本を読む

読書やコンピュータなどに関するメモ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「殴り合う貴族たち」

殴り合う貴族たち―平安朝裏源氏物語
繁田 信一
柏書房
売り上げランキング: 153097

 平安時代の上級貴族というと、歌と蹴鞠と恋愛にあけくれる、雅でまったりとしたイメージが浮かぶ。でもそんなわけないじゃん、と、数々の暴力事件を取り上げているのが本書。

 派手なあたりをピックアップするとこんな感じ。

  • 光源氏のモデルの一人といわれる藤原道長容疑者は、官人採用試験の試験官をしていた橘淑信さんを拉致監禁し、自分が懇意にしている者の試験結果を改竄するよう脅した
  • 藤原道長容疑者は、妻の外出準備に時間がかかったため、貴族の2人を拉致監禁して暴力をふるった
  • 藤原道雅と高階順業が、路上で賭博のすえ取っ組み合いの喧嘩となり、人だかりとなった
  • 大江至孝容疑者、藤原至行の未亡人宅に押し入り、強姦未遂。僧侶に取りおさえられたため藤原能信容疑者の従者の助けを呼び、従者は僧侶の返り討ちにより殺害される。能信容疑者はさらに多くの従者を集めて未亡人を拉致監禁、家を略奪しつくした
  • 光源氏のモデルの一人といわれる藤原伊周容疑者、花山法皇と女の取り合いのすえ、手下の武闘派集団を使って矢を射かけたり暗殺を企んだりなどの武力抗争をしかけ、花山法皇の従者を殺して生首を持ち帰った
  • 藤原道長容疑者、法成寺建立のため、平安京内の建物の礎石を強奪して回った。容疑者は以前にも、自宅造営のために、通行人たちを拉致して民家の柱や戸を略奪し、岩石を運ばせる事件を起こしていた
  • 藤原道雅容疑者、花山法皇の隠し子の姫君を殺害して路上に放置。遺体は野犬に食い荒らされた
  • 光源氏のモデルの一人といわれる敦明親王、高階業敏を公衆の面前で衣装がぼろぼろになるまで袋叩きにした。荘園の権益をめぐるトラブルが原因と見られる
  • 「紫式部日記」にはかなげな美人として描かれた小少将は、のちに夫は多重債務でトラブル、息子は天皇の寝所に無断新入しようとして警備兵にとりおさえられたが小少将が駆けつけてもみ消し警備兵をさんざん罵った

 1冊まるごとこんな話が続く。平安朝の裏話と、系図を交えた人間関係を、ニヤニヤしながら読んだ。そのほか、貴族の家の門の前を通ると投石の嵐を受けるとかいう話も面白かった。

 ネタ元は主に、「賢人右府」と呼ばれ藤原道長や紫式部も一目置いた藤原実資の日記「小右記」から。ちなみに、Wikipediaによると、藤原道長の「この世をば」の歌も「小右記」により伝えられたんだとか。

スポンサーサイト

IT勉強会カレンダーの集計

誰か、月別の勉強会数とか地域別開催数とかマッシュアップしてくれないかなあ

 マッシュアップというよりグレップ(grep)な出来ですが。

 月別集計。

#!/usr/bin/perl
use strict;
use warnings;
use Data::ICal;
use Date::ICal;
use LWP::Simple qw( get );

my $data = get('http://www.google.com/calendar/ical/fvijvohm91uifvd9hratehf65k%40group.calendar.google.com/public/basic.ics') or die;

my $ical = Data::ICal->new(data => $data);
my %h;

for my $e (@{$ical->entries}) {
    my $s = $e->property('DTSTART') or next;
    for my $d (@$s) {
        my $dt = Date::ICal->new(ical => $d->value);
        $h{sprintf "%d-%02d", $dt->year, $dt->month}++;
    }
}

print sort(map { "$_: $h{$_}\n" } keys(%h));

