本を読む

読書やコンピュータなどに関するメモ

「Airbnb Story」

 シリコンバレーで成功したITベンチャーには珍しく、Airbnbはデザイナー2人が創業したという。後から1人のエンジニアが参加して、3人の創業者となった。

 「Airbnb」という名前も、もともと一室にエアマットだけ用意して泊める「エアベッド&ブラックファスト」(bed and breakfastは簡易ホテル、民宿)なのだそうだ。けっこうある時期まで、エアマットにこだわっていたり、ホストとゲストの交流にこだわっていたりしたとか。でも、そのへんを変えてきたのも成功要因の一つらしい。

 もともとサンフランシスコでデザイナーのカンファレンスが開かれたときに、参加者向けに自分の部屋に泊めるサービスをしたのが始まりだそうだ。そこから一般的なサービスとして始め、オバマが大統領になるときの民主党大会のときにも少し盛り上がったとか。

 でも特別なときしか利用が伸びず、シリアルに広告を貼って宣伝したりと苦しい策をやっていた。Yコンビネーターの面接でもポール・グレアムの反応は薄かったのだけど、そのシリアルを出して売り込んで合格したとか。なんでも、その泥臭い姿勢が認められたんだとか。ポール・グレアムいわく「君たちゴキブリみたいだ、絶対に死なない」。

 そのとおり、最初はかなり厳しい経営状態だったそうだけど、グロースハックでコツコツと工夫を積み重ねて成功にいたったとか。あと、Airbnbのエコシステムとして、たとえばホストを助ける会社なども起こっているところも、成長を支えているようだ。

 創業者3人の性格がそれぞれ違ったところも成功要因の1つらしい。チェシーは大変な勉強家で、経営のシロウトから始まり、さまざまな本を読みまくって、さらにさまざまな大物に会いまくってアドバイスを受けたという。Appleのジョナサン・アイブ、Facebookのマーク・ザッカーバーグ、Googleシェリル・サンドバーグ、eBayのジョン・ドナヒュー、Salesforceのマーク・ベニオフなどだけでなく、元CIA長官やシルク・ドゥ・ソレイユの経営陣、さらにはウォレン・バフェットにもアポをとって話をしたとか。本書では、そのへんの泥臭いバイタリティが成功の大きな要因として語られている。

 もう1人のゲビアは完璧主義者で、それが最初はよくても、社員数が増えるにしたがって社内の不満がたまってきたという。幸いそれを自覚することができて、「象、死んだ魚、嘔吐」という3つの枠で社員との対話を改善したとか。

 エンジニアのプレチャージクは、エンジニアであると同時にビジネス的なセンスももっていて、グロースハックもプレチャージクが持ち込んだとか。性格テストでは、経営メンバーの中で一番はずれていて、それがいい結果をもたらしていると診断されたという。

 ちなみに、プレチャージクがガールフレンド(後の妻)の就職(医師)にしたがってボストンに引っ越してリモート勤務していたものの、ちょうど最初の大型投資を受けたタイミングでそのガールフレンドのスタンフォードへの転勤が決まったというエピソードは、ちょっとできすぎかも(笑)。

 本書の構成では、サービスの便利さや企業の努力などのポジティブな話の章と、悪徳ゲストや悪徳ホストによる問題の章が交互に配置されているなと思った。印象を偏らせないような工夫なのかもしれない。

 あと、Airbnbホストが集まる公式イベントに目玉講演者として近藤麻理恵さんが登場した話が出てきて、話に聞くように米国の、Airbnbに関わるような層で人気なんだなと思った。

「室町無頼」

 2016年下期直木賞候補にノミネートされた小説。ノミネート以前から面白いという評判は聞いていて、でもようやく読んだ。やはり面白かった。

 応仁の乱の直前頃に起こった蓮田兵衛の徳政一揆(私は本書で知った)を描く。ただし、それを最後のクライマックスに配置して、そこまでは主人公の成長や、主要人物の人となりを描く。

 その登場人物が魅力的なのが本書の最大の特長だと思う。ストーリーというより人物の魅力で話を引っぱっていくというか。

 背景は、京の川に餓死者の死体が多数流れ、金持ちは飽食しているという、貧富の格差が激しい時代。そこで農民より下の暮しをしていた牢人の子の才蔵が主人公となり、棒術ひとつで時代を駆けていく。

