセンターの作り方」は、データセンターのレイヤー0であるファシリティ(施設)について、場所探しや電力設備、空調設計など濃いウンチクを披露していて面白かった。

 Emacs連載が最終回。いままでの内容をダイジェストで振り返っていて、読み返すのに役に立ちそう。後半ではEmscs 24の概要も。

 「Linuxカーネル観光ガイド」は、linux-nextのめぼしいリポジトリの紹介を中心に、カーネルのコンフィグ方法や、ディストリビューション固有で取り込んでいるパッチをUbuntuを例に紹介。続く「Ubuntu Monthly Report」もちょうど、独自パッチの解説やフレーバーの紹介で、続けて読むと理解が深まると思う。

 インタビュー連載「Software Designer」はDave Thomas。Rubyとの出会いや、米国と日本のRubyの状況の違いなど。

 ほか、はんだづけカフェ連載は、アメリカのオープンソース関係の企業やハッカースペースのレポート。「「生」ネットワークプログラミング」後編は、BPFによるパケットキャプチャと、pcapによるフィルタリング付きパケットキャプチャ。USP連載は、PIPESTATUS変数で終了ステータスをチェックして成功したときだけファイルを上書きする話。iOS連載が、SQLiteをプログラムから使う話。Android連載が、PlayStation Store(PSS)の話で、MonoベースなのでAndroidでも動くそうな。Hack For Japan連載は、NASAのデータを使ったハッカソン「International Space Apps Challenge」のレポート。

 ダイエット連載は水の重要性。やっぱりサウナに入ってビール飲んでツマミ食べて、というのは体によくないんだなあ。ちなみに、dankogai氏連載の素数の判定で、「\」が2箇所落ちていた。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://emasaka.blog65.fc2.com/tb.php/1021-6d95be3a

 | HOME | 

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

emasaka

emasaka

フリーター。
連絡先はこのへん

Monthly


FC2Ad