 結果。2006年は入力ミスだと思う。

2006-04: 1
2008-04: 21
2008-05: 127
2008-06: 221
2008-07: 310
2008-08: 260
2008-09: 147
2008-10: 58
2008-11: 37
2008-12: 18
2009-01: 10
2009-02: 13
2009-03: 1
2009-04: 1
2009-06: 1

 続いて地域別。

#!/usr/bin/perl
use strict;
use warnings;
use Data::ICal;
use Date::ICal;
use LWP::Simple qw( get );

my $data = get('http://www.google.com/calendar/ical/fvijvohm91uifvd9hratehf65k%40group.calendar.google.com/public/basic.ics') or die;

my $ical = Data::ICal->new(data => $data);
my %h;

for my $e (@{$ical->entries}) {
    my $ary = $e->property('SUMMARY') or next;
    for my $summary (@$ary) {
        (my $str) = $summary->value =~ /\[(.*?)\]/ or next;
        for my $p (split(/\//, $str)) {
            $h{$p}++;
        }
    }
}

print map { "$_: $h{$_}\n" } sort { $h{$b} <=> $h{$a} } keys(%h);

 結果。東京が多いのは予想どおりとして、オンラインが意外に多かった。

東京: 580
大阪: 106
名古屋: 73
オンライン: 56
京都: 37
福岡: 37
北海道: 32
札幌: 25
長野: 25
広島: 21
島根: 17
横浜: 13
神奈川: 13
岩手: 12
仙台: 12
福島: 11
沖縄: 9
大分: 9
茨城: 8
静岡: 8
兵庫: 8
愛知: 8
松江: 7
宮城: 7
締切: 7
神戸: 6
鹿児島: 6
群馬: 6
富山: 6
栃木: 6
青森: 5
香川: 5
山形: 4
千葉: 4
筑波: 4
新潟: 4
佐賀: 4
長崎: 4
石川: 3
愛媛: 3
岐阜: 3
室蘭: 3
高知: 3
つくば: 3
小樽: 3
松本: 2
埼玉: 2
和歌山: 2
チケット: 2
徳島: 2
鎌倉: 2
福井: 2
新宿: 2
熱海: 2
滋賀: 2
秋田: 2
博多: 1
函館: 1
湘南: 1
山梨: 1
上田: 1
水戸: 1
箱根: 1
釧路: 1
岡山: 1
鳥取: 1
前橋: 1
三重: 1
宮崎: 1
旭川: 1
山口: 1
佐世保: 1
熊本: 1
呉: 1
奈良: 1
軽井沢: 1

 ちなみに、使用PerlモジュールはUbuntu 8.04の公式パッケージにあるものだけ。

「なめくじに聞いてみろ」

なめくじに聞いてみろ―昭和ミステリ秘宝 (扶桑社文庫)
都筑 道夫
扶桑社
売り上げランキング: 100153


 ナチスドイツで活躍した、奇抜な殺人方法の研究者の息子が上京して、親父の教え子を抹殺してまわるサスペンス。

 …といっても、コメディータッチでナンセンスな感じのアクションコメディー。田舎者のイケメンが、昭和30年代の新宿付近で活躍するさまを、キザなようなトボけたような軽口とウンチクを重ねながら話が進む。題名も、「知らないね」という意味の軽口を、主人公が妙に気に入って連発するセリフだし。たとえていうと、「ルパン3世」系。

 25年前に読んだ本を、ひょんなことから読み返してみて、やっぱりすごく面白くて堪能した。自分も田舎にいた当時は古くさく感じた部分、たとえば新宿に都電(路面電車)が走っているような街の様子が描かれているのも、今となってはレトロっぽくていい。

 ちなみに、昔も今回も読んだのは講談社文庫版だけど、絶版のようなので扶桑社版のアサマシを貼ってみる。

「眠れない一族」

眠れない一族―食人の痕跡と殺人タンパクの謎
ダニエル T.マックス
紀伊國屋書店
売り上げランキング: 11921

 イタリアのヴェネト州のある一族は、代々、遺伝性の病気に苦しめられていた。中年期ごろから発病し、眠れなくなって極度に疲労して、自分がどうなっているかわかった状態で死に至るという、恐ろしい病気だ。

