本を読む

読書やコンピュータなどに関するメモ

「金儲けがすべてでいいのか」

 生成文法のチョムスキーが米国政府の「グローバリム」を批判する論文集。論文といっても、難解な用語もなくてさくっと読める。

 チョムスキーは、かつての大英帝国などを例にひきながら、「支配者に都合のいい部分でだけの自由主義」や「米国流の押しつけによる国際収奪」を批判する。さまざまな事例をあげていて、読ませる。

 とはいえ、グローバルな権力の批判が、ドメスティックな権力の擁護につながりやすいというのは皮肉だ。よくも悪くも、チョムスキーの批判対象は米国なのだなと。

金儲けがすべてでいいのか
ノーム チョムスキー 山崎 淳
文藝春秋 (2002/09/27)
売り上げランキング: 135,845

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://emasaka.blog65.fc2.com/tb.php/102-21933f50

 | HOME | 

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

emasaka

emasaka

フリーター。
連絡先はこのへん

Monthly


FC2Ad