FC2ブログ

本を読む

読書やコンピュータなどに関するメモ

「ルポ 人は科学が苦手」

 主に米国の、進化論や地球温暖化、ワクチン摂取、地球が球体であることなどを否定する層のような、反科学的な動きについて探った本。実際のさまざまな事象を取材して紹介しているところが面白い。ひいては科学から離れて、トランプ現象についても、支持者を取材して取り上げている。

 そして科学不信につい「知識がないから」という結論を否定し、そもそも人が理性的に判断するというのは幻想だとしているのが印象的だ。

 そうした内容を受けて、最後の第4章では科学の伝え方=科学コミュニケーションを論じる。「コスモス」のカール・セーガンがTVで人気になったために学会で冷たく扱われた「セーガン効果」など、科学コミュニケーションにネガティブな科学者側の状況も紹介。福音派かつ科学者である背景をいかして科学コミュニケーションで活動する教授や、共和党内で地球温暖化問題を伝えようとする元議員、天気キャスター、俳優のアラン・アルダなどの活動がレポートされていて面白い。

「信長の原理」

信長の原理
信長の原理
posted with amazlet at 19.09.15
垣根 涼介
KADOKAWA (2018-08-31)
売り上げランキング: 41,712

 少年時代の織田信長が蟻の行動を見て働きアリの法則(≒パレートの法則)を独自に発見し、以後それに則って行動するという時代小説。「光秀の原理」の、法則性をつきつめて実験しないと気がすまない信長と同一人物だと思う。

 働きアリの法則うんぬんはあくまでも信長の行動原理で、ストーリーそのものになっているわけではない。ただ、信長の部下に対する厚情と、落ち目の部下に対する薄情とを物語内で説得力を持たせていると思った。あと、蟻の場合は8割は単にサボっているのではなく緊急時の予備だという話を聞いたことがあるけど、そのため常に緊急時を作ろうとする信長の苛烈さにもつながる。

 とはいえ、小説として面白かったというのを前提にして言うと、帯でほのめかしているような裏切りにつなげるのはちょっと苦しいかなと思った。

UbuntuのconvertでPDFに変換するには設定変更が必要

 フリーランスで仕事をしていると「書類をプリントアウトして押印し、スキャンして提出」という作業が求められることがよくあります。

 JPEGなどの画像ファイルからPDFに変換するとき、ImageMagickのconvertコマンドを使うと、コマンドラインから一発で変換できます。JPEGからA4のPDFを作るには、こんな感じで。

$ convert -density 72 -page a4 shorui.jpg shorui.pdf

 ただし、最近のUbuntuのconvertでは、セキュリティ上の理由から、デフォルトではPDFの変換が許可されていません。そのため、そのまま実行するとエラーになります。

convert: not authorized `shorui.pdf' @ error/constitute.c/WriteImage/1028

 そこで、設定を変更します。/etc/ImageMagick-6/policy.xmlファイルを、管理者権限のテキストエディタで開きます。

$ sudo vi /etc/ImageMagick-6/policy.xml

 ここで、PDFの設定の箇所を見つけて、以下のように書き換えて保存します。

  <policy domain="coder" rights="none" pattern="PDF" />
            ↓
  <policy domain="coder" rights="read|write" pattern="PDF" />

 これで、変換が実行できるようになりました。

参考:convert - Error during converting jpg to pdf - Ask Ubuntu

 | HOME | 

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

emasaka

emasaka

フリーター。
連絡先はこのへん

Monthly