FC2ブログ

本を読む

読書やコンピュータなどに関するメモ

「ワークマンは 商品を変えずに売り方を変えただけで なぜ2倍売れたのか」

 ワークマンプラスによって一般向け商品がヒットし続けているワークマンの企業研究本。もともとカインズと同様にベイシアグループ創業者一族の会社らしい。群馬南部周辺の地域にゆかりがあると、いずれもよく馴染みの企業だ。

 本書では、デマンドサイドから、商品開発、原価とサプライチェーン、マーケティング、広報、出店までが語られている。

 一般に成功企業の研究本というと成功したからなんとでも言えるというのはあるんだけど、ガテン系商品のイメージから意外なことに、実はデータ中心とか標準化とかをがんがん推進している企業だという点が面白かった。

 直営店の店長や本社側のスーパーバイザーなどにはExcelによるデータ分析を講習でみっちり教える。SASの統計ソフトも導入している。店舗への仕入れは、過去のパラメータからボタン一つでいろいろな商品を一括発注する完全自動発注システムを導入している。

 デジタル化はここ10年ぐらいの取り組みだが、店舗構成やオペレーションを徹底的に標準化してマニュアル化するというのは昔かららしい。最近では、店舗の方向性や求人などにもA/Bテストを取り入れているという。

 一方で、「ビールとおむつが一緒に売れるからといって、ビールの隣におむつを置かれちゃ困る」というたとえは、ちょっとクスッとした。

 小さなネタだけど、仕事が終わったら帰って休んだほうがいいという考えで、歓送迎会といった社内行事などもしない方針というのも、意外で面白かった。

「アリサ!」全8巻

アリサ!1
アリサ!1
posted with AmaQuick at 2020.07.04
平野 仁(著)
グループ・ゼロ (2019-10-04T00:00:00.000Z)
5つ星のうち4.3
¥198

 1970年代に少年チャンピオンに連載されていたSFアクション漫画「アリサ!」をふと思い出した。女子高生がモーゼル・ミリタリーM1932(弾倉着脱式のフルオート対応モデル)を手に、いくつものパラレルワールドをさすらう話だ。

 調べてみたら、電子書籍化されてたので、買って読んだ。読む前は、今見るとショボかったりするかなと心配してたけど、けっこう面白い。

 記憶以上にアクション漫画してた。画風は、小池一夫原作の作品をいくつか手がけている作者なので、昭和の劇画系。1970年代の作品ってことで、第二次大戦のときに大陸で馬賊をやっていた経験を持つ老ガンマンも登場する。全体的に西部劇っぽくて、特に映画「女ガンマン・皆殺しのメロディ」の影響はモロだった(特訓とか)。あと、ジョジョの星型のアザのネタ元でもあるのかな。

 万人にはおすすめしないけど、「ワイルド7」あたりの昭和ガンアクション漫画が好きな人であれば。

「Q.E.D. iff」16巻、「C.M.B.」44巻

 同じ作者による人気ミステリーコミックの最新刊が、今回も2冊同時発売された。以下、ネタバレに気をつけているつもりだけど、未読の方は念のためご注意を。

Q.E.D.iff -証明終了-(16) (講談社コミックス月刊マガジン)
加藤 元浩(著)
講談社 (2020-06-17T00:00:01Z)
5つ星のうち4.6
¥495

 「Q.E.D. iff」は、「時計塔」と「マドモアゼル・クルーゾー」の2編を収録している。

 「時計塔」は、60年の間に殺人や失踪の事件が相次ぐ時計台の謎を解く。冒頭の見開きから不穏な写真が登場し、そこから事件に向かうと思われる出来事が描かれていく。そもそも何が起こるのか、何が起こっているのかが謎という展開が自分好みだった。あとキックも登場する。

 事件の犯人やトリックはちゃんとあるんだけど、そこは主眼ではなくて、そうした一連の事件の背景こそが一番の謎と恐怖という話。ラスト1pが怖いような、ある意味感動的なような。