 この正体不明の致死性家族性不眠症(FFI)を中心に、さまざまなプリオン病にまつわるできごとを語る医学ドキュメンタリー。著者自身も「タンパク質が間違った折り畳まれ方をした」ことによる病気を持っている一人とのことで、プリオン病患者に対して仲間意識と、それでも野次馬としての罪悪感とを持ちながら、取材していく。

 読み物として、登場人物像がくっきりと描かれ、キャラが立っているのが面白かった。文明嫌いと少年愛の性癖を持ったノーベル賞受賞者カールトン・ガイジュシック、極端に上昇指向が強く金儲けとスタンドプレーと職権濫用を好み人使いの荒いスタンリー・プルジナー、FFIの一族の一人で派手なキャラのシルヴァーノなど、登場する人物がそれぞれ印象的だ。ちなみに、「プリオン」というのはプロジナーがマーケティング的に考案した用語だそうな。

 一方、プリオン病自体について広く取材した結果か、著者は事実に対して謙虚な立場をとっており、わからないことはわからないと書いている。たとえばクロイツフェルト・ヤコブ病(CJD)とFFIとの関連性を勝手に結論づけたりということはしていない。ある意味、散漫なままにまかせている部分がある。その意味で、本書の帯にある「食人習慣がすべての始まりだった?!」というキャッチコピーは、著者のスタンスに反する気がする(本書ではプリオン病が80万年前の食人習慣の証拠となるという話になっており、その逆ではない)。

 ちなみに、ご多分にもれず、2008年春ごろの「プレジデント」誌の読書特集で惹かれて本書を買ったのだけど、ようやく読んだ。

 以下、本書からのメモ。

  • 致死性家族性不眠症(FFI):18世紀~、イタリア
    • 睡眠がとれなくなり、極度に疲弊
    • 思考力が残る場合も多いのが酷
  • スクレイピー:18世紀~、イギリス
    • 羊の病気
    • 食用羊を大型化するため、近親交配を使った品種改良(ロバート・ベイクウェル)
      • マルサスに「人口論」を改訂させた
    • 羊毛用にスペインのメリノ種の血を残すため、近親交配を使った品種改良(ジョセフ・バンクス)
    • オーストラリアで羊が飼育されるようになると、ヨーロッパの羊産業は崩壊
      • 人工的な品種改良が求められなくなり、スクレイピーに抗生のある血統が再び優勢に
  • クロイツフェルト・ヤコブ病(CJD):1910年代~、ドイツ
  • クールー:1950年代~、パプアニューギニア
    • 比較的新しい病気
    • フォレ族:ニューギニア島中央部の高地
      • オーストラリア人が来たら急速に生活が変わる、貨物崇拝(カーゴカルト)
      • 同性愛的な儀式
    • 食人の習慣:ただし50年程度の歴史、クールーと関係?
      • 食人の習慣をやめたらクールーが激減
      • ただし、いまでもクールーで死者は出続けている
  • 「奇妙な遅効性ウイルス」:1960年代
    • クールーとCJDの類似性の発見(イギリス)
    • スクレイピーの感染の発見(スコットランド)
    • 「スクレイピーの病原体は死なない」
  • プルジナーの研究プロジェクト:1970年代~、USA
    • 化学者出身
    • 病原性はウイルスではなくタンパク質に備わっている
    • 一般向けにわかりやすい用語を:prion(small proteinaceous infectious partile)
  • 狂牛病(BSE):1980年代~、イギリス~
    • スタガーズ(よろめく牛)
    • 論文から、スクレイピーとの関連を示す部分が削除される
    • ケーキ(高タンパク濃厚飼料、肉骨粉)
      • 糖蜜を入れて甘くし、牛に食べさせる
      • 病気などで牧場で死んだほかの家畜の肉がタンパク源のひとつ
      • 19世紀、南米のなめし革工場で牛肉が捨てられていた
        • 腐らないよう牛肉の抽出物を固めてヨーロッパに運ぶ技術が登場(フォン・リービッヒ)
    • BSEは人間に害がないという農漁食料省の判断
    • 酪農家のマチズモ
    • 機械的回収肉
      • 脊髄に近い部分から高圧の水で牛肉をはぎとり、臓器も含めてスープ状に
      • ハンバーガーの主成分
  • プリオンだけが感染性をもつタンパク質ではない
  • ヘテロ接合体とホモ接合体
    • ホモ接合体の人がBSEに感染しやすい
    • イギリスではヘテロ接合体が多い
      • 食人によりCJDが起こりホモ接合体が淘汰された?
    • 日本人はホモ接合体が多い

