FC2ブログ

本を読む

読書やコンピュータなどに関するメモ

「新仮面ライダーSPIRITS」28巻

 曽我部君と鳥海君編、決着。そして曽我部君のマニアックなライダー論議(笑)

 スーパー1とスカイライダーのいるISSは、予兆のとおり、攻撃を受けてパニックに。

あなた……誰よ?

 牢獄での闘いでは、大首領の計画を防ぐべく、アマテラスから交代したシズカを含めた3人がキメる。

 巻末インタビューは、スチールカメラマンの大島康嗣氏の後編。雑誌展開だったZXならではの見せ方の話も。

「大河ドラマの黄金時代」

 気鋭の時代劇・邦画評論家である春日太一氏が大河ドラマを扱った本。NHKの大河ドラマについて、各作品の内容より、その企画意図やキャスティングなど制作サイドがどう考えて作ったかを中心に解説している。

 時代劇はファンタジーの異世界のようなもの、とほかの本で書いている春日氏のこと、大河ドラマはかくあるべしというのではなく、いかに制作陣が「面白い」作品を作ろうとしてきたかの歴史が描かれる。

 大河ドラマの最初の放送は、日本でテレビドラマが始まって10年しかたっていない1963年。NHKもようやく1話完結の1時間ドラマを作れるようになったところで、当時のテレビドラマは狭いスタジオで撮影された地味で暗いものだった。

 それに対し「老若男女が楽しめる娯楽大作を」という、ドラマ畑の外から来た局長の“無謀なプロジェクト”が大河ドラマだった。映画スターがTVに出るなんて、という時代から交渉を重ねて出演者を集めていった。企画意図としても最初からスターと同時に新人を積極的に起用してきて、映画・演劇・歌舞伎など各分野から集め、そこから後のスターが多数生まれていく。

 カメラの大きさや撮影技術も、作品ごとに進化していく。そして、それが作品に影響を与えていく。

 ストーリーや設定、キャストなども、作品ごとに新たなチャレンジがなされていく。あと、オリキャラ(架空の人物)を出すことにこだわる理由なども語られる。

 本書で「黄金時代」というのは、第1作「花の生涯」(1963年)から、大河ドラマの完成形となった「独眼竜政宗」(1987年)〜「太平記」(1991年)までを指す。ここで区切っているのも、内容というより、制作体制の変更によるものとのこと。あとはまあ、あのあたりで大河ドラマが完成形になったというのもあるのだろうな。

 大河ドラマのほか、「風神の門」「立花登 青春手控え」などの「○曜時代劇」(現在の「BS時代劇」)や、「真田太平記」などの「新大型時代劇」などについても、大河との関連に触れながら語られる。

 そのほか、幕末ものは当たらないと言われていたというのは、そういえば昔はそうだったな。「太平記」を扱うと右翼から抗議が来る、というのも大変だなあ。

 | HOME | 

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

emasaka

emasaka

フリーター。
連絡先はこのへん

Monthly