本を読む

読書やコンピュータなどに関するメモ

「Software Design」2012年5月号

 発売から半月ぐらいたってるけど、ようやく通読したのでメモ。

 特集が「Cloud Foundry」と「ZFS」。Cloud FoundryはVMwareが公開しているPaaS基盤ソフト。この特集では、概要だけとか実例だけとかではなくて、その両方とその間をひととおりカバーしているのが、まとまった記事として参考になる。どのレイヤーの機能を持っているのか、とかも。

 ZFS特集は、主にRAIDまわりを中心に、ディスクの増設とか交換とかの実運用で遭遇するあたりを重点的に解説。「新しい機能を有効にすることはおすすめしない」「バージョンを上げない」「チューニングを行わない」「必要のない機能は標準を使用する」とか。あと、最後にコラムでZFSとBtrfsの比較も。

 そのZFSとBtrfsのコラムを書いた青田直大氏による連載「Linuxカーネル観光ガイド」は、Linux 3.2の新機能。write中のプロセスをkillしたときの挙動、dirtyなページのライトバックのしくみ、プロセス間でデータを直接コピーするCMA(Cross Memory Attach)について。

 Linuxでは、ちょうどこれを書いているころに日本語RemixもリリースされたUbuntu 12.04のレポート記事も。書かれた当時はβ版だったけど、紙媒体ではたぶんこれが最初の解説記事。ほかに、Ubuntu関連では、Ubuntu Monthly Report連載が、Ubuntu版ChefみたいなJujuの解説。これも、日本語(だけでなくても)情報がないので参考になると思う。

 単発記事では「DNS浸透問題」の記事も。サーバー移転やDNSサーバー移転のさまざままパターンを紹介しつつ、いちばん問題になるのが“DNSサーバー移転で正しくない移転をした場合”であると。あと、DNSのTTLとDNSキャッシュポイズニングの関係なども。

 連載インタビューSoftware Designerは、「情熱プログラマー」のChad Fowler。話の情熱度もさることながら、最後に載っていたダイエット前後の写真にびっくり。

 OpenFlow連載は最終回で、Switch Managerやライブラリ、Tremasharkなどの“細かい”話。

 そのほか、Emacs連載がEmacs上のシェル環境。はんだづけカフェ連載が、.NET Micro Frameworkが動くARM7ベースのNetduino。Digital Gadget連載がいろいろな「スキャン」。iOS連載が魔窟コードでスピーディーにアプリを作ってヒットした話。Android連載が、入門者向けにGoogle Playやバージョンなどの基礎知識と最新状況を説明。UNIX連載がシステム停止処理。Hack for Japan連載が、OSMで復興状況を記録するHack for Iwateの活動。ダイエット連載が、三大栄養素のバランスを重視した食事の重要性。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://emasaka.blog65.fc2.com/tb.php/1008-effd9f04

 | HOME | 

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

emasaka

emasaka

フリーター。
連絡先はこのへん

Monthly


FC2Ad