「ジャガイモの世界史」

ジャガイモの世界史―歴史を動かした「貧者のパン」 (中公新書 1930)
伊藤 章治
中央公論新社
売り上げランキング: 88194

 アイルランドからアメリカに大量に移民したのは、ジャガイモ飢饉が原因だった。その結果、ジャガイモへの偏見のないアメリカは軍隊を増強し、独立戦争の戦力で有利になった。

 というように、ジャガイモが「貧者のパン」として世界の歴史に与えた影響を解説する本。たとえば、ヨーロッパにジャガイモを普及させたのは、フリードリッヒ大王やピョートル大帝といった、国力増大をはかる絶対君主だった、など。ちなみに、今年は国際ジャガイモ年。

 ただし、著者は、ジャガイモや世界史より、そこで苦労した人々の物語のほうに重点を置いているようで、ジャガイモと関連性の少ないエピソードもいくつか。

 以下、本書からのメモ。

  • 1991年、保守派によるロシアのクーデター事件
    • 「ジャガイモが豊作なので、市民は収穫に忙しいはずだ」という読み
      • 実際にはジャガイモより民主化だった
    • もともと、政界やアナリストが「今年のジャガイモの収穫量」から民衆の不満度を読んでいた
  • 足尾鉱毒事件とジャガイモ
    • 田畑を汚染された被害民が北海道常呂郡に移住してジャガイモを栽培
  • 北海道へのジャガイモ
    • 1706年、末兵衛
    • 1882年ごろ、湯地定基
      • 乃木将軍夫人の兄
      • 食料不足により、ジャガイモを普及させる
      • 「芋判官」
  • ジャガイモのふるさと
    • ペルーとボリビアの国境付近、ティティカカ湖のほとりあたり
      • 野生種のジャガイモ
      • 浮島の上にもジャガイモ畑
    • 二倍体のジャガイモの栽培→四倍体のジャガイモの誕生
    • 乾燥イモ「チューニョ」
      • 10年近く保存できる、交易品としても重宝
      • レンコンに似たしゃきしゃき感
    • かつてのインカ帝国を支えた食物はジャガイモ?
  • ヨーロッパへの伝搬
    • スペイン人が持ち帰ったのは1570年ごろ
    • そこから英国へは16世紀なかばから末
      • ジャガイモを積んだスペインの船がアイルランド沿岸で座礁したことから、との説
    • ドイツでは1588年には植物園に、一般での栽培は30年戦争の後
    • フランスへ入ったのは16世紀末、一般での栽培は18世紀
    • 日本へは16世紀末にオランダ人の手でジャガタラから
  • ジャガイモの呼び名
    • papa(中南米)系
      • patata(スペイン、イタリア)、potato(英語)、potatis(スウェーデン)
    • 「大地のリンゴ」
      • pomme de terre(仏)、aardappel(蘭)、Erdapfel(独)
    • トリュフ系
      • Kartoffel(独)、kartofel(露)
    • 日本
      • ジャガイモ、ジャガタライモ系
      • 馬鈴薯系
      • アップライモ系
        • オランダ語由来?
      • 収穫形態由来
        • ニドイモ(二度)、ゴトイモ(五斗)、ゴショーイモ(五升)
      • 人名・地名由来
        • セーダイモ(中井清太夫)、ゴーシューイモ(江州)、シナノイモ(信濃)
        • 善太芋、お助け芋:1700年代、飛騨にジャガイモを広めた代官、幸田善太夫
          • 天保飢饉で役に立った
  • 30年戦争(1618~1648)
    • ドイツ全土が荒廃
    • ドイツ西部地方でジャガイモの栽培が始まる
    • フリードリッヒ2世「ジャガイモ令」(1756)
      • 無料で種イモを配り、掘り起こさないよう兵士が監視
  • 7年戦争(1756~1763)
    • ドイツはジャガイモで兵糧が確かになる
    • スウェーデン軍の戦果はジャガイモだけ
    • フランス、パルマンティエによるジャガイモ普及
      • プロイセン軍の捕虜になり、毎日ジャガイモを食べる
      • 帰国後、フランスアカデミーの「食料飢饉を緩和する食物」募集に論文提出、採用
      • 柵で囲い警備兵に守られた畑(マリー・アントワネットが土地を提供)に、人々の興味が集まる
        • 夜間は警備を緩め、盗ませたジャガイモが評判になり、栽培が広まる
      • のちに、ナポレオンもパルマンティエのプロジェクトを援助
        • 生産量が約15倍に急上昇
  • バイエルン継承戦争(1778~1779)
    • 「ジャガイモ戦争」
      • プロイセンとオーストリアが互いのジャガイモ畑を荒らすことを重要戦略とした
  • 小氷期による飢饉
    • イギリスでジャガイモの栽培に助成金
      • 1795年以降、ジャガイモが食卓に上るようになる
    • オランダで1739年にジャガイモの作付けがはじまる
