本を読む

読書やコンピュータなどに関するメモ

「反社会学の不埒な研究報告」

著者:パオロ・マッツァリーノ
出版社: 二見書房
ISBN:4576051717

 「反社会学」シリーズ第2弾。あいかわらず常識のウソにツッコミを入れて、へーと思わせる。同時にボケまくって、1ページに1回ぐらい笑える。おすすめ。

 ただし、巻末の「あなたにもビジネス書が書ける」は、ありがちな中谷ネタを80ページぐらいひっぱていて、薄いのが残念。

反社会学の不埒な研究報告
パオロ・マッツァリーノ
二見書房 (2005/11)

「麦撃機の飛ぶ空」

著者:神林長平
出版社: ヒヨコ舎
ISBN:4434041827

 神林長平としては普通に面白いという感じ。「麦撃」が、雑誌掲載時に読んで以来、印象に残っているので、買って楽しく読んだ。イラストやぬいぐるみがいい感じですね。


麦撃機の飛ぶ空
麦撃機の飛ぶ空
posted with amazlet on 06.05.06
神林長平
ヒヨコ舎 (2004/03/11)
売り上げランキング: 65,066

「さよなら絶望先生」1~2巻

 絶望した!!

 あいかわらず久米田康治は面白いなぁ。2巻はだんだん「かってに改蔵」化している気もするけど。

 先生は心の弱い大人なんだ。


(注:最初の行と最後の行は、作中のセリフです)

さよなら絶望先生 1 (1)
久米田 康治
講談社 (2005/09/16)
売り上げランキング: 59


さよなら絶望先生 2 (2)
久米田 康治
講談社 (2005/12/16)

「軍鶏」20~21巻

 人気漫画の設定をリセットした続編。初期の殺伐というか、ヒリヒリというか、ヤバいノリを復活させていて、読ませる。

軍鶏 (20)
軍鶏 (20)
posted with amazlet on 06.05.07
たなか 亜希夫 橋本 以蔵
講談社 (2005/06/23)
売り上げランキング: 7,757
おすすめ度の平均: 3.67
3 廃刊からの復活を素直に喜べない・・・
3 待ちに待った待望の・・・
5 内容的には最高です!・・・が


軍鶏 (21)
軍鶏 (21)
posted with amazlet on 06.05.07
たなか 亜希夫 橋本 以蔵
講談社 (2005/06/23)
売り上げランキング: 8,026

「ブレインズ―コンピュータに賭けた男たち (2)」

著者:伊藤 智義, 久保田 真二
出版社: 集英社
ISBN:4087825426

 コンピュータの先駆者を扱った伝記漫画。ノリとしては、「栄光なき天才たち」に近い感じ。書店で見掛けて読んだ。

 2巻で取り上げているのは、コンラート・ツーゼ(Z4)、ヴァネヴァー・ブッシュ(微分解析機、memex)、ジョン・V・アタナソフ(ABC)。ツーゼ氏の業績は知らなかったし、ほかの2人も詳しくは知らなかったので、参考になった。

 前巻もそうだが、説明にとどまらず物語としてよくできていて面白い。

ブレインズ―コンピュータに賭けた男たち (2)
伊藤 智義 久保田 真二
集英社 (1997/04)
売り上げランキング: 114,194


「またまたへんないきもの」

著者:早川 いくを
出版社: バジリコ
ISBN: 4901784773

 「命名者出てこい!」のコラムを読んで、電車の中で吹き出してしまいました。

 あいかわらずのトボケた感じの解説が楽しい。写実的かつ笑えるイラストもいい味を出しています。ただ、前作ほどは不思議度は高くないかも。

またまたへんないきもの
早川 いくを 寺西 晃
バジリコ (2005/12/10)

新刊「Sleipnir 2完全攻略ガイド」

 関係者です。この本はすでに窓の杜大賞のプレゼントとして公開されているので、宣伝。

 12/16発売。開発元のフェンリル社に公式ガイドブック認定をいただきました。

 ちなみに、印刷入稿直前にSleipnirが2.1にバージョンアップしたので、著者さんたちに泣きついてなんとか対応しています。
 と思ったら今日、2.2がリリース… orz

Sleipnir 2 完全攻略ガイド
Fenrir Developer Team 荒木 早苗 竹内 充彦 水野 貴明 平塚 陽介 田口 元 ただ ただし 水野 寛之 芝田 隆広 渡辺 裕一
インプレス (2005/12/16)


「RED」19巻

 さっそく買った。やばい、電車内で泣きそうになった。

RED 19 (19)
RED 19 (19)
posted with amazlet on 06.05.07
村枝 賢一
講談社 (2005/12/06)

「理系思考 エンジニアだからできること」

著者:大滝 令嗣
出版社: ランダムハウス講談社
ISBN:4270000937

 物理学の研究者からコンサルタントに転身して成功した著者が「理系がんばれ!」と優しく語りかける本。

 理系の人が会社のルールに埋没して、つぶしがきかなくされている現状を嘆く。そして、理系の長所や、自分を生かすためのキャリアパスを提案する。

 語り口がうまく、軽めの感じでどんどん読まされる。文系の私も、とても面白く読んだ。


理系思考 エンジニアだからできること
大滝 令嗣
ランダムハウス講談社 (2005/09/23)
売り上げランキング: 183,799

 | HOME | 

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

emasaka

emasaka

フリーター。
連絡先はこのへん

Monthly


FC2Ad