本を読む

読書やコンピュータなどに関するメモ

「拙者は食えん! サムライ洋食事始」

拙者は食えん!―サムライ洋食事始
熊田 忠雄
新潮社
売り上げランキング: 23,364

 明治維新の前後、ポーハタン号&咸臨丸に始まる欧米への使節や留学生が、初めての西洋食といかにつきあったかを、本人たちの日記から探った本だ。

 ポーハタン号では日本食の材料を積み込み、特に味噌と沢庵のにおいがアメリカ人乗組員に不評だったとか。第一回遣欧使節団も、反対を押し切って味噌を積み込んだあげく、結局シンガポールと香港の間で腐って海に捨てたとか。

 極端な例は、「スフィンクスと侍」の写真でおなじみの遣仏使節団に下働きとして参加した青木梅蔵の、本書の帯にも引用されている以下の言葉だろう。

パンは気味悪く牛はさらなり。二日三日食事は一切いたさず、空腹堪えがたし。

 この遣仏使節団では、航海が始まってフランス側から食事が出ると、突き返していたとか。

 とはいえ、その記録を残した岩松太郎は、後にフランスの食事に慣れすぎて「イギリスの食事は不味い」とまで書き残している。本書に日記が紹介される多くの人たちでも、ほとんどの人がそれなりに西洋食に慣れているようだ。あと多くの人が共通して果物を旨いといっているのも、まあわかりやすい。

 そのほか、工夫して異国で刺身を作って食べたりといった細かい工夫の様子などが日記から紹介されている。そういった工夫や、慣れていく過程などのディテールが本書ではいちばん面白かった。

 異色なのがロシアで、使節にはかなり日本食っぽいメニューが出されている。その話の直後に、この時期の日露関係でよく話に出てくるウラジミール・ヤマトフこと増田甲斎(橘耕斎)の名前が出て、なるほど。

 ちなみに、日常の食事とは異なり、ペリーが条約の調印前日に開いた接待パーティーでは、招かれた日本の幕府関係者も珍しがって大いに飲み食いしたとか。で、珍しがってワインを飲みすぎて酔っ払い、ペリーに抱き付くという、古今東西続く酔っ払いのやらかしをやっちゃった人もいたとか。まあペリーも条約締結に大望を抱いていたので、「条約締結のためならキスぐらいさせてもよかった」と冗談を言ったそうだけど。

「ねじとねじ回し」

ねじとねじ回し この千年で最高の発明をめぐる物語 (ハヤカワ文庫NF)
ヴィトルト リプチンスキ Witold Rybczynski
早川書房
売り上げランキング: 24,216

 21世紀を目前にして、ニューズウィークの編集者から「このミレニアム(千年紀)で最高の工具は」というお題をもらった著者が、いろいろ頭を悩ませたあげく、タイトルどおり“ねじ回しと、ねじ回しで回すタイプのねじ”にたどりつく。

 それだけだと出オチになってしまうのだけど、とにかくそれにまつわる蘊蓄が、軽妙な文体でふんだんに語られているところが面白い。答にたどりつくまで、のこぎりや鉋、ハンマーなどの歴史や蘊蓄が披露され、いずれも古代ローマや古代エジプトなどに起源を持つことが明かされる。ちなみに、ボタンとボタン穴はヨーロッパでは13世紀に突如現れたのだとか。

 答となったねじ回しの起源についてはもちろん、ことさら丁寧に資料を追いかけ、解説している。詳しくは本書を読むとして、少なくとも16世紀後半の文献には登場するらしい。そこから形の改良や産業化、採用例などの様子が追跡される。ちなみに、18世紀ごろまで旋盤は紳士のたしなみだったとか。

 ねじ回しタイプではなく、ボルトのようなねじ構造は、それよりかなり古く、古代ギリシャに遡るという。詳しくは本書を読むとして、アルキメデスによる発明という説もあるとか。羅針盤・火薬・紙・印刷を発明した古代中国でも、ねじ構造は発明されなかったらしい。