  • アイルランド
    • 16世紀末にジャガイモがもたらされた
      • ヨーロッパで最初に主食にした
        • 収穫した麦はみな英国人地主に納め、自分たちはジャガイモを食べた
      • 大幅な人口増加
    • ジャガイモ飢饉(1845~)
      • 「黒死病以来、ヨーロッパで最大の惨事」
      • ジャガイモ単作(モノカルチャー)が原因
      • 250万人がいなくなる
        • 100万人が(アメリカに)移民、残りが死亡
      • アメリカにジャガイモが渡る
        • ジョージ・ワシントン、ジョン・アダムズ、トマス・ジェファーソンも推進
        • 独立時、イギリスと比べてジャガイモの偏見もなく、軍隊でも食べられていた
    • 文学とジャガイモの街
      • 「小妖精が横断中」の交通標識
  • ロシア
    • ピョートル大帝がおしのびでオランダで職工をしていた時代に、ジャガイモを知り本国に栽培を命じたことから始まったという説
      • 7年戦争で兵士がプロイセンから持ち帰ってから、とする説も
    • なかなか広まらなかった
      • ピョートル大帝が農民に「目の前で食ってみせなければ打ち首にする」と脅したという伝説
    • 1840年、一定量のジャガイモを作付けするよう命じる法令
      • 反対運動の一揆
      • 1843年、説得による普及に切り替え、成功
    • 1825年、デカブリスト(十二月党員)の蜂起、あっさり失敗
      • シベリアに流刑になった貴族たちがジャガイモの栽培を始める
      • 「ジャガイモ革命」
  • 当初ヨーロッパで迷信
    • 「ジャガイモを食べると流行病にかかる」
    • 「催淫作用がある」
    • 「禁断の木の実」
    • 「聖書にない食物であり、神に背く」
  • 森の変容
    • 中世には豚は森で放し飼いにされていた
      • どんぐりを生む広葉樹が必要
    • じゃがいもを豚の餌にするようになったため、広葉樹を切り倒したり、針葉樹を植えたりできるようになった
  • 産業革命
    • エンゲルス「イギリスにおける労働者階級の状態」(1845年)
      • 貧民街などを取材、膨大な資料を収集し分析
      • 貧しい労働者を支える食料:ジャガイモ
      • この状態を脱するようになったのは1850~1860年ごろと言われる
    • アダム・スミスも「小麦粉の3倍の生産量」とジャガイモを評価
    • 日本:女工哀史
      • 馬鈴薯汁
      • 大原孫三郎の労働環境改善運動
  • 現代のドイツ
    • 第二次大戦後の一時期、ベルリン最大の公園ティアガルティンがジャガイモ畑に
    • 子供が土に触れる機会として市民農園でジャガイモを栽培
  • 現代のロシア
    • 潜在的だったインフレ傾向が市場化により顕在化
      • 1年で物価が26倍に
    • ダーチャ(別荘)でジャガイモを栽培してしのぐ市民
  • チェ・ゲバラの終焉の地はジャガイモ畑
  • アンネ・フランクの日記
    • ジャガイモの入手具合が生活具合のバロメーターとして描かれている
  • 長崎
    • 北海道に次ぐジャガイモの生産県
      • 北海道は一期作、秋作は長崎の独壇場
    • 1950年、長崎県総合農林試験場愛野馬鈴薯支場
      • 暖地にあった品種の開発
  • 種イモの生産
    • 日本では独立行政法人種苗管理センターが厳重に管理
  • 長野県下栗地区
    • 天国にいちばん近い畑
    • ニドイモ(二度芋)というジャガイモ
      • 江戸時代に日本に入ってきた在来種
      • 現在、全国で作られている種はアメリカから北海道経由で広まった
  • 昭和初期の飢饉で、盛岡ではジャガイモが救いにならなかった
    • 気象的に種イモの保存が効かない
    • 歌人、西塔幸子の短歌
    • 帝国軍隊の兵士の供給地帯の状況に、青年将校たちが危機感
      • 五・一五事件や二・二六事件のきっかけのひとつに
  • 満豪開拓団
    • 凶作の東北から多くの農民が渡った
    • ジャガイモは北海道から取り寄せた男爵イモを栽培
    • 戦後、那須に集まったグループ
      • 種イモの栽培
  • シベリア抑留
    • 第二次大戦で2000万人の死者を出したソ連が捕虜を労働力に
    • コルホーズのジャガイモ
  • 北海道の保存食「凍みイモ」
    • チューニョに似た製法
  • 北海道の瀬棚郡今金町:「日本一おいしいジャガイモの町」
    • 明治時代、キリスト教徒の学生らにより開墾
    • 政府公認の女医第1号、荻野吟子
    • 男爵イモに絞って栽培
  • 男爵イモ
    • 川田龍吉男爵が輸入
    • アイリッシュ・コブラー種
    • 北海道の気候によく合い、ひろまる
  • 屋上緑化でイモ栽培

