FC2ブログ

本を読む

読書やコンピュータなどに関するメモ

jpholidaypのローカルタイム依存をなくす問題

 「(日本で)今日が休日かどうか」を判定するjpholidaypというツールを公開しています。100行ぐらいのPythonスクリプトです。もともと、素に近いサーバーにスクリプトを1つ入れるだけでcronから使える、というコンセプトで作りました。

 jpholidaypのコードでは、「今日」の判定に、ローカルタイムがJST(日本時間)であることを前提にしています。しかし、ちょうどサマータイム論議もあるところだったりして、それってダサいよなーと思っています。

 ただまあ、Python 2/3両対応とか、(できるだけ)追加モジュール不要とかを考えるといろいろ面倒だなあと。

 今日を求めるコードは、現状ではこんな感じ。

from datetime import date

today = date.today()

 明示的にJSTを指定すると、Python 3ではこうなります。ただしPython 2では使えません。

from datetime import date, datetime, timedelta, timezone

JST = timezone(timedelta(hours=9), 'JST')

today = datetime.now(JST).date()

 Python 2でも使えるようにするには、こうなります。

from datetime import date, datetime, timedelta, tzinfo

class JST(tzinfo):
    def utcoffset(self, dt):
        return timedelta(hours=9)

    def tzname(self, dt):
        return 'JST'

    def dst(self, dt):
        return timedelta(0)

today =  datetime.now(JST()).date()

 ただ、いずれにしても時差9時間固定で、サマータイムなどには対応していません。

 そこで、Python 2/3とも、pytzライブラリを使えば、タイムゾーンのデータベースを使えます。

from datetime import date, datetime
import pytz

JST = pytz.timezone('Asia/Tokyo')

today = datetime.now(JST).date()

 ただ、pytzライブラリを追加する必要があるのが、冒頭のコンセプトからすると、少しだけ考えてしまうところです。

 とりあえずpytzによる実装をpytzブランチに置いておきました。

「壬申の乱と関ヶ原の戦い」

 現代の関東人の私には、「関東」というと箱根の関の東というイメージだ。だが古代には、愛発関(福井)・不破関(岐阜)・鈴鹿関(三重)の3箇所の関(三関)の東を関東と呼び、いわば蛮地としていたという。たしかにこのあたりは本州がくびれている上に琵琶湖があって、関っぽい。

 この不破関は、672年に壬申の乱の決戦の地となった。そして、1600年の天下分け目の舞台となった「関ヶ原」でもある。さらに、1338年に室町幕府と南朝北畠顕家との青野原の戦いの地「青野ヶ原」もほぼそのあたりだという。

 というところを軸に、「日本」成立、室町政権、徳川政権成立のそれぞれの過程や位置づけを解説している。

「日経Linux」2018年7月号

 次号が近く発売になるけど、メモとして。

 特集1「Linuxにやらせたい自動化テク30」の執筆に少しだけ参加しました。特集内容は、Part 1が「PC操作を楽する」で、OpenCVで離席時にスクリーンロック、cronによるシャットダウンとACPIによる起動、expectによる自動化。

 Part 2が「ファイル処理を楽する」で、renameコマンド、convert&mogrifyコマンド、inotifywaitによるPDFプリント、trによるテキスト処理。

 Part 3が「アプリ操作を楽する」で、procmailによるメールの振り分け、SeleniumによるWeb入力自動化、Open JTalk&espeakによるテキスト音声読み上げ、IFTTTでスマートフォンを会社の無線APにつないだら出勤記録。

 Part 4が「ファイル管理を楽する」で、ファイルを拡張子ごとにフォルダー分け、ShotwellやRapid Photo downloaderでデジカメ画像を自動読み込み、gdriveでGoogle Driveの写真を自動バックアップ、Raspberry PiのSambaサーバー+バックアップサーバー。

 Part 5が「スマホ操作を楽する」で、PCからadbでスマホのシャッターを切る、PCからadbでスマホの画面キャプチャー、syncthingでスマホとPCのファイル同期、スマホの位置情報からIFTTTとBeebottleとRaspberry PiでLED点灯。

 Part 6が「家電操作を楽にする」で、Raspberry Piに温湿度センサーと学習リモコンボードをつないで室温からエアコン操作、Amazon EchoとAWS IoTとRaspberry Piで家電操作&音声操作、Raspberry Piでサーボモーターを制御しBlynkでスマホから家電スイッチを操作。