 蓮田兵衛と骨皮道賢という、実在した2人の人物が、物語としては主人公以上に活躍する。いずれも清濁あわせちつつ芯は理想家として描かれている。

 ほかにも、その3人が関わる芳王子という美女やら、脳筋キャラの馬切衛門太郎やら、魅力的な人物が続々と登場する。悪役の法妙坊暁信もいい味出してるし。

 清濁あわせもつ人物が革命を目指すというのは、ちょっと船戸与一の南米ものを連想した。あと、雰囲気はマンガ「バンデット 偽伝太平記」とか。

「Q.E.D.」8巻、「C.M.B.」36巻、「捕まえたもん勝ち! 2 量子人間からの手紙」

 人気コミックシリーズの最新刊が、今回も2冊同時発売された。さらに、同じ作者による小説「捕まえたもん勝ち!」の続編も発売された。「C.M.B.」には、「捕まえたもん勝ち!」のヒロインの七夕菊野(キック)もゲストで登場している(本の間でストーリー上の関連はない)。

 以下、ネタバレに気をつけているつもりだけど、若干はあるので、未読の方は念のためご注意を。

 「Q.E.D. iff」は、「海辺の目撃者」と「白いカラス」の2編を収録している。

 「海辺の目撃者」は、少年が目撃した殺人事件のシーン(一人称視点)の本当の意味と、なぜそうなったかを塔馬君が探る。ちょうど話題になった小説家のアレとタイミングがよかったといえないこともない。

 「白いカラス」もそういう意味で、それまで描かれていたと思った物語の背景が、ラストでまったく違う意味に変わる作品だ。そこにビジュアル伏線も張られている。おまけとして、冒頭のエピソードの意味もラストで変わってくるというのがニクい。

 「C.M.B.」は、「山の医師」「ルバイヤードの物語」「かすみ荘事件」の3編を収録している。

 「山の医師」は、チベットの若者が西洋医学を学ぼうとしてチベット医の師匠がバックアップするために用意した物を探す宝探しストーリー。博物ネタは、山サンゴ、曼荼羅図、チャクラなど。

 「ルバイヤードの物語」は、オマル・ハイヤームの「ルバイヤード」の原本にまつわる現在の殺人事件と、その背景となるオマル・ハイヤームと暗殺教団のハサン・サッバーフの関係を描く。「問題は『なぜ密室になってしまったか』」。あと、サマルカンド(ウズベキスタン)って美しくていいところだよね。

 「かすみ荘事件」は、キックがゲスト登場した話。無人になったアパートの大家が行方不明になって、どこに行ったかを探る。のだけど、なぜ探すのかが最大の謎となっている。キック、伏見警部にかわいがられているなあ。博物ネタは、ヤマトセンブリ。

 「捕まえたもん勝ち! 2 量子人間からの手紙」は、「捕まえたもん勝ち!」の続編の小説だ。深海安公(アンコウ)とコンビで(というのは前巻を未読の人にはネタバレだけど)、ちょっと塔馬君と水原さんっぽい感じで事件を追うのが前巻とちょっと雰囲気が違うところだ。とはいえ、ストーリーの表面としては、組織内の足のひっぱりあいや対立を軸にしているのは、前巻に続いて警察小説っぽい部分かも。

 ストーリーは、“罪”を負った男女のグループが「そして誰もいなくなった」ばりに順番に殺されていく事件。キックとアンコウは日米を行き来しながら真相を追う。「量子人間」という意味が解決後にわかるのだけど、伏線の部分では英語が苦手なのでまったく気付かなかった。

「泣き虫弱虫諸葛孔明」第伍部

泣き虫弱虫諸葛孔明 第伍部
酒見 賢一
文藝春秋
売り上げランキング: 206,699

 酒見賢一版の三国志が完結した。劉備、関羽、張飛とも亡くなったあとの、南征と北伐、そして孔明の死を描く。

 最初のころのハチャメチャさに比べるとおとなしくなった。でも、「三國誌」での戦下手丞相と「三国志演義」での天才軍師とのギャップをメタフィクション的にネタにする路線はずっと一貫していたと思う。

「リトル・フォレスト」1・2

リトル・フォレスト(1) (アフタヌーンコミックス)
講談社 (2012-12-03)
売り上げランキング: 50,945
リトル・フォレスト(2) (アフタヌーンコミックス)
講談社 (2012-12-03)
売り上げランキング: 45,730

 カテゴリーとしては食べ物マンガだろうか。東北(岩手)の過疎の村で一人暮らしをする若い女性の自給自足生活を、毎回1つの料理を中心に描く。各エピソードには「nth dish」という番号が付けられている。

 一人称的な創作エッセイとでもいう感じで、内容も雰囲気も違うけど、形式や路線としては「大東京ビンボー生活マニュアル」を連想した。本書は2002年〜2005年に「月刊アフタヌーン」に連載された作品で、作者(男性)の体験が元になっているらしい。