 巻末の小関智弘氏による解説も、日本の戦後のねじ産業について蘊蓄が語られていて面白い。これ、文庫本版だけだとしたらもったいない。

中国出張で跨境王SIMを使ってみた

 今月、中国に出張に行きました。多くの国ではホテルなどの回線を使ってスマホのパケット料金を節約できます。しかし、中国本土(Mainland China)の回線ではGoogleなどいくつかのサイトが金盾のグレートファイアウォールでブロックされます。AndroidとGoogleサービスを常用していると、これは厳しいところです。

 今回、中国からグレートファイアウォールを越えられる香港のプリペイドSIMとして、Amazon Japanなどで日本から買える「跨境王(Cross Border King) 4G」を買ってみました。

 買った時点でHK$80ぶんがチャージされています。実用的に使うにはデータパックを買うことになります。データパックにはHK$68で500MB(30日間有効)やHK$118で1GB(30日間有効)があり、余裕を見るとHK$40(約560円)程度を追加チャージして1GBパックを買うのがよいでしょう。つまり、合計2,000円ちょっとです。

 ネットには3G回線モデル時代の情報が多かったので、現行の4G回線モデルを使った利用手順をメモしておきます。

日本でやっておくこと

  • 跨境王 4G SIMを買う。だいたい1,500円ぐらい
  • SIMをSIMフリースマホに入れて電源を入れる
  • APNを設定。私のZenFone 2 laserでは自動認識されてました
  • SMSで香港の電話番号が送られてくるのでメモ
跨境王で香港の電話番号が送られてくる
  • SIMのパッケージに書かれているリチャージサイトにPC等でアクセスし、香港の電話番号をIDとしてログインして、クレジットカードでチャージする
  • 念のため、SIMのパッケージに書かれている、1GBパックを購入する電話番号(「*118*504#」)をメモ

中国や香港に着いたらやること

  • 飛行機が着陸して電子機器全面OKのアナウンスが機内放送されたら、スマホをオンにして、1GBパック購入の電話番号にかける
  • 電話はかかるだけでそのまま切れる
  • パックが有効になったとSMSで連絡が来る
  • 跨境王でパック適用

ちなみに、SMSの中国語メッセージを読むために、スマホにはGoogle翻訳を入れておくとよいでしょう。

「日経Linux」2017年7月号

日経Linux 2017年 07 月号
日経Linux 2017年 07 月号
posted with amazlet at 17.06.30

日経BP社 (2017-06-08)

 もうすぐ次号が出るけど、メモとして。

 特集1が「旬なサーバーの作り方10選」(私も執筆に参加しました)。Part 1がベースとなるサーバーの構築で、Ubuntu Serverのインストールと初期設定、自宅サーバーの公開。Part 2が「インターネットに公開する」で、MastodonをDockerで立てる、オンラインストレージのNextcloudを立てる、WordPressからBluemixのWatson NLCを呼び出してカテゴリーを自動判別する、Minecraftのサーバーを立てる。Part 3が「自宅内で利用する」で、食材の賞味期限をSQL Serverで管理してLINEで通知する、写真アルバムのサーバーをLycheeで立ててメモリカードを入れると自動アップロードする、BtrfsでRAIDアレイを作ってRygelでDLNAサーバーを作る。Part 4が「セキュリティを高める」で、strongSwanとunboundでL2TP/IPsec VPNサーバーを立てる、Sophos XG FirewallでUTMにする。Part 5が「IoTを実現する」で、Raspberry Pi Zeroを赤外線学習リモコンにする。

 特集2が、主にUbuntu Japanese Teamのメンバーによる「Ubuntu 17.04徹底解説」。「Ubuntu 17.04 Zesty Zapusが登場」パートがUbuntu 17.04の概要。「Ubuntu 17.04の概要と変更点」が、変更点の紹介。「Ubuntu 17.04のインストール&アップグレード手順のすべて」が、インストール方法のステップ by ステップ説明。「プリンターはドライバが不要に」が、新しい「ドライバレス印刷」の解説。「GNOME版が注目されるUbuntu 17.04のフレーバー」が、Ubuntu GNOME、Ubuntu Budgie、Ubuntu MATEを中心にした各フレーバーの紹介。「次世代パッケージ管理ツール「snap」の意味と使い方」が、snapパッケージとはどのようなもんかの解説。「クラウド向けカーネル「linux-aws」も同時に登場」が、Amazon EC2専用カーネルでどのような変更が加えられているかの紹介。