 「マドモアゼル・クルーゾー」は、パリの女性警部クルーゾーを中心にした……というネーミングで想像されるとおりのドタバタコメディ。

 絵画の盗難事件を追うのだけど、怪しい美術館長やら、怪しいコレクターやら、呑気な警部やら、うるさい部長やら、濃いキャラたちの行動がカラみあって混乱するところがミソ。それぞれの役割を見失いそうになるのが罠で……おっとそこまで。

C.M.B.森羅博物館の事件目録(44) (講談社コミックス月刊マガジン)
加藤 元浩(著)
講談社 (2020-06-17T00:00:01Z)
5つ星のうち5.0
¥495

 「C.M.B.」は、1巻まるごと「C.M.B.殺人事件」1話を収録。前巻ラストのヒキに続いて、森羅君から指輪を取り上げようという動きと、そこから始まる連続殺人を描く。古代エジプトや古代インカなどの道具がからんできて、その本当の意味が結末でわかる。

 シリーズの軸となって指輪をめぐるトラブルに決着をつける話ということもあって、まるで最終回っぽい話になっている。3人の父親に、マウ、同級生たち、ヒヒ丸、鯨崎警部、七瀬さんの両親、博物館、そして母の思い出と、セミレギュラーメンバーも出てくるし。

 ……と思ったら、次回!?

「時代劇入門」

時代劇入門 (角川新書)
時代劇入門 (角川新書)
posted with AmaQuick at 2020.05.30
春日 太一(著)
KADOKAWA (2020-03-07T00:00:00.000Z)
5つ星のうち4.3
¥891

 題名のとおり、時代劇を見るための入門書。なんだけど、時代劇の体系とか蘊蓄とか歴史知識とかは後回しにして、時代劇をいかに楽しむかという「面白がり方」を解説する本だ。

 冒頭の第1部から、時代劇の世界は「ファンタジーの異世界」だから分からなくてあたりまえと。で、時代劇の「時代」ではなく「劇」で楽しんでほしい、カッコいいところから見てほしいと。

 いわく、「アベンジャーズ」を現代日本を舞台にしても浮くけど、時代劇なら「十三人の刺客」のような要塞攻防戦でも成立すると。そんな感じで、派手な名作アクション時代劇の見せ所などを紹介していく。

 さらには著者が以前から言っているように、「時代劇=『水戸黄門』」と思われてしまうのが食わず嫌いになる原因だと。「水戸黄門」は時代劇としては本流でないし、ほかに面白いものを見てきた後で見るものだと。

 とはいいつつ、第2部では時代劇の歴史を解説しているのだけど、そこでもその時代ごとのヒット作を紹介することにも重きを置いている。

 第3部は、時代劇を5ジャンルに分けたり、スター役者をピックアップしたり、キーになる原作者を取り上げたりと分析的に解説。ただし、それらもすべて、面白く思うポイントをつかむための入口を意識した説明になっていて面白い。

 そして第4部は「忠臣蔵」「忍者」「大河ドラマ」という大きなテーマを語り尽す。私は正直、忠臣蔵には興味が薄かったけど、ほうなるほどそういうポイントから見るのかと興味を引かれた。

 忍者については、「忍びの者」は社会派でダークな時代劇な印象だったけど、黒装束の忍者集団ががレンジャー部隊由来のアクションをする最初の作品だったのかとか。ポニーテールにホットマンツに網タイツのくノ一は1963年の「真田風雲録」からかとか。

 大河ドラマについては、初期作品からの特徴を「豪華キャスト」「ただし重要な役に新人を抜擢」「歴史の再検証」「現代と照らしあわせる」と説明。なるほど、最近の作品で「大河らしくない」とか言われがちなパターンって、実は最初期からの特徴なのか。

 そして最後の第5部は「チャンバラの愉しみ」と題して、「殺陣はプロレスである」「ラブシーンとしての決闘」「殺陣の入口としての『ガンダム』」という具合に、チャンバラ時代劇の愉しみ方を、これでもかというまでに語り尽くす。さらにはその勢いをかって、巻末インタビューで富野由悠季監督と語りあう。

