本を読む

読書やコンピュータなどに関するメモ

守り人シリーズ

 NHKで実写ドラマ化されたのをきっかけに、未読だった和製ハイファンタジー「守り人」シリーズを全巻少しずつ読んでみた。名作だと聞いていたけど、実際に読んでみたら、ものすごく面白かった(小並感)。

 名作として多くの人に親しまれ語り尽されているので、私がいまさら付け加えることはないだろう。まあ、さんざん言われていることだけど魅力を一つ挙げると、それぞれの国がそれぞれの文化や歴史や風習を持ち、それぞれの登場人物がそれぞれの人生を生きていることが凄いと思った。まったく同じ価値観を持った人は存在せず、それぞれの人生が交差したところに協力や対立が生まれる。

精霊の守り人 (新潮文庫)
上橋 菜穂子
新潮社
売り上げランキング: 4,502

 第1作「精霊の守り人」は、「精霊の卵」を宿したチャグム皇子と、それを守るべく雇われた女用心棒バルサの最初の冒険の話。ほぼ新ヨゴ国で完結しているのだけど、後の全シリーズの舞台設定ができあがっていると感じる。なお、実写ドラマの第1シーズンはこの巻から。

闇の守り人 (新潮文庫)
上橋 菜穂子
新潮社
売り上げランキング: 6,119

 第2作「闇の守り人」は、バルサが故郷のカンバル王国に戻る話で、養父ジグロの過去の因縁が語られる。ここから、「守り人」がバルサもの、「旅人」がチャグムものになる。ちなみに、実写ドラマの第3シーズンでは、この巻の内容をやるとか。

夢の守り人 (新潮文庫)
上橋 菜穂子
新潮社
売り上げランキング: 8,067

 第3作「夢の守り人」は、幻想色の強い話。大呪術師トロガイの過去と、それにつながる異界の因縁が物語られる。

虚空の旅人 (新潮文庫)
上橋 菜穂子
新潮社
売り上げランキング: 8,912

 第4作「虚空の旅人」は、チャグムを主人公に、舞台が一気に国際的になる。海の国サンガル王国の内乱危機に、南のタルシュ帝国の影が。

神の守り人〈上〉来訪編 (新潮文庫)
上橋 菜穂子
新潮社
売り上げランキング: 9,950
神の守り人〈下〉帰還編 (新潮文庫)
上橋 菜穂子
新潮社
売り上げランキング: 10,935

 第5作「神の守り人」は、ロタ王国を舞台に、邪教とされた破壊神の力を持った幼い少女とその兄を、バルサが守ろうとする話。実写ドラマの第2シーズン「悲しき破壊神」の前半の主要ストーリーだ。

蒼路の旅人 (新潮文庫)
上橋 菜穂子
新潮社
売り上げランキング: 6,017

 第6作「蒼路の旅人」は、ついにチャグムがタルシュ帝国に触れる。実写ドラマの第2シーズンの、チャグムのパート前半に相当する。

天と地の守り人〈第1部〉ロタ王国編 (新潮文庫)
上橋 菜穂子
新潮社
売り上げランキング: 14,100
天と地の守り人〈第2部〉カンバル王国編 (新潮文庫)
上橋 菜穂子
新潮社
売り上げランキング: 7,499
天と地の守り人〈第3部〉新ヨゴ皇国編 (新潮文庫)
上橋 菜穂子
新潮社
売り上げランキング: 6,952

 第7作「天と地の守り人」は、ついにチャグムとバルサが再会を果たし、これまでのさまざまなストーリーが流れ込んで、タルシュ帝国との戦いが描かれる。

 ちなみに、第1部が実写ドラマの第2シーズンの後半に相当する。ドラマではタルシュ帝国の王子が一人という設定になっているけど、どういう結末になるんだろう

流れ行く者: 守り人短編集 (新潮文庫)
上橋 菜穂子
新潮社 (2013-07-27)
売り上げランキング: 5,898

 「流れ行く者」は短編集。ローティーンの頃のバルサのエピソードが語られる。一部のエピソードが、実写ドラマの第1シーズンで回想シーンに使われているらしい。

炎路を行く者: 守り人作品集 (新潮文庫)
上橋 菜穂子
新潮社 (2016-12-23)
売り上げランキング: 5,096

 「炎路を行く者」も中・短編集。「蒼路の旅」ラスト付近を起点にした、タルシュのヒュウゴの回想「炎路の旅人」と、バルサの回想「十五の我には」の2編が収録されている。「天と地の守り人」の最後でヒュウゴの狙いが明らかになったときには驚いたけど、「炎路の旅人」ではそれを育んだヒュウゴの少年時代が描かれる。

「Q.E.D. iff」7巻、「C.M.B.」35巻

 人気コミックシリーズの最新刊が、今回も2冊同時発売された。以下、ネタバレに気をつけているつもりだけど、未読の方は念のためご注意を。

Q.E.D.iff -証明終了-(7) (講談社コミックス月刊マガジン)
加藤 元浩
講談社 (2017-06-16)
売り上げランキング: 277

 「Q.E.D. iff」は、「虹の彼方のラマヌジャン」と「ある興業師」の2編を収録している。

 「虹の彼方のラマヌジャン」は、2016年の映画「奇蹟がくれた数式」で題材になった数学者シュリニヴァーサ・ラマヌジャンの話と、その再来として教授が目をつけた少年のストーリー。人物設定は「グッド・ウィル・ハンティング」に近いけど。

 ストーリーは、教授の死と、時を同じくして激化するギャングの抗争の謎を解く。のだけど、どちらかというとラマヌジャンの数学の話のほうが力点が置かれている。そして以前から出てくる塔馬君の因縁のゼータ関数につながる。そして最後は「きっと、うまくいく」。

 「ある興業師」は、1960年代の興業師の謎の死(?)と、それにまつわるヤクザの親分、漫談家、芸妓の行動の謎を、現代から追う。いくつかのエピソードがジグゾーパズルのピースのように細切れに出てきて、それが最後にぴったりと1枚の絵になるトリッキーな話だった。

C.M.B.森羅博物館の事件目録(35) (講談社コミックス月刊マガジン)
加藤 元浩
講談社 (2017-06-16)
売り上げランキング: 316

 「C.M.B.」は「ドミトリー」「クリスマスのマウ」「ドングリとマツボックリ」「アリイバイ」ノ4編を収録している。

 「ドミトリー」は、タイのゲストハウスに集まったバックパッカーの中から麻薬密売人を探す。博物ネタはインドの神像。うん、知識は大事だね。

 「クリスマスのマウ」は、富豪の遺産の売却にまつわる、商人あきんどマウ・スガールの活躍。途中で出てきたエピソードがああつながってこうなる。博物ネタはケルトの十字架。

 「ドングリとマツボックリ」は、焦って遭難した登山家を、失敗しかけて焦る警備隊員が追う。そして、登山家の息子の話から森羅君が場所を特定する。ブラタモリばりに地形や植生がカギとなる。母さん怖いw

 「アリイバイ」は、残業だらけで自分の行動も憶えていないサラリーマンが殺人事件の容疑者にされる話。そのアリバイを、小さな手がかりから順々に森羅君が探し出す。

 | HOME | 

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

emasaka

emasaka

フリーター。
連絡先はこのへん

Monthly


FC2Ad