 特集3が、ステップ by ステップ形式による「ラズパイ工作 超入門」。Part 1が「LEDとスイッチをつないでラズパイ電子工作の基礎を学ぶ」。Part 2が「プロペラ付きDCモーターで強さを変えられる扇風機を作る」。

 特別企画で、クラウド上でクラウド連携を作れるサービス「Codyl Connect」を使う「ラズパイで簡単クラウド連携 カメラ画像やセンサーデータを自動保存 LINEや表計算アプリで結果を表示」。Case 1が「撮影写真をGoogleドライブに上げてLINEで通知し、閲覧可能に」。Case 2が「環境センサーの測定データをGoogleスプレッドシートでグラフ表示」。

 新連載「ラズパイ電子工作お手軽レシピ集」が登場。初回は、センサーボード「Sense HAT」を組み立て、Raspbianのsense-hatパッケージを使って制御する。

 まつもとゆきひろ氏の「プログラマのこだわり」連載が、「プログラマ的映画」。取り上げている映画は、「オデッセイ」「アイアンマン」「シン・ゴジラ」「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」「イミテーション・ゲーム」。

 「最新SELinux入門」連載が、SELinuxが原因で問題になるパターンを解説。ApacheのDocument Rootを変えたら動かない、Zabbix Agentがうまく動作しない、の2パターンとその対応方法を説明している。

 「初心者のためのラズパイサーバー構築」連載がWebサーバーの構築で、Apache HTTP Serverのインストールや基本設定、CGIの利用、PHPの利用、ログの確認。「会話で学ぶ初めてのLinux」連載が、ユーザー管理とグループ管理。「Linux 100%活用ガイド」連載が、Ubuntuを安全に使うために知っておきたい3つ「OSは常にアップデート」「パスワードは正しく管理」「セキュリティ対策ソフトを活用」を解説。「LibreOfficeのデータ処理」連載が、企業の売上や利益率をレーダーチャートやバブルチャートにする。「ラズパイではじめる電子工作」が、A/Dコンバーターによりアナログセンサーの温度センサーを使う。「Linuxで旧型PCを復活! 改二」が、2005年のVaio Type Fを、Celelon MからPentium Mに換装し、PIXEL for PCをインストールし、STEM教育用にMinecraftやScratchを使う。カーネル新機能連載が、データの完全性を検証するdevice mapperの新ドライバー「dm-integrity」。

 巻頭コラムが、2000円台のシングルボードコンピューター「PINE64」、MP3の特許消滅によるパブリックドメイン化、秋月によるPaspberr Piなど用のシャープIGZO液晶。世界のディストロ連載が、WindowsやmacOS風に変身できる「feren OS」。フリーソフト連載が、ChainerをWebブラウザーから使う「CSLAIER」。美女Linuxが、gzip、gunzip、tarによるアーカイブや圧縮。

 みんな大好き「#!シス管系女子 Season5」は、光学ディスクをハッシュ値で判別する方法。ejectコマンドも出てきて、光学ドライブ付きヘルメットをかぶったキャラになってるw

「日経Linux」2017年6月号

日経Linux 2017年 06 月号
日経Linux 2017年 06 月号
posted with amazlet at 17.06.29

日経BP社 (2017-05-08)

 先月に発売された号だけど、メモとして。

 特集1が「Windowsパソコン復活最終案内」。Part 1が「選べる! 三つのコース」はWindows風、Mac風、Android風のLinuxディストリビューション選びで、Windows風がLubuntu(コラムでZorinOSも)、macOS風がelementary OS(コラムでVoyagerも)、Android風がRemix OS for PC(コラムでAndroid-x86も)。Part 2が「完璧! データ&周辺機器移行術で、ファイル、テキスト、マルチメディア、ブラウザー、メール、プリンター、無線LAN、グラフィクスの移行を解説。Part 3が「お薦め! 移行後のLinuxアプリ」で、定番アプリを14本紹介。Part 4が「ハードのアップグレード」で、メモリーの増設、ストレージの増設、グラフィックス強化、USB接続のLANやBluetoothなどを紹介している。Part 5が「移行支援ディスクの使い方」で、付属の移行ディスクを使った移行の方法について。