 というわけで、時代劇をあまり見ていない人にも、時代劇の好きな人にも、「面白さ語り」の本として面白いと思う。

「トラックドライバーにも言わせて」

トラックドライバーにも言わせて (新潮新書)
橋本 愛喜(はしもと あいき)(著), 橋本 愛喜(はしもと あいき)(その他)
新潮社 (2020-03-13T00:00:01Z)
5つ星のうち4.5
¥836

 大型トラックというと一般運転者にはあまり近寄りたくない印象があるし、路駐や、“中身”入りペットボトルなど周囲に迷惑をかける行動もある。そういった印象や問題について、トラック運転手側からそうなる背景を語っている本。方向性としては「迷惑かけて申しわけないけど、ホント大変なんですよ」というところ。ちなみに著者は、留学を予定していた大学卒業の直前に父親が倒れて家業の工場を継ぎ、経営のかたわら自ら大型トラックのハンドルを握って働き、後に工場を畳んだという経歴の人だとか。

 事情というのはたとえば、想像以上に大きい死角や、渋滞をノロノロ進む事情、エンジンをかけたままハンドルに足を上げて休憩する理由、眠気や尿意との戦いなど。

 一方で世の中で物流のニーズと厳しさはどんどん増していく。一般消費者は神様、荷主は閻魔様と。

 さらに、2019年9月に横浜市神奈川区で起きた京急踏切脱線事故について、複数回の現場検証や、同業のトラッカーの証言から、複合的な原因を探る。

「新仮面ライダーSPIRITS」25巻

新 仮面ライダーSPIRITS(25) (KCデラックス)
村枝 賢一(著), 石ノ森 章太郎(原著)
講談社 (2020-04-16T00:00:01Z)
5つ星のうち4.2
¥726

スカイライダーは、航空自衛隊精鋭の生き残りパイロットの助けを借りて、重力低減装置を受け取って成層圏へ。

だからちゃんと……普通に帰ってくるよ

阿修羅谷では、やられキャラかと思われたヒデが活躍。

「日経Linux」2020年1月号

日経Linux 2020年 1 月号
日経Linux 2020年 1 月号
posted with AmaQuick at 2020.05.03
日経Linux(編集)
日経BP (2019-12-07T00:00:01Z)
5つ星のうち3.7
¥1,830

 これの次号がすでに出ているけど、通読メモとして。

 特集1が、「6コース×3ステップで学ぶ Linux超入門」。コース1が「Ubuntu」で、インストールや初期設定、コマンド入門。コース2が「アプリ活用」で、最初からインストールされるアプリの紹介や、追加方法。コース3が「Python」で、AnacondaでPythonやJupyter Notebookを使えるようにし、基本構文や基本的なデータ操作を解説する。コース4が「電子耕作」で、EtcherからRaspberry PiにRaspbianをインストールし、ブレッドボードに組んだ温湿度センサーから情報を読み取る。コース5が「AI」で、IBMのMAX(Model Asset Exchange)からDockerコンテナのモデルを実行する。コース6が「サーバー」で、WireGuardのVPNサーバーを立てて使う。

 特集2が「ラズパイ4のすべて」。Part 1では、11月に日本で販売開始されたRaspberry Pi 4 Model Bを紹介し、マルチディスプレイやベンチマークをテストして、熱問題も検証する。Part 2はそれを受けて、熱対策や、ファームウェア破壊の修理、EDID問題で画面が映らない場合の対策、ACアダプター問題について。Part 3ではさらに、さまざまな熱対策を実験。Part 4が、Ubuntu 19.10をインストールし、デスクトップ環境を導入して日本語化し、GPIOやi2cなどの権限を変更、Raspbianのuserlandをインストール、さらにSSDから起動できるようにする。