 Part 7が「家事を楽する」で、Google Keepで買い物メモを通知、Google HomeとRaspberry Piでメッセージをしゃべらせる、Raspberry Piと人感センサーとIFTTTで訪問者をLINEに通知、家電の通知音をRaspberry Piで検出してLINEに通知。

 Part 8が「ラズパイを楽しくする」で、Raspberry Piで自分の温度を測ってファンを制御、Raspberry PiをPXEブート、Raspberry PiをBluetooth高音質スピーカーに。

 特集2が、中古PCをLinuxで連載するシリーズのスペシャル版「家にありそうな中古PC/タブレット イマドキ2台目PCに復活」。Part 1が、2011年モデルの15.6型のノートPCにChromium OS(CloudReady)を入れてYouTube PCにする。Part 2が、2013年モデルのKindle Fire HDX 8.9にキーボードとマウスを付け、GNURoot Debbianを入れて、LXDE環境を動かす。Part 3が、2014年モデルのコンパクトPCにArch Linuxを入れてLinuxのしくみを学ぶ。Part 4が、2014年のLet's note NX3にUbuntu 18.04 LTSを入れてPython学習マシンにし、Anacondaを入れ、jupyter Notebookやscikit-learnで線形回帰を試す。

 特集3が、「IBM Watsonで作るAIスピーカー 音声でラズパイ部品を制御」。Raspberry Pi、Node-RED、Watson Assistant、OpenCV、IBM Cloudで音声認識や顔認識をして機械との会話を実現し、LEDを操作する。

 特集4が、「ラズパイで楽しむLinuxライフ 「プライベート認証局」でWebサーバーをHTTPS対応に」。自己署名のかわりにプライベート認証局でHTTPSを実現する。

 まつもとゆきひろ氏の「プログラマのこだわり」連載が、SF小説。メインで解説しているのは、ハインライン「深淵」、E.E.スミスの「スカイラークシリーズ」「レンズマンシリーズ」、デビッド・ジェラルド「H・A・R・L・I・E」、J.P.ホーガン「未来の二つの顔」、グレッグ・イーガン「ぼくになることを」、テッド・チャン「理解」、J.P.ホーガン「星を継ぐもの」、シルヴァン・ヌーヴェル「巨神計画」、サミュエル・R・ディレーニイ「バベル-17」、エドモンド・ハミルトン「宇宙囚人船の反乱」(末尾に一覧あり)。

 「Linuxカーネルを触ってみよう」連載が最終回。簡単なカーネルモジュールとして、タクトスイッチのデバイスドライバを作る。

 これまでのLPIC連載が今回からLinuC連載として再スタート。今回はファイルシステムの作成やマウントの操作、パスワードとグループ、cron、文字コード変換。

 「Linux 100%活用ガイド」連載が、ネットワークごしのファイル共有で、NautilusからのWindowsファイル共有へのアクセス、Sambaサーバー、SSHとそのNautilusからの接続、NFS。「ラズパイ電子交錯お手軽レシピ集」連載が、ダイソーのBluetoothシャッターでUSB照明器具を制御する「Uチカ」。Linuxカーネル新機能連載が、アイドルループの処理順序変更による低消費電力化。

 巻頭レポートが、WSLにDistroLauncherでDebianを入れる方法、LibreOffice 6.0。世界のディストロ連載が、ファイアムォール向けのSmoothwall Express。フリーソフト連載が、リアルなフライトシミュレータ「FlightGear」。みんな大好き「#!シス管系女子Season6」が、補完やブレース展開によるコマンドラインのすばやい入力。

 別冊付録に「Ubuntu 18.04 LTS 日本語Remix 使い方が全部わかる本」が付いている。以前のバージョンでの特集記事を大幅リライトしたものから、書下しまで、Ubuntu 18.04を全面解説している。さらに、この号ではDVDが保存ケースに入って付いている。

「ホワット・イフ?」

 サブタイトルにもなっている「野球のボールを光速で投げたらどうなるか」など、バカげた質問に科学的に答える本。xkcdの1コーナーの書籍化で、2015年に日本語版が出たときに話題になったけど、たまたま最近読んだ。

 xkcdの作者が、物理学畑出身で元NASAというバックグラウンドで回答する。例の棒人形マンガも出てくる。ふざけた口調でも、堅苦しい口調でも、わざと堅苦しい感じにふざけた口調でもなくて、気さくでナチュラルながらユーモアをまじえた口調で回答している。

 たとえば上記の「野球のボールを光速で投げたらどうなるか」の場合。ボールの前で核融合が起こり続け、バッターのところにはプラズマ雲が先に到達し、かつてバックネットがあったところより数十メートルから100メートルほどの地点を中心とする巨大なクレーターとなる。

 「地球にいる人間全員が一斉にレーザー・ポインターを月に向けたら、月の色は変わるか」という質問の答はノー。なんだけど、どこまでやれば月の色が変わるかエスカレートし、メガワットレーザーを並べて5ペタワットの電力で照射。最後には出力500テラワットのレーザーを照射し続けて月も地球も消滅させてしまう。

 「海から水を抜く」は海底の地形を知るのに面白い。海底に排水口ができたものとして、海面が50m下がったとき、100m下がったとき、200m下がったとき……と、どんどん下がってくる。日本列島はロシアと朝鮮半島につながり、カリブ海とメキシコ湾は大西洋から切り離され、3km下がると中央海嶺の先端が現れてくる。そしてパート2では、そのぶんの水が火星に流れ込んだ場合の地形の変化が解説される。

 「DNAがなくなったら」は、本題の考察のかたわら、実際に細胞がDNAの指示に従うプロセスを妨害する「死の天使」キノコなんて怖い話が出てくる。

 疑問そのものより、その疑問を実現することが問題になるものもある。「元素周期表を現物で作る」では、毒が発生するものから、隣りの元素との組み合わせで燃え上がるもの、放射性のものなど、どんどんえらいことになっていく。

 「地球にいるすべての人間ができる限りくっつきあって立ってジャンプし、全員同時に地面に降りたら、どんなことが起こりますか?」という質問では、それ自体は大した影響はないけど、地球にいるすべての人間が集まったことによる影響が……

 ちなみに、「半分空のコップを見て、楽天家は半分水があると思い、悲観論者は半分しか水が入っていないと思い、エンジニアはコップが必要な大きさの2倍だと思う」というジョークは気に入った。

「人魚ノ肉」

 木下昌輝氏のデビュー作「宇喜多の捨て嫁」は、トリッキーな視点と書き方に唸らされた。で、それに続く2作目の本作「人魚ノ肉」が文庫化されたのをきっかけに読んだ。やはりトリッキーな小説だった。

 幕末を舞台に、坂本竜馬や岡田以蔵、新撰組らが人魚の肉を食べて怪異に直面する。吸血鬼、ゾンビ、ドッペルゲンガー、さらには時の環の中を永遠に殺され続ける不死(?)の者など。そうしたエピソードを、1話完結の短編連作で描く。

 それらのフィクション要素が、史実や伝承にある話にうまくあてはめられているのがトリッキーでうまい。沖田総司の有名エピソードにはなるほどと思ったし、斎藤一のラストにはおおそう来たかと。

 さらにトリッキーなのが、1話完結の短編連作で、ほかのエピソードの人物やシーンが後のエピソードにからんでくる形式だ。「パルプ・フィクション」みたいというか。

 終盤には、人魚の肉と人魚の血の関係も語られる。最終的に不死になったのは……?

「新仮面ライダーSPIRITS」18巻

人類+仮面ライダー vs. バダン+三影たち vs. デルザー+大首領の3つどもえの戦い。バダンからの同盟を申し出を断わる仮面ライダーに、村雨良は……

というわけでこの巻ではデルザー、特にジェネラルシャドウが軸になって、敵として活躍している。

燃やせよ 全部が灰になるまでだ

巻末インタビューは、そのジェネラルシャドウの声をあてた柴田秀勝さん。

「英国一家、日本をおかわり」

 アニメにもなった「英国一家、日本を食べる」のマイケル・ブース一家が、10年たって再び日本に。子供2人もミドルティーンとローティーンになった。まあマイケル本人はその間もTV番組で日本に来てたけど。

 今回は、沖縄から北海道まで南西から北東にくまなく回り(ただし複数回かけて)、その土地ごとの食べものを探求していく。著者は日本の伝統的な食や自然を求めているようで、テロワールも意識している。

 で、求道的な料理人や製造者などを中心に訪ねていく。鹿児島の焼酎酒造、有田焼の工房、静岡の茶園、新潟の酒造と麹メーカー、福島の米農家、函館のウニ漁など。

 そのぶん、画一的な現代のものや、あまりに観光地化されたものは否定的らしい。日本を愛しつつも、いろいろな辛辣なことを書いている。日本のカレーライスなど、ユーモアをまじえつつも、かなりの辛口評価だ(カレーだけに)。

 ちなみに、著者がイザベラ・バードについて「全般に尊大で不快にも感じる」とコメントしているのは、意外に思った。

 | HOME |  »

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

emasaka

emasaka

フリーター。
連絡先はこのへん

Monthly


FC2Ad