「Open Source Topics around the Globe」をスクレイプ

 今日のWeb::Scraper。「Open Source Topics around the Globe」をPlagger::Plugin::CustomFeed::Scriptに食わせるスクリプト。

#!/usr/bin/perl
use strict;
use warnings;
use URI;
use Web::Scraper;
use DateTime;
use DateTime::Format::W3CDTF;
use YAML;
use Encode;
use utf8;

my $uri = 'http://www.opensource.co.jp/OSTopics.php';

sub parse_date {
    my ($y, $m, $d) = $_[0] =~ /\((\d+)年(\d+)月(\d+)日\)/;
    my $date = DateTime->new(year => $y,
                             month => $m,
                             day => $d,
                             time_zone => 'Asia/Tokyo' );
    DateTime::Format::W3CDTF->format_datetime($date);
}

my $items = scraper {
    process 'div.pageTitle', 'title' => 'TEXT';
    process 'ul.topList li', 'entries[]' => scraper {
        process 'a', 'title' => 'TEXT';
        process 'a', 'link' => ['@href', sub { $_->as_string } ];
        process 'a', 'date' => ['TEXT', \&parse_date];
    };
    result 'title', 'entries';
};
my $result = $items->scrape(URI->new($uri));
$result->{link} = $uri;
print encode('utf-8', Dump($result));

 <ul>の中で、<li>と同じレベルに<table>とか出てくる変なHTMLだけど、面倒なのでスルー。

 | HOME | 

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

emasaka

emasaka

フリーター。
連絡先はこのへん

Monthly


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。