本を読む

読書やコンピュータなどに関するメモ

「英国一家、日本をおかわり」

 アニメにもなった「英国一家、日本を食べる」のマイケル・ブース一家が、10年たって再び日本に。子供2人もミドルティーンとローティーンになった。まあマイケル本人はその間もTV番組で日本に来てたけど。

 今回は、沖縄から北海道まで南西から北東にくまなく回り(ただし複数回かけて)、その土地ごとの食べものを探求していく。著者は日本の伝統的な食や自然を求めているようで、テロワールも意識している。

 で、求道的な料理人や製造者などを中心に訪ねていく。鹿児島の焼酎酒造、有田焼の工房、静岡の茶園、新潟の酒造と麹メーカー、福島の米農家、函館のウニ漁など。

 そのぶん、画一的な現代のものや、あまりに観光地化されたものは否定的らしい。日本を愛しつつも、いろいろな辛辣なことを書いている。日本のカレーライスなど、ユーモアをまじえつつも、かなりの辛口評価だ(カレーだけに)。

 ちなみに、著者がイザベラ・バードについて「全般に尊大で不快にも感じる」とコメントしているのは、意外に思った。

「Q.E.D. iff」10巻、「C.M.B.」38巻

 人気ミステリーコミックシリーズの最新刊が、今回も2冊同時発売された。以下、ネタバレに気をつけているつもりだけど、未読の方は念のためご注意を。

 「Q.E.D. iff」は「アウトローズ」と「ダイイングメッセージ」の2編を収録している。

 「アウトローズ」は、豪華客船で開かれた金庫破りゲームに燈馬君と水原さんのコンビが参加する、派手なエピソードだ。集まった参加者たちも謎めいていて、ゲーム自体にも裏がありそうで……ということで、話が二転三転する。本格推理というわけではないけどけっこう伏線も張られているし、この手の話でときどきある「二転三転してるうちに登場人物が何をしたかったんだったかわからなくなる」こともなくて楽しめた。

 「ダイイングメッセージ」は、バブル時代に南の島に建てられたまま廃墟になったホテルから白骨死体が見つかり、30年の時を超えて誰が犯人で誰が被害者かを追う。「濃い」登場人物たちが話を掻き回してるなと思ったら、そういう結末だったのか。

 「C.M.B.」は、「目撃証言」と「光の巨人」の2編を収録している。うち「光の巨人」は、前・中・後編の3話分の長さだ。

 「目撃証言」は、恋人を殺した罪で服役した男が、出所後に自分の無実を証明できるという謎の目撃者を追う。ひねりが効いた話で、ちょっと、「Q.E.D.」15巻のあの話や、「Q.E.D.」24巻のあの話を連想した。

 「光の巨人」は、13世紀に北欧神話を記した文献「エッダ」の成立過程と、現代で調査先から謎のメッセージを送ってきた父を探す少年の話を交錯させた冒険潭。「C.M.B.」36巻の「ルバイヤードの物語」に似た話の構造だ。

 「エッダ」のことは知っていたけど、書いたスノッリのことは知らなかったので、こんな面白い人物だったとは。そして話は現代のアイスランドを舞台に、ある物を追うある組織(インディージョーンズでもあれを追ってたな)との戦いとなる。岩に温泉にオーロラ。あと、十徳ナイフがあればどんな困難でも解決できるというのが「マクガイバー」っぽいなとちょっと思った。

「人に話したくなる世界史」

 「居酒屋で人に聞かせて、ああなるほどって思わせるような話」をコンセプトとして世界史を語る本。歴史の話というと単一の国や地域の話になりがちだけど、同時代の複数の地域の関係を語ってるのが面白い。そして、全体を国際貿易が軸として貫いているのが特徴だ。

 その特徴が特に印象的だったのが2章だ。中世にはヨーロッパは後進地域でムスリム圏が先進地域だったことは知っていたし、ヴァイキングが略奪だけでなく交易や開拓をしていたことも知っていた。が、本書で、ヴァイキングがムスリム圏と国際貿易をしていたことや、その交易ルートを後のハンザ同盟が継いだことを知った。

 それに先立つ1章は、アレキサンドロス大王の東征を、それに先立つオリエント〜インダスの交易から読み解く。

 3章からは、大航海時代からのヨーロッパ躍進の話が続く。大航海時代の始まりとアフリカ、大航海時代の東アジア圏(イスラム勢力とイエズス会)、ポルトガルとスペインが世界を二分していた時代など。また、グーテンベルクの活版印刷は、商業活動マニュアルや契約書に大きな影響を与えたとか。