 主人公はスローライフというほど前向きではなくて、一度街で暮らして、訳アリで逃げるように戻ってきたらしい。まあでも、料理はおいしそうだ。

 最初の1st dishがグミの実をジャムにして食べる話。甘い物では、あまざけを作る話(5th dish)とか、あまざけをベースに米サワーを作る話(23rd dish)とかも。

 主食まわりでは、ばっけみそ(6th dish)が素朴でおいしそう。くるみごはん(13th dish)とかも。なっとうもち(4th dish)は、納豆を作るところから、というかそっちがメイン。

 合鴨の雛をかわいがり、田んぼで活躍してもらうエピソードでは、最後は自分の手でシメて食べるところも描いている。別のエピソードでの別の人物の言葉でいうと「他人に殺させといて殺し方に文句をつけるような、そんな人生送るのはやだなって思ったんだよね」。

リトル・フォレスト 夏・秋 Blu-ray
松竹 (2015-01-28)
売り上げランキング: 4,082
リトル・フォレスト 冬・春 [Blu-ray]
松竹 (2015-07-29)
売り上げランキング: 3,934

 「リトル・フォレスト」夏・秋・冬・春の4部作として映画化もされている(BDやDVDでは夏・秋と冬・春の2巻)。実は先に映画を観て良かったので原作を読んだのだけど、驚くほどそのままだった。

 ちょっと秘密のありそうな若い美女役で橋本愛さんというのは、定番ですな。岩手だし。友達役で松岡茉優さんも出演している。

「桜花忍法帖」上・下

桜花忍法帖 バジリスク新章 (上) (講談社タイガ)
山田 正紀
講談社
売り上げランキング: 22,853
桜花忍法帖 バジリスク新章 (下) (講談社タイガ)
山田 正紀
講談社
売り上げランキング: 22,560

 アニメ化のニュースを見て、「バジリスク」の続編が書かれていることを知った。しかし、山田風太郎の小説「甲賀忍法帖」を、せがわまさきが漫画化した「バジリスク」の続編を、山田正紀が小説で書くとは、なんか名前の語呂あわせみたいだ(笑)。

 「甲賀忍法帖」とも「バジリスク」とも、けっこうノリが違うので、原作厨には怒る人もいるかも。私は別物として楽しんだけど。二次創作とかスピンオフっぽい感じ。

 甲賀忍法帖が動物をモチーフにした忍法だとすると、こちらはSFやファンタジーのような超能力や魔法の世界といったところか。山田風太郎風というより、その影響を受けた後世の、半村良や夢枕貘を思わせる伝奇小説っぽくも感じる。

 なにしろ、徳川秀忠が忍者によって亜空間を見せられ、江与(お江)があの女傑2人の霊を呼び出す。最後には戦国で毎度おなじみのあの人物が再臨し、あの戦国ヒロインも降臨するという。

 それぞれタイプの違う美女によるチームという設定はアニメに抜いているかも。ただ、桜花と有情とか、絵にしづらい要素も多いなあ。

 ほかの山田風太郎作品っぽいねたや、バイオレンスジャックばりの設定、根来転寝(ねごろ・ごろね)みたいな杉浦茂っぽいネーミングとか、遊びもいろいろ。

「マンガでわかるホルモンの働き」

 少し前にKindleのサイエンスアイ新書セールで買って読んだ。マンガでわかるといっても、マンガは挿絵の延長で、それだけ読めばいいというわけではない。

 神経系と並行して内分泌系があるという話は聞いたことがあって、それってどういうことかを知りたくて読んだ。

 臓器で作られたホルモンが受容体に伝わることで、何らかの情報が伝達されて身体の動作に影響を与えるんだそうな。速いのが神経系で、内分泌系は遅い。出来事に反応するのが神経系で、抑えるのが内分泌系とか。でも神経伝達物質も広義のホルモンに入るのだとか。

 精神活動もやはり物質的な身体の活動によって起こっているのだよな、と月並みなことを思った。で、ホルモンに似た物質が身体に入ると身体を誤動作させると。人間の心や気持ちって、化学物質で簡単に変わっちゃうんだな。まあ典型的な例が酒や麻薬だったりするわけだけど。

 後半は男性ホルモンと女性ホルモンの話が中心となる。

 ところで本書によると、モツ料理の「ホルモン」が戦後の大阪で「放るモン」から来たというのは誤りで、戦前にはすっぽんなどの精力料理がホルモンと呼ばれていたんだとか。

 | HOME |  »

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

emasaka

emasaka

フリーター。
連絡先はこのへん

Monthly


FC2Ad