 特集2が、Windows 10のCreators Updateで強化されたBash on Ubuntu on Windowsの解説「Windows乗っ取り活用大作戦」(私も執筆に参加しました)。Part 1が「始め方」で、Bash on Ubuntu on Windowsを有効にする方法とLinuxのコマンドラインの基礎。Part 2が「Windows版Linuxの活用術」で、WindowsコマンドとLinuxコマンドで連係できるようになったのを利用したワザを紹介。Part 3が「Windows版Linuxの進歩」で、Creators UpdateでのBash on Ubuntu on Windowsの強化点を紹介している。

 特集3が、GPIO・I2C・SPIが使えるインターフェイスICのFT232HLをUSB経由で使う「Linux PCで楽しむ電子工作」。Part 1が、I2C接続の小型LCDをつないでPCの状態を表示する。Part 2が、I2Cで温湿度センサーをつないでサーバーの環境を測定し、Muninでグラフ化する。

 「Raspberry Piで楽しむPCオーディオ」連載が最終回で、これまで扱った機能をまとめる。前月に自作したI2S DACボードを使い、Raspberry PiにVolumioをインストールし、有機ELディスプレイを動かす。

 まつもとゆきひろ氏の「プログラマのこだわり」連載が、インプットメソッド。まつもと氏のUnixワークステーション/PCとスマートフォンにおける日本語入力システム遍歴が語られる。

 「Linux 100%活用ガイド」連載が、ストレージの使いこなし。パーティション作成とMBR方式とGPT方式のパーティション、Ubuntuで使えるファイルシステム、LVM。

 「最新SELinux入門」連載が、SELinuxのセキュリティポリシー設定を分析するsesearch、seinfo、semanageの使い方について。実際に近いシナリオで実習する。

 「初心者のためのラズパイサーバー構築」連載が、USBストレージをマウントしてSambaによるファイルサーバーを作る。「会話で学ぶ初めてのLinux」連載が、基本コマンドとシェルの使い方。「LibreOfficeのデータ処理」連載が、スプレッドシートの華といえるピボットテーブル。「ラズパイではじめる電子工作」連載が、人感センサーを使い、測定結果をCSVファイルに出力する。「Linuxで旧型PCを復活! 改二」連載は、2009年のミニタワーPCでドライブを増設してRAID 0を組み、OpenMediaVaultをインストールしてファイルサーバーにする。カーネル新機能連載が、仮想コンソールごとにスクロールバックを使う機能。

 巻頭レポートが、CanonicalのUnityとUbuntu Phone終了、Vine Linux 6.5。世界のディストロ連載が、Ubuntu Budgie。フリーソフト連載が、画面の中でブロックを組み合わせて遊ぶLeoCAD。美女Linux連載が、sysctlによるカーネルパラメータの変更。

 みんな大好き「#!シス管系女子 Season5」は、SSHサーバーの公開鍵認証のメリットと、総当たり攻撃を締め出すfail2ban。

「日経Linux」2017年5月号

日経Linux 2017年 05 月号
日経Linux 2017年 05 月号
posted with amazlet at 17.06.29

日経BP社 (2017-04-08)

 何か月も前に発売された号だけど、メモとして。

 特集1が「安心して使えるフリーソフト」。ネタをメモしておくと、Virtualbox、ConkyLibreOffice、Okular、Dropbox、aobook、Mozc、Skype、GIMP、digiKam、Inkscape、VLC、Audacious、Apache HTTP Server、WordPress、Samba、Nginx、FileZilla、WireShark、Thunderbird、Sylpheed、Eclipse、Visual Studio Code、Android Studio、git-gui/gitk、Vagrant、Ansible、Docker、Chainer、TensorFlow。

 特集2が、軽量デスクトップLinuxの「軽量Linuxベストイレブン」。軽さを追求した「FW」は、省電力ディストロWattOSと、メモリ256MBでも動くPuppy Linux。機能の充実した「MF」は、XfceデスクトップのXubuntu、LXDEデスクトップのLubuntu、macOS風のVoyager、Windows風のZorin OS Lite、XfceをカスタマイズしたLinux Lite。こぼれ球を拾う特化型「DF」が、PC版AndroidのAndroid-x86、オーディオプレイヤー向けのAudiophile Linux、Raspbianのデスクトップ環境をPCで使うPIXEL for PC。サーバー向けの「GK」がNAS用のOpenMEdiaVault。