 8章から、それまで少しずつ出てきたイギリスが中心になる。借金やバブルを抱えながらうまく立ち回った話や、綿織物生産がインドからイギリスに移っていく過程など。

 10章から南北アメリカの発展が始まる。背景には、「戦争と商売は別」というヨーロッパの考えによって中立国・中立都市が発展する構図がある。本書のオビで言及されている「母をたずねて三千里」に関しては、蒸気船によるヨーロッパから中南米への労働力移動と、イギリスの非公式帝国化が語られている。

 最後に12〜13章では、イギリスのヘゲモニー(覇権)を、プラットフォームを握った者の強さという、現代のインターネットにも通じる視点から説明する。

「0ベース思考」

 「ヤバい経済学」シリーズを書いたスティーヴン・レヴィットとスティーヴン・ダブナーのコンビによる本。2015年に発売された本だけど、2018年の今、たまたま読んだ。

 テーマは「常識などのバイアスをゼロにして考える」ということで、それ自体は自己啓発書ではよくある。むしろ、本書のウリは「ヤバい経済学」と同様に、実験や先行研究、故事を豊富に使ってメッセージを裏付け、親しみやすいユーモラスな語り口でそれらを紹介する点だと思う。さらに本書の最後では、そのテクニックや、そこに至る2人のバックグラウンドが紹介されている。

 というわけで、全体がどうと言ってもあまり意味がないので、本書のネタをピックアップ。

  • サッカーでPKを蹴る方向
  • デイビッド・キャメロン元首相との国民健康保険についての対話
  • はっきり答えられるものから、そうでないものまで、小学生がどこから「アイ・ドント・ノウ」と答えるか
  • 悪魔がいると信じる人の割合
  • 1998年のポール・クルーグマン「2005年ごろにはインターネットの経済的影響はファックス以下だとはっきりするだろう」
  • 高級ワインと安ワインのブラインドテスト
  • 小林尊の早食いへのアプローチ
  • 宗教の違いと年収
  • 昔の奴隷商人が奴隷の顔をなめた理由
  • ヘリコバクター・ピロリ発見の経緯
  • 糞便移植
  • 学力と眼鏡の無償提供
  • アメリカ人の肥満とジャンクフード
  • 環境保護の呼び掛けで効果があったのは、「ご近所のみなさん」という群集心理インセンティブ
  • 「いますぐ寄付していただければ、二度と寄付をお願いしません」という「これっきり戦略」
  • 1970年代の米中のピンポン外交
  • ザッポスの戦略
  • 温室効果ガスを破壊する工場に報奨金を払った結果(コブラ効果)
  • デイビッド・リー・ロスがツアー契約書にm&mの条項を入れる理由
  • 人材を獲得するために応募書類作成に時間がかかるようにする
  • イギリス人将校に隠れて物事を進めるために「前もって言ってくれれば冷たいビールを用意します」
  • ナイジェリア詐欺で疑陽性を減らす
  • 生命保険詐欺の手口を「超ヤバい経済学」で公表した理由

「日経Linux」2018年5月号

 もうすぐ次の号が出るけど、現時点の最新号としてメモ。

 特集1が「今使うべき新定番のフリーソフト52」。キーワード①が人工知能で、dlib、chainer-gogh、word2vec。キーワード②がメッセージで、Telegram、Slack、Discord、Corebird、ChromeのLINE拡張、Skype for Desktop。キーワード③がマイニングで、ZNYmier、ccimner、MinerGate、BFGMiner。キーワード④がセキュリティで、Sophos AntiVirus for Linux、Veracrypt、Gnome Encfs Manager、KGpg、KeePass、oathtool。キーワード⑤がスマホ連携で、Syncthing、KDE Connect、Simplenote、Standard Notes、Gyazo、QtQR。キーワード⑥がデスクトップ機能拡張で、GNOME Tweaks、quicksynergy、Bing Wallpaper Changer、hydrapaper、Emoji Selector、ClipIt、Tracker、Vino。キーワード⑦がTerminator、micro、MapSCII、pass、Cool Retro Term、wsltty。キーワード⑧がマルチメディアで、VLC media player、Lollypop、GIMP、Shotcut、Handbrake、Converseen。キーワード⑨がサーバーで、NextCloud、Alfresco、Docker。キーワード⑩が開発支援で、Anaconda、R、Glade、Eclipse。