 特集3が「Windows 7 >>> LInux OS換装テクニック」で、Part 1が、WindowsやmacOSに似た画面テーマのFerenOSを2013年モデルのLavie Z PC-LZ650NSSにインストールし、Transfer Toolでデータを移行する。Part 2が、Ubuntu Serverを2012年モデルのコンパクトPCのEndeavor ST160Eにインストールし、Docker+Portainerで、WordpressやNextcloudを立てる。

 特集4が、なかば連載の「ラズパイで楽しむLinuxライフ」。Raspberry Pi 4BのRaspbianにVS Code(VSCodium)をインストールし、Python拡張ms-python.pythonを追加、Windows 10のVS Codeからリモート開発する。

 まつもとゆきひろ氏の「プログラマのこだわり」連載が、アンガーマネジメントをテーマとして「気分を重視」というポリシーについて。氏がしばしば挙げる「バベル17」を“言語の精神への影響”としてRubyの原点とし、Rubyのポリシーを「人間にフォーカス」「気分を重視」と。そして、コミュニティー運営などにアンガーマネジメントについて、宗教家でもある氏が語る。

 「ハード&ソフトをちょい足し! 新しいラズパイの遊び方」連載が、さまざまなI2S DACのHATの紹介と、国内発売されたRaspberry Pi 4B自体をAmazon Music Unlimited HD対応のUSB DAC化する方法。

 「PCとラズパイ両対応 ゆっくり学ぶLinuxの使い方」連載が、標準的に使われるGUIアプリケーションの紹介と、パッケージのインストール、ランチャーへの登録。「Linux 100%活用ガイド」連載が、シェルスクリプト入門で、実行方法まわりを中心に。LinuC/LPIC連載が、vim入門その1。カーネル新機能連載が、NVMeの温度監視機能。

 巻頭Linuxレポートが、Wine 5.0、Canonicalの仮想マシン管理ツールMultipass。世界のディストロ連載が、Windows風UIやスマホ連携機能のZorin OS。フリーソフト連載が、中央ストレージを介さないでインターネット経由でPCやスマートフォンのファイルを同期するSyncthing、ChromecastにLinux上のアプリの画面を表示するMKchromecast。

 みんな大好き「#!シス管系女子Season6」が、bgとdisownによりログアウトしてもプログラムを動かし続ける方法。tmuxを使っているならreptyrとかも便利ですね。そしていきなり1ページ目から大野先輩のさりげないボケw

 別冊付録が、過去の特集(フリーソフト96本)に前置き(定番23本)を加えた「Linuxフリーソフト119本 使い方大事典」。私が書いたものも入っていました。96本を列挙しておくと、WallpaperDownloader、Cairo-Dock、Conky、GNOME Tweaks、ranger、cfiles、Déjà Dup、TimeShift、GParted、dutree、Terminator、Byobu、CopyQ、QRencode、aria2c、Makagiga、Peek、ibus-skk、Ramme、Dropbox extension for Nautilus、Chromium、Vivaldi、Falkon、Midori Web Browser、KeePassXC、Bitwarden、Buttercup、Endpass、pass、Slack、Mattermost Desktop、Telegram Desktop、Simplenote、Joplin、Notable、Mailspring、Google Play Music Dektop Player、Spotify、Audacious、Climentine Music Player、cmus、EasyTag、Ardour、Shotwell、Geeqie、Pinta、Inkscape、ImageMagick、Exiv2、Pick、VLC media player、Kodi、KDenlive、Shotcut、HandBrake、OBS Studio、V4L2ユーティリティー、Motion、micro、Pluma、vim、Atom、uberWriter、AbiWord、Gnumeric、Scribus、Freeplane、MuseScore、nkf、Okular、aobook、MComix、poppler-utils、cpdf、PDF Mix Tool、wkhtmltopdf、forked-daapd、Rygel、Nextcloud、LogicalDOC、Mosh、Gufw、OSQuery、Zabbix、Cockpit、Wireshark、FileZilla、ncftp、sshfs、Eclipse、Visual Studio Code、PyCharm CE、Docker CE、VirtualBox、Fritzing、FreeCAD。

 | HOME |  »

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

emasaka

emasaka

フリーター。
連絡先はこのへん

Monthly