 特集3が、Raspberry Pi Zeroの「600円ラズパイでハイレゾ音楽&ミニ工作」。Part 1が「携帯音楽プレーヤーにする」で、pHAT DAC PIM138をつないでポータブルオーディオプレーヤーにし、Audaciousでハイレゾ再生や、Shairort Sync、MPDなどを使う。Part 2が「Wi-Fiリモコンカーに仕立てる」で、安価なDCモーターをRaspyで制御し、PyGameでソケット接続してリモート操作する。

 新連載「初心者のためのラズパイサーバー構築」が登場。初回は、サーバーとは何かと、Raspbianでのサーバー基本操作、基本設定。

 まつもとゆきひろ氏の「プログラマのこだわり」連載が、ポインティングデバイス。まつもと氏はトラックポイント+トラックボール派とのこと。

 「ラズパイではじめる電子工作」連載が、スイッチの工作と、RIi.GPIOライブラリでのスイッチの検出、そしてスイッチを入れるとmicroSDカードにRaspbianを書き込むプログラム。

 「最新SELinux入門」連載が、コンテナーからほかのコンテナーへのアクセスやコンテナーからホストOSへのアクセスをSELinuxで止めるしくみと、セキュリティポリシーの設定の要素。

 「会話で学ぶ初めてのLinux」連載が、Ubuntuのデスクトップ画面の説明と、デスクトップアプリ、サーバーアプリ、コマンドの実行。「Linux 100%活用ガイド」連載が、GNOME端末の操作や、ほかの端末アプリであるTerminator、Guake、Sakura。「LibreOfficeのデータ処理」連載は、Calc上での文字列処理。「Raspberry Piで楽しむPCオーディオ」連載は、I2S DACボートの自作。「Linuxで旧型PCを復活! 改二」連載は、HP Pavillion dv6(2012年)のディスクをSSDに換装して、elementary OSをインストールする。カーネル新機能連載が、stat()を拡充したstatx()。世界のディストロ連載が、国産古参ディストロPlamo Linux。

 巻頭レポートが、Ubuntu 17.04β、Wine 2.0/2.4、Skype for Linux Beta。フリーソフト連載が、壁紙や格言をインターネットから取得する壁紙チェンジャー「Variety」。美女Linux連載が、adduser、addgroup、gpasswd。

 みんな大好き「#!シス管系女子 Season5」は、認証ログでsudoの実行ログを確認する話と、zgrep。

 あと別冊付録で、過去の特集や連載をもとにした「春からはじるめLinuxマスター コマンド入門」。

「日経Linux」2017年4月号

日経Linux4月号
日経Linux4月号
posted with amazlet at 17.06.29

日経BP社 (2017-03-08)

 何か月も前に発売された号だけど、メモとして。

 特集1がRaspberry Pi Zeroを扱った「600円ラズパイがやってきた!」。Part 1が準備編で、必要な周辺機器やピンヘッダーなどを紹介。Part 2がデスクトップ編で、Raspbianをインストールしてシステムを更新し、不要なサービスを止めるなどの軽量化をする。Part 3がサーバー編で、USBハブでUSBメモリーと有線LANを追加し、Raspbian Liteをインストールし、Sambaでファイルサーバーを構築し、NginxのRTMPモジュールで動画ストリーミング配信サーバーを構築する。Part 4が周辺機器編で、Bluetoothドングルをつないで、Bluetoothのキーボードやマウス、スピーカーやヘッドホンを接続する。Part 5が電子工作編で、カラーセンサーで周囲の色を調べてそれに応じた音楽を鳴らす音楽プレイヤーを作る。Part 6が人工知能編で、Bluemixクラウド上のNode-REDで開発したIoTサーバーでWatsonの翻訳APIを使い、Raspberry PiのWebページから呼び出す。Part 7が自作基板編で、HAT風ボードとして有線LANボードを自作する。