 特集2が「Linux流! 文書作成のプロツール」。Part 1がMarkdownで、文法と、対応エディタのVS CodeとAtom、Boostnote、StackEdit、Marp。Part 2が「GitHubで文書管理」で、GitHubの使い方入門。Part 3が「コマンドラインから使い倒す」で、Markdown文書をGitHubで共有したり、Pandocで変換したり、シェルスクリプトでチェックしたりする。

 特集3が、「みんなのラズパイコンテスト2017」グランプリ受賞作の「笑顔を自動撮影する赤ちゃん玩具 Amazon AIスピーカーで音声操作」。赤ちゃんをあやすメリーを3Dプリンターで自作し、Raspberry Piとカメラで赤ちゃんの顔を撮影、Amazon Echoで音声操作する。

 特集4が「ラズパイで楽しむLinuxライフ いろんなWebアプリを動かせるリバースプロキシーを活用しよう」。Apache httpd、Tomcat、Pythonのhttp.serverを、Nginxのリバースプロキシーでまとめる。

 新連載で「Linux 12星座占い」登場。文字どおりの内容だけど、筆者が長南浩氏、イラストがPiro氏。

 「LibreOfficeで作れる実用文書テクニック」も新連載。今回は、1枚のチラシをWriterで作り、Writerの図形機能を使ったり、Drawで写真を切り抜いたり。

 まつもとゆきひろ氏連載が、自作キーボードの続き。今回はソフトウェア面で、キーボードのファームウェア「QMK firmware」のビルドや転送方法、キーマップの変更、レイヤーやタップオアホールドといった機構の紹介、まつもと氏流キーマップなど。あと指に付けるTAP keyboardが届いた話も。

 「ラズパイならイジリ放題! Linuxカーネルを触ってみよう」連載が、カーネルモジュールの操作で、modinfoなどのコマンドから、カーネルモジュールのビルド方法、GPIOでタクトスイッチを使うカーネルモジュールの作成について。「ラズパイ電子工作お手軽レシピ集」連載が、Raspberry Pi Zero WHとDACボードが入るケースで、Volumioでハイレゾオーディオにする。

 LPIC連載が、101試験のプロセス管理と、102試験のGUIの基礎。「Linux 100%活用ガイド」連載が、「ファイル(Nautilus)」の基本操作と、そのほかのファイルマネージャーソフト「ranger」「dired」。

 「Linuxで旧型PCを復活!改二」連載が、2011年のWindowsタブレットにUbuntu 17.10をインストールし、マウントオプションを変更し、ディスプレイサーバーをXorgに変更し、RADEONドライバをインストールし、GNOME Shellのアニメーション無効化と自動回転の有効化をし、Chromeをインストールする。

 カーネル新機能連載が、Spectre Variant 1対策のために条件分岐を使わずに配列のインデックスと配列のサイズを比較するarray_index_nospecマクロ。世界のディストロ連載が、Slackwareベースの軽量ディストロのAbsolute Linux。フリーソフト連載が、日本語読み上げのOpen Jtalk。

 巻頭レポートが、Ubuntu 18.04 LTSのリリース前情報、Windows 10 April 2018 UpdateでのWSLの変更点、Raspberry Pi 3 B+。

 みんな大好き「#!シス管系女子 Season 5」が、bashの履歴から特定のエントリーを削除する方法と、さらに履歴共有をしているときの方法。結局やはり、.bash_historyを直接編集、と。

 別冊付録が、Windowsからの乗り換え記事を再収録した「Windows環境をLinuxに丸ごと引越しできる本」。

「日経Linux」2018年3月号

 4か月近く前に前に発売された号だけど、メモとして。

 特集1「Linuxスタートダッシュ入門」の執筆に参加しました。特集全体はコース1が入門、コース2〜3が初級、コース4〜5が中級、コース6〜7が上級となっている。コース1は、インストールとデスクトップ基礎を画面中心に紹介。コース2が「Windowsマシンを置き換えたい」で、オフィススイート、Webブラウザー、Dropbox、日本語入力、写真修正、Wineを紹介。コース3が「サーバーを構築したい」で、固定IPアドレス化、SSH、ownCloud、ブロードバンドルーターのポートフォワード、DDNS(MyDNS)を解説。コース4がIFTTTの利用で、Webhook経由ディスク使用量をツイートする例と、Wordpressの投稿をSNSに通知する例。コース5がラズパイで、導入からSambaやReadyMediaのサーバーまで。コース6がAIスピーカーの拡張で、Google Home→IFTTT→Linux→赤外線→家電とコントロールする。コース7がカーネル入門で、カーネルが何をするかの説明と、ps・top・free・vmstatprocfs・sysctlなどによるデータの読み書き。

 特集2が「格安PCでも十分速い! 快適Linuxマシンの作り方」。ノート&スティックPC編では、ドンキホーテのノートPCやインテルのCompute Stick上のUbuntuでベンチマークをとる。ボードPC編では、Raspberry Pi 3とASUSTekのTinkerBoardでベンチマークをとる。

 特集3が「ラズパイでAIスピーカーを作る 3000円のGoogleキットと話そう」。Raspberry PiとGoogle AIY Voice KitでAIスピーカーを作るところを、写真や図解たくさんで解説している。

 特集4が「遠隔ログインを使いこなして3台分の温度を記録しよう」。Raspberry PiでSSHを使ったり、vcgencmdコマンドで温度をとって記録したりする。

 まつもとゆきひろ氏連載が、最近一部で人気の自作キーボードの世界。キースイッチの特性、キーキャップの種類、コントローラーといった要素などが基本らしい。そして、格子状キーボードや分離型キーボードなども解説する。

 「ラズパイならイジリ放題! Linuxカーネルを触ってみよう」連載が、Raspberry PiのGitHubリポジトリからカーネルを入手して自分でビルドする方法。「ラズパイ電子工作お手軽レシピ集」連載が、Raspberry Pi Zero Wに非接触型ICカードリーダーライターとLEDマトリックス表示のScroll pHAT HDを付けて、Suicaの残高を表示する。

 LPIC連載が、101試験のテキスト処理と、102試験のシェルスクリプト。「Linux 100%活用ガイド」連載が、Monacoinのウォレットと、CPUによるマイニング、チームによるマイニング、GPUによるマイニング。「Linuxで旧型PCを復活!改二」連載が、NICを2ポート備えた2004年のスリム型ベアボーンPCに、CentOSベースのUTM向けディストリビューション「NethServer」をインストールする。カーネル新機能連載が、Meltdown対策で脚光を浴びたPTI(Page Table Isolation)と、それを効率化するCPUのPCID・INVPCID。

 世界のディストロ連載が、脆弱性発見ツールを搭載したBlackArch Linux。フリーソフト連載が、ドロー系ソフトInkscape。美女Linux連載が、sedによる置換や削除。

 巻頭レポートが、Spectre&Meltdown脆弱性、Ubuntu 17.10初期バージョンのUEFIロック問題、Huawei Mate 10 ProのPCモード、日本独自の資格制度LinuC。

 みんな大好き「#!シス管系女子 Season 5」が、シェルスクリプトで変数にスペース等が入ったときの問題とクォート。

 別冊付録が、各種フリーソフト(や周辺機器)の紹介記事を再収録した「Linuxの遊び方パーフェクトブック」。

「日経Linux」2018年1月号

 何か月も前に発売された号だけど、メモとして。

 特集1が、本誌発売当時にリリースされたUbuntu 17.10を紹介する「新しいUbuntu完全ガイド」。Part 1が、GNOME Shellによる新デスクトップの操作を図解。Part 2が「入れておきたいアプリ20選」で、GNOME Tweaks、Mikutter、Audacious、Evolution、GnuCash、Inkspace、Notes(Bijiben)、Xpad、サウンドレコーダー、Pasaffe、ToDo、GNOME Documents、GNOME Characters、Search for Files Manual、EasyTAG、Brasero、ClamTK、GParted、bareFTP、HotSSH。Part 3がGNOME Shellの基礎紹介「絶対に使いこなすべき三大機能」で、ワークスペース、検索、オンラインアカウントの解説。Part 4がGNOME SHell拡張機能の紹介で、Datetime Format、Gno-MEnu、All windows、OpenWeather、WindowOverlay Icons、Clipboard Indicator、Apt Update Indicator、IP Finder、Places Status Indicator、Sound Input & Output Device Chooser、Removable Drive Menu、Emoji Selectorの紹介と、拡張機能のインストール方法。Part 5が想定Q&Aで、32bit版のアップグレード、デスクトッップ環境、新規インストールとアップグレード、追加したアプリ、非公式リポジトリー、日本語入力、プリンターとスキャナーについて。Part 6が標準アプリの使いこなし技で、ファイル、gedit、Firefox、ランチャーの小技や拡張機能を紹介。Part 7「見た目以上に変わった裏側の仕組み」は、デスクトップ環境の構成要素を解説。

 特集2が「Windows & Linux共存大作戦」。1つめの「ライブ起動編」は、起動の準備を説明したあと、インストールメディアを作る方法とUNetbootinで作る方法を紹介。2つめの「仮想環境編」は、Windows上でVirtualBoxとVMware Workstation Playerを使う方法をそれぞれ紹介。3つめの「マルチブート編」は、EasyBCDを使ってマルチブートを設定。4つめの「ネットワーク共有編」は、VirtualHereでUSBデバイスをネットワーク越しに使う方法と、CUPSでLinuxをプリンターサーバーにする方法。5つめの「USB & Bluetooth編」が、マルチペアリング対応のBluetoothマウス&キーボードの紹介と、USB切替器の紹介、コラムでロジクールのUnifyingマウスをLinuxで使うためのSolaarの紹介。

 特集3がRaspberry Piを画像認識マシンにする「USBカメラの画像を自動判別 ラズパイ標準ツールで手軽に」。RaspbianのNode-REDを使ってIBM Watsonを呼び出すWebアプリを作る。

 特集4が「ラズパイで楽しむLinuxライフ モニターレスで初期設定し外に持ち出して単体で使おう」。Raspberry Pi 3とRaspberry Pi ZeroをLAN経由で初期設定する方法を紹介している。コラムで、USB Ethernet network gadget driverを使ってUSBケーブル経由で設定する方法を紹介。

 巻頭レポートで、「みんなのラズパイコンテスト」結果発表。グランプリが「息子の成長を見守るカメラ&泣き止む音楽再生機能付き自作メリー」。技術賞が「製造現場のカイゼン支援ツール『マルチストップウォッチ』」「ラズパイで実現したCTIシステム(オリジナルUPS付き)」「手のひらサイズ自動運転者」。アイデア賞が「AR歯磨きで子どもと楽しく仕上げ磨き」「カードシャッフル装置」「BREATHE 〜息温コントローラー〜」。

 ほか巻頭レポートで、Fedora 27、openSUSE.Asia Summit 2017レポート。

 新連載「ラズパイならイジリ放題 Linuxカーネルを触ってみよう」登場。第1回は、Linuxカーネルの概要と、procfsやsysfs、デバイスファイルを見たり、sysctlコマンドを試したり。

 LPIC連載がまた新しく開始。第1回は、101試験の「パッケージ管理」と、102試験の「シェルとシェルスクリプト」から。

 「LibreOfficeのデータ処理」連載が最終回で、日付や時刻の計算。

 「まつもとゆきひろのプログラマのこだわり」連載が、モチベーション管理という題で仕事術を紹介。仕事の種類とやる気コントロール、特にポモドールテクニックについて。ちなみに氏はフィードリーダーにFeedeenを使っているそうな。

 「Linux 100%活用ガイド」連載が、zshの紹介。「ラズパイ電子工作お手軽レシピ集」連載が、Raspberry Pi Zero WにScroll pHAT HDを付けてミニ電光掲示板を作る。「Linuxで旧型PCを復活!改二」連載が、ネットブックのAspire OneにXubuntu派生の「Chalet OS」を入れてWindows 7っぽく復活させる。Linuxカーネル新機能連載が、Btrfsの透過圧縮機能で使えるZstandard(zstd)圧縮について。

 世界のディストロ連載が、Linux PCメーカーSystem76による「Pop!_OS」。フリーソフト連載が、動画を切ったりつなげたりする編集ソフトVidCutter。美女Linux連載がawkの基礎。

 みんな大好き「#!シス管系女子 Season 5」が、pwgenによるパスワード自動作成。

 別冊付録が、旧型PC復活や定番ソフト、軽量Linuxを紹介した記事を集めた「古いパソコンがLinuxで復活できる本」。

 | HOME |  »

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

emasaka

emasaka

フリーター。
連絡先はこのへん

Monthly


FC2Ad