 特集2が「Linuxの始め方30」。ネタをメモしておくと、Ubuntuをライブ起動で試す、VirtualboxやVMwareの仮想マシンで動かす、Docker Toolboxを使ってDockerでさまざまなLinuxを動かす、Bash on Ubuntu on Windowsを使う、JavaScriptによるLinuxエミュレーターをWebブラウザーで動かす、Macでhomebrewを使ってGNUツールを動かす、XLinuxでiPhone上でLinuxを体験、GNURoot DebianでAndroid内でDebianを動作、不要になったPCにUbuntuをインストール、デュアルブート、外付けドライブにインストール、Macでのデュアルブート、さくらのVPSやAWSでUbuntu、Raspberry Pi、Chromebook、Linuxプリインストールサーバー、System76などの海外のLinuxプリインストールPC、各種公式サイト、各種Linuxニュースサイト、LPI-Japanの教科書、スマートフォンのLinux学習アプリ「リナすた」「Linuxファイル操作コマンド問題集」、Linux系フォーラム、イベントや展示会、スクール、UbuntuのLaunchpad。

 特集3が、旧型PC復活ネタの特別版「LinuxでPC復活実例4パターン」。4種類の王道パターンとして、Core 2 DuoノートでUbuntu、省スペースデスクトップをUbuntu Serverでサーバーに、非Intel CPU(VIA)にLubuntu、液晶一体型PCにLinux Mint Cinnamonを入れてネットPC兼ファイルサーバーに、を解説している。

 今回は新連載が多数。そのうち、先月までの連載の仕切り直しも多い。

 まつもとゆきひろ氏の新連載「プログラマのこだわり」が登場。毎回、こだわりのアイテムを1テーマとりあげるエッセイで、今回はキーボード。まつもとゆきひろ氏は、わざと日本語キーボードを選んでUSA配列にして使うらしい。

 新連載「最新SELinux入門」も登場。第1回は、SELinuxによって得られる効果や、SELinuxの基本的な仕組みを学ぶ。従来から使われているTEのほか、コンテナーや仮想マシンを分離するMCSについても。

 新連載「会話で学ぶ初めてのLinux」は、前回までのLPIC連載の位置づけで、会話形式でLinuxに入門する。初回は、Linuxとは何かについて。最後にLPICなどの試験の紹介。

 新連載「Linux 100%活用ガイド」は、前回までのLinuxステップアップ講座連載の位置づけ。今回はメッセージツールがテーマで、新Skype for Linux Alphaと旧Skype for Linux、ChromeアプリによるLINE、コマンドからのLINEメッセージ送信、Slack、HubotによるSlakc Botの作成。

 新連載「LibreOfficeのデータ処理」は、前回までのLibreOfficeお役立ち機能連載に相当。今回は、Calcで大量データを集計する方法で、条件による並べかえや、オートフィルター、チェックボックス、リストからの入力。

 新連載「ラズパイではじめる電子工作」の第1回は、LEDをブレットボードで接続してPythonから点灯や消灯する。

 新連載「Linuxで旧型PCを復活! 改二」は、おなじみの旧型PC復活ネタの新シリーズ。今回は2003年モデルのVAIO Z1(PAE非対応のPeitium M)にPuppy Linux Tahrpupをインストールする。

 美女Linux連載も仕切り直しで、今回はfindによるファイル名検索や、grepによるファイル内の検索。

 「Raspberry Piで楽しむPCオーディオ」連載は、500円代の有機ELディスプレイをI2C接続して、日本語フォントを使って曲名などを表示する。

 カーネル新機能連載が、KVMでのFXSAVE/FXRSTOR命令対応。世界のディストロ連載が、KDEを採用したNetrunner。

 巻頭レポートは、Raspberry PiをノートPC化するキット「Ti-Top」国内発売、Creators Update目前にWindowsアプリを起動できるようになったWindows Subsystem for Linux、KDE Plasma 5.9とそれをベースにしたKDE neon新版、Raspberry PiのGPS拡張ボードGPSCAP、Ogaki Mini Maker Faire 2016でのRaspberry Pi展示。フリーソフト連載が、執筆に集中できる全画面ワープロ「FocusWriter」。

 みんな大好き「#!シス管系女子」もSeason5が開始。今回はインターネットに開いたsshサーバーを安全にするためのPermitRootLoginや公開鍵認証の設定、ポート番号の変更。

 | HOME |  »

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

emasaka

emasaka

フリーター。
連絡先はこのへん

Monthly